1. トップ
  2. 恋愛
  3. 干支で占う!男性が「本気で落としたい」女性にするアプローチ

干支で占う!男性が「本気で落としたい」女性にするアプローチ

  • 2020.6.23
  • 26646 views

ちょっと気になる女性と、本気で落としたい女性へのアプローチは、きっと違うはず!

あの彼はどんなアプローチをするのでしょうか?

男性の干支別に、「本気で落としたい」と思う女性にだけするアプローチはどんなものなのかを占います。

子(ねずみ)年生まれ…マメなリサーチ

身近な人みんなの世話を常に焼くマメな子(ねずみ)年生まれの彼。

本気で落としたい女性相手になると、そのマメさに最上級の磨きがかかります。

彼女が行きたいと言っていたチケットを取ってデートに誘ってくるなど、ビックリするアプローチをしてくるでしょう。

丑(うし)年生まれ…共通の好みを探す

丑(うし)年生まれの男性は、目標を決めたら、達成するようじっくり計画を練るタイプです。

本気で落とそうと決めたら、その女性の好みをとことん調べ上げ、そして自分の好みと照らし合わせます。

たとえば共通の好みの料理があったら、その専門店に誘ってくるでしょう。

寅(とら)年生まれ…強引に連れ出す

ロマンティックなアプローチが好きな、寅(とら)年生まれの男性。

本気で落としたいと思ったら、甘いシチュエーションを用意してアプローチしてくるでしょう。

それには、ふたりきりになることが大前提。

甘い計画通りになるよう、強引に連れ出すのです。

卯(うさぎ)年生まれ…気軽に答えを迫る

「本気で落としたい」という気持ちがマックスに高まったときが、卯(うさぎ)年生まれの男性がアプローチをするとき。

フットワークが軽いのです。

「〇曜日、空いてる?」「一緒に見に行こう」と気軽な感じで、具体的な答えを迫るアプローチをしてくるでしょう。

辰(たつ)年生まれ…ストレートに告白

辰(たつ)年生まれの男性は、駆け引きの末のアプローチが苦手です。

直球ではマズイかなと思って、ムード作りなどをしてみるものの、うまくいきません。

結局、ストレートに「本気で好きになった。付き合ってくれませんか?」と告白してくるはず。

巳(へび)年生まれ…献身的なアプローチ

本気で落としたい女性には、落とす前からかなり入れ込んでいるのが、尽くすタイプの巳(へび)年生まれの男性。

とりあえず、絶対的なアニバーサリーである女性の誕生日に焦点を絞って、お金も労力も使い献身的なアプローチをしてくるでしょう。

午(うま)年生まれ…強引に距離を詰める

午(うま)年生まれの男性は、根っからのポジティブ思考の持ち主。

本気で落としたい女性ならなおさら、素直さが前面に出てきます。

「俺と付き合うよね」という、軽やかでフレンドリーな口調だけど、強引に距離を詰めてアプローチしてくるでしょう。

未(ひつじ)年生まれ…同じ場にいようとする

女性に対して引き気味な態度をしてしまいがちな、気の優しい未(ひつじ)年生まれの男性。

本気で落としたい女性に対しても、強い態度に出ることができません。

でも、チャンスがあれば…!とは思うので、女性と同じ場にいようとするでしょう。

申(さる)年生まれ…あの手この手で

申(さる)年生まれの男性は、恋の駆け引きが好きなタイプ。

本気で落としたい女性には「好きなんだ」と言葉攻めのほか、プレゼント攻撃、長文LINEをしたかと思ったら既読無視といった駆け引きなど、あの手この手で工夫を凝らしアプローチしてくるでしょう。

酉(とり)年生まれ…完璧な攻略法

プライドが高く、自分に自信がある酉(とり)年生まれの男性。

本気で好きになって本気で落としたい女性のことは詳細にリサーチし、攻略法を完璧に練り上げます。

アプローチ自体はランチの誘いからと普通ですが、「なんで好みを知ってるの?」と驚くことでしょう。

戌(いぬ)年生まれ…無難な路線

安定志向の戌(いぬ)年生まれの男性。

本気で落としたい女性には、無難な路線でのアプローチを仕掛けるでしょう。

ランチをしてお茶を飲んで、景色のいいところを散歩という、ごく普通のデートの中で「付き合ってください」と告白するのです。

亥(いのしし)年生まれ…自分をさらけ出す

いつも何かに一生懸命な亥(いのしし)年生まれの男性。

恋心の表現は素直で、本気で落としたい女性ほど一生懸命さがあふれてしまいます。

情熱的なアプローチも目立ちますが、愚痴を言ったり弱みを見せるのも、本気の相手ならでは。

自分をさらけ出す傾向があるのです。

彼の「本気のアプローチ」を見逃さないで!

彼的には「本気で落としたい!」という決死のアプローチでも、女性によっては「え、そうだったの…?」というやり方かもしれません。

いつの間にかスルーしていたなんてことにならないように、この占いでチェックしておきましょう。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

元記事で読む