1. トップ
  2. おでかけ
  3. ディズニー「スプラッシュ・マウンテン」題材変更! 『プリンセスと魔法のキス』に

ディズニー「スプラッシュ・マウンテン」題材変更! 『プリンセスと魔法のキス』に

  • 2020.6.26
  • 7597 views
ティアナとルイスが冒険の旅へ! (C)Disney width=
ティアナとルイスが冒険の旅へ! (C)Disney

米カリフォルニアにあるディズニーランド・パークと、フロリダのマジックキングダム・パークは、アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」のテーマを、映画『プリンセスと魔法のキス』に変更すると、米ディズニー・パークス公式ブログで発表した。

■『南部の唄』への批判が再び

「スプラッシュ・マウンテン」は、1946年の『南部の唄』の世界を巡るアトラクション。基になった映画は、白人の少年と、農場で働く黒人のリーマスおじさんの交流を描いた物語だが、人種差別が深刻だった当時の描写としては不適切として、全米黒人地位向上協会が抗議し、1986年以降、一度も米公開されていない作品だ。

そんな本アトラクションに対し、最近、改変を求める声が、多く上がるようになった。黒人のジョージ・フロイドさんが白人警官に殺害されたことを受けて広がった、黒人に対する暴力や人種差別をなくすためのムーブメント「Black lives matter」がきっかけだ。本アトラクションが、人種差別的な内容を含むと、再び批判の対象となった。

■ティアナと音楽の冒険へ!


同ムーブメントを受け、今回米ディズニーは、本アトラクションのテーマを、2009年の『プリンセスと魔法のキス』に変えることを正式に決定。ニューオーリンズを舞台にした本作は、貧しくても愛情豊かに育ったティアナが、カエルの姿に変えられた王子を助けるため、奮闘する物語だ。

新生「スプラッシュ・マウンテン」では、『プリンセスと魔法のキス』の“最後のキス”の後が描かれる予定。ニューオリンズのお祭り“マルディグラ(謝肉祭)”でのパフォーマンスを控えたティアナと、ワニのルイスが、音楽の冒険へと出発する。

米ディズニーは、アトラクションのアップデートを行ってきた長い歴史の中で、「スプラッシュ・マウンテン」のテーマ変更は重要なことだとコメント。1966年にウォルト・ディズニーが最初に追加したテーマランドがニューオーリンズスクエアだったこともあり、本作の音楽とパークがリンクするのは「自然なことだ」と語っている。

元記事で読む
の記事をもっとみる