1. トップ
  2. グルメ
  3. 英発スコティッシュフードの「ディーニーズ」外苑前に初路面店、伝統料理“ハギス”のホットサンドなど

英発スコティッシュフードの「ディーニーズ」外苑前に初路面店、伝統料理“ハギス”のホットサンドなど

  • 2020.6.25
  • 864 views

英発スコティッシュフードの「ディーニーズ」外苑前に初路面店、伝統料理“ハギス”のホットサンドなど

ロンドン発、スコティッシュフレーバーを提案する「ディーニーズ(DEENEY'S)」初の日本路面店が、2020年7月24日(金)、東京・外苑前の国立競技場隣りにオープンする。

undefined
www.fashion-press.net

ロンドン発人気ストリートフード「ディーニーズ」の日本初路面店

「ディーニーズ」は、スコットランドの伝統料理である“ハギス”をより身近に感じられるようにと、2012年、ロンドンのマーケットからストリートフードとして誕生した。羊の内臓、牛肉、オートミール、玉ねぎ、そして多くのスパイスを使ったスコットランド伝統料理の“ハギス”を挟んだホットサンド(トースティ)は、『Time Out London』などのイギリスのメディアで、ロンドンのベストサンドイッチのひとつに挙げられるなど高い評価を受けている。

現在は、スコティッシュフレーバーのホットサンドをメインとしたマーケット出店(屋台)と路面店、2つの業態で展開。日本では、2017年9月、フレッドペリー(FRED PERRY)の限定イベントでローンチを果たし、2018年8月にも期間限定で登場していた。

ワンハンドで気軽に!おすすめはスコットランドの伝統料理“ハギス”を使ったホットサンド

「ディーニーズ 」日本初の路面店では、ロンドン本店のレシピを元に、ブレックファースト・ランチ・バーの各営業時間帯に合わせた新メニューが登場。ホットサンドでは、“ハギス”を挟んだ看板メニュー「マクベス(MACBETH)」をはじめ、大豆ミートなどを使った“ベジタリアンハギス”のホットサンドも用意する。

また、ロンドン本店と同じく「オールプレス エスプレッソ(Allpress Espresso)」の豆を使用したこだわりのコーヒーも提供する。

朝・昼・夜、時間帯に合わせたメニューを提供

ブレックファーストでは、玄米の3倍の食物繊維を含む、ミネラル豊富なオートミールを使った英国版おかゆ「ポリッジ(Porridge)」、スモークサーモンやフライドエッグなどを使用したオープンサンドを展開。ランチは、ホットサンドにサラダとスープがセットになった「トースティプレート」に加え、ヴィーガンカレーやチリコンカンなどのライスメニューも揃えた。

夜は、本国で人気のクラフトビール「ビーバータウン(BEAVER TOWN)」や「ブリュードッグ(BREW DOG)」などのビールに加え、スコッチウイスキーやウイスキーカクテルなど“仕事終わりの1杯”に最適なラインナップが揃う。“ハギス”を丸めてフライした「ハギスボール(Haggis Ball)」は、お酒との相性も抜群だ。

詳細

ディーニーズ(DEENEY'S)
オープン日:2020年7月24日(金)
住所:東京都渋谷区神宮前2丁目3−26 1F
営業時間:8:00~21:00 予定
定休日:不定休
※キャンプファイヤーにてクラウドファンディング実施中。

元記事で読む