1. トップ
  2. 離婚した私、かわいそう? 悲劇のヒロインにならないために

離婚した私、かわいそう? 悲劇のヒロインにならないために

  • 2020.6.26
  • 4160 views

離婚とは、争いです。離婚するか否かからどんな条件で離婚するかまで、夫婦間での激しい交渉、もとい争いが繰り広げられます。結婚当初は味方だったはずの配偶者は“倒すべき敵”に……。
そうやって争っていると、友人や親類といった味方の援護って嬉しいんですよね。ありがたいけれど、味を占めると「悲劇のヒロイン」になってしまう可能性があるんです。
この漫画の主人公・リコちゃんも、友人のノラちゃんにべったりなようで……?

【離婚サバイバー】

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

かわいそうな自分って気持ち良い、けれど…

ここまでの八つ当たりはさすがにしませんでしたが、私も離婚協議中は相談に乗ってくれる友人たちにネガティブばかりぶつけてしまっていたと思います。この場を借りて土下座したい……。

愛読している漫画「凪のお暇」7巻に、「かわいそうな自分って超かわいいもん」と言うセリフが出てきます。このセリフを読んだ時の心当たりたるや。自分の言葉で言い換えると、かわいそうな自分って気持ち良いんだと思います。悲劇のヒロインになって周りから慰めてもらえるのって、すっごく気持ちが良い。自分を正当化してもらえますからね。

確かに傷ついてどん底にいる時は、ある程度は周りに助けてもらうのもアリだと思います。だけど「かわいそうな自分」に味を占めて、いつまでも「悲劇のヒロイン」で居続けると、周りは次第にうんざりして離れていきます。

自分の足で歩けるようになってきたら、もうかわいそうな自分とはおさらばしましょう。いつまでも悲劇のヒロインでいる限り、成長は見込めないからです。

登場人物紹介

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

リコ
離婚して自信喪失中のアラサー。心配して話を聞いてくれる友人・ノラに甘えすぎている。自分は正しいって思いたいし、独り身になっちゃって寂しいし、悲しい時くらい慰めてほしい!!(本音)(気づいてないけど)

ノラ
リコの高校時代からの友人。独身貴族。リコからの毎晩の愚痴電話に辟易している。堂々巡りな愚痴を聞くくらいなら、推し俳優のDVDを観る時間にあてたい!!(本音)(言わないけど)

(七味さや/漫画家・イラストレーター)

元記事で読む