1. トップ
  2. スキンケア
  3. お肌がゆらぐ季節だから、ニキビケアの基本をおさらい! 一番やってはいけないNGケアはアレ!

お肌がゆらぐ季節だから、ニキビケアの基本をおさらい! 一番やってはいけないNGケアはアレ!

  • 2015.4.27
  • 2921 views

新生活も始まり、慌だたしい毎日を送っている方も多いですよね。この季節は気候の変化が激しい上に、新生活によるストレスや睡眠不足、食事の乱れなどからお肌の調子が悪くなった! という声が。昨日までは調子がよかったのに、翌朝ポツッとニキビができてしまうなんてことも少なくないはずです。できてしまったニキビをキレイになおすために、また事前に予防できれば一番ですよね。

今回は新生活のニキビケア♪ もう1度、ニキビについておさらいしながら、ニキビケアに必要なポイントをチェックしてみましょう☆

もう1度、ニキビができる原因をおさらい!

春は新しいことを始めるのにぴったりな季節。毎日のニキビケアも再度見直しをして、新しい気持ちで楽しくスタートしてみませんか? まずは、ニキビのメカニズムについておさらいをしていきましょう。

大人ニキビができるのはなぜ?思春期にできるニキビと、大人になってからできる「大人ニキビ」。過剰な皮脂が毛穴に詰まってしまい、ニキビのモト「アクネ菌」が繁殖して炎症を起こすというニキビができるメカニズムそのものに大きな違いはありません。思春期ニキビがベタベタするオイリー肌や、皮脂の多いTゾーンにできやすいのに対して、「大人ニキビ」はあらゆる肌タイプの人にできる可能性が高いのが特徴です。できやすい部分もあご周りを中心としたUゾーン、またおしりや背中などにできることも。

大人ニキビの原因は複雑睡眠不足や生活の乱れ、ストレスなどと関係があり、余分な皮脂をとり除くだけでは解決しません。それどころか皮脂をとり除きすぎると乾燥肌を招き、ますますニキビができやすい環境をつくってしまうこともあります。大人ニキビの原因はとっても複雑なのです……。さらにニキビが悪化して、ニキビ痕や黒ずみとしてお肌に残ってしまうこともある大人ニキビ。間違ったお手入れを続けていると、悪化しやすいので要注意。ニキビケアを見直してみましょう!

ニキビケアは“油分を避けてしっかり保湿”が基本!

ニキビができてしまったら……。まずは、余分な油分を与えないことが大切だといわれています。油分はアクネ菌の栄養になってしまうからです。ニキビ部分にはクリームやオイルなどのアイテムは避けましょう! 朝晩しっかりと洗顔をして皮脂を落とすことも大切です。

乳液、クリームなど油分ケアはNG!最近よく「乾燥するとニキビができちゃう」といわれています。これはお肌の水分を増やした方がいいという意味で、油分を与えてはいけません! 水分が不足して乾燥していると、毛穴の出口の角質が分厚くなって毛穴が詰まりやすくなります。ニキビ予防のためには、お肌の水分を増やして保湿。やわらかい状態を保つことが最も重要です。またヒアルロン酸やセラミドなどを含む化粧水を一緒に併用するのもおすすめです。油分を与えずにお肌の水分量を増やすこと。ニキビケアの保湿には、これが大切です! 乾燥が気になる場合は、ニキビ部分だけを避けて乳液などを使いましょう。