1. トップ
  2. グルメ
  3. タイムとジンジャーで爽快感アップ! 無印の「フルーツとハーブのスムージー」2種を飲み比べ♪

タイムとジンジャーで爽快感アップ! 無印の「フルーツとハーブのスムージー」2種を飲み比べ♪

  • 2020.6.23
  • 2272 views
フルーツとハーブのスムージーの「いちご ビーツ タイム」(左)と「オレンジ にんじん ジンジャー」(右)

絶妙なバランスでフルーツと健康野菜をミックス

暑い季節になると、飲みたくなるスムージー。疲れた体の栄養補給にもいいですよね。スムージーというと自家製の「健康的だけれど味がいまいち…」というイメージもありますが、最近は野菜やフルーツの絶妙な配合で、おいしくかつ健康的な市販のスムージーも増えてきていますね。

「いちご ビーツ タイム」のスムージーの原材料

無印良品の「フルーツとハーブのスムージー いちご ビーツ タイム」は果汁85%、野菜汁10%。

スムージーの「オレンジ にんじん ジンジャー」の原材料

「オレンジ にんじん ジンジャー」のほうは野菜汁48%、果汁47%。いずれも香料、着色料、不使用となっています。

ビーツはあまり聞き慣れませんが、ロシア料理のボルシチでも使われる赤い野菜です。「食べる輸血」といわれるほど栄養価が高いのだそう。

ハーブのタイムは、世界でもよく用いられるハーブのひとつで、さっぱりとした爽快感のあるフレーバーです。防腐剤として、また風邪やインフルエンザ対策に用いられることもあります。

ハーブが爽快感をプラス

コップに注いだスムージーの「いちご ビーツ タイム」

「フルーツとハーブのスムージー いちご ビーツ タイム」は、いちごやビーツの赤いスムージー。いちごの新鮮な味わいがたまらない一品です。ビーツはそれほどクセがない野菜ですが、スムージーにトロッとした食感があり、それがビーツかなと思います。最後にアクセントとなるタイムの爽快感が口に残ります。

コップに注いだスムージーの「オレンジ にんじん ジンジャー」

「オレンジ にんじん ジンジャー」は、鮮やかなオレンジ色のスムージーです。見ただけでオレンジの果肉がたっぷり入っているのがわかります。
味わいは絞り立てのオレンジジュース! 半分ほどはにんじんのはずですが、にんじんの野菜臭さはまったくなし。

色味はにんじんですが、甘酸っぱいオレンジと隠し味のバナナをほんの少し感じます。最後にジンジャーのピリッとした刺激がスパークリングして、味わいを記憶させるかのようです。

タイムやジンジャーを入れるだけでスムージーがより爽快感を増しています。暑いときでも氷なしで飲むほうがいいという人もいますが、ハーブ入りなら氷なしでもさっぱりとおいしくいただけます。

フルーツとハーブのスムージー いちご ビーツ タイム 235g 税込250円
フルーツとハーブのスムージー オレンジ にんじん ジンジャー 235g 税込250円

文・写真/庄司真紀

元記事で読む