せっかくつかんだ愛を簡単に離さないで! 恋愛の絆を深めるためにすべきことリスト

これだけたくさん人がいる中で、出会い、付き合うことになった。恋愛の縁というのはやはりとても特別なものです。だからこそ、せっかく恋人、あるいは夫婦になれたなら、その関係を保つために努力を惜しみたくはないですよね。“彼に飽きてしまった、もう新鮮味がない”“出会った当初に思っていた彼とは違う、もう好きになれない”なんてそう簡単に諦めたりしないで!

心から誰かのことを好きになり、愛するという経験はとても貴重なこと。そしてそんな相手がいること自体がじつはとても恵まれた、幸せなことなのです。だからこそ恋愛の絆を深めるためにも、やっておきたいことがいろいろあります。彼との関係に悩んだとき、ぜひこれらを振り返ってみてください!!

彼と恋に落ちたときのことを、よく思い出そう

彼とはじめて出会ったときのことを鮮明に思い出せますか? はじめて好意を覚えた瞬間、初めてのデート、はじめてのキス、今の関係に至るまでのことをいろいろ思い出せば、“そう、私この人のこんなところに惹かれたんだ”ということがよく分かるはずです。たまにははじめてのデート場所にふたりで訪れてみたり、いろんなシチュエーションを再現してみることで彼への思いを新たにすることができます。

安定した仲になっても、ロマンティックなデートをしよう

安定した仲になって、ときめきを感じることも少なくなって……。でもこのままいけばまるでお互い空気のような存在となり、いてもいなくても同じ……なんてカップルとしては一番避けたいものです。そのためにも定期的にロマンティックな気分になれるデートの予定を立てるようにしましょう。ちょっといいレストランでディナーデートしたり、ふたりっきりで親密な時間をたっぷりすごせるよう旅行に出てみたり、高級ホテルに泊まって極上の夜を満喫したり――。ときめきが失せてしまう前に“ときめき続ける努力”ができるかどうか、カップルとしての価値が試されているのです。

たくさんスキンシップを図る、言葉では伝えられない思いを伝えられるから

カップルのあいだに少しずつ隙間ができると、スキンシップも確実に減っていきます。手を握ったり、肩を抱いたり、カップルだからこそできる特権なのですから、相手にスキンシップでたくさんの“好き”を伝えてみましょう。それにケンカや気まずい空気になったときも、スキンシップはお互いの苛立った気持ちを氷解してくれる不思議なパワーを発揮します。それは言葉や理屈ではけっしてうまく表現できない思いをダイレクトに伝えてくれるから。“そばにいるよ”というメッセージだけでも、相手の心を温かくしてくれるはずです。

ささいな違和感や不満をためこまず、きちんと相手と話し合おう

じつはカップルが不和になる原因は、浮気やDVといったはっきりしたことよりも、以前からたまっていたさまざまな違和感や不満が積み重なり、あるとき爆発してしまったということが案外多いものです。ですからささいなことでも気になったことは、そのときに相手に打ち明け、話し合うようにしましょう。たとえそれですぐに解決できるようなことではなくても、話すことで今あなたの気持ちを悩ましているものがあることを彼に伝えることができます。そんなコミュニケーションをまめにとることが、気持ちのすれ違いを防ぐことにもつながるのです。

参考記事(海外サイト):This one request could save your marriage(http://familyshare.com/Marriage/this-one-request-could-save-your-marriage)

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理