1. トップ
  2. サクサク食感がやみつきに! 夏を感じるかき揚げ5選

サクサク食感がやみつきに! 夏を感じるかき揚げ5選

  • 2020.6.21
  • 936 views
「枝豆ととうもろこしのかき揚げ」
料理:明峯牧夫 撮影:日置武晴

【画像を見る】セロリ+セロリの葉でさっぱりと!「夏のかき揚げ」

野菜や魚介類などをころもでまとめた「かき揚げ」は、サクサクとした食感が大きな魅力。旬の野菜を活用すれば、食卓に季節感を出せるのもうれしいですよね。そこで今回は、いろいろな具材を使ったかき揚げのレシピをピックアップ。食欲をそそる揚げもので、“夏”を堪能してみてはいかがでしょう?

枝豆ととうもろこしのかき揚げ

【材料・2人分】

枝豆(さやつき) 100g、とうもろこし 1/3本、塩、小麦粉、片栗粉、揚げ油

【作り方】

1. とうもろこしはたっぷりの湯で塩ゆでし、粗熱がとれたら手で1粒ずつ実をほぐす。

2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、2Lに対して塩小さじ1の目安で加える。枝豆を加え、強火で約2分30秒ゆでる。ざるにあけてできるだけ平らに広げ、粗熱がとれたらさやから出す。水2Lに対し塩小さじ1くらいがおいしくゆでる割合。湯はしっかり沸騰させる。ゆでたあとざるにあけ広げて粗熱をとる。水けを吸ってくれる竹のざるがおすすめ。

3. ボウルに1、2を入れ、小麦粉大さじ1、片栗粉小さじ2弱を加えてまぶし、冷水小さじ4をふり入れて、さっくりと混ぜる。

4. フライパンに2cm深さの揚げ油を低温(約160℃)に熱し、3を1/4量ずつへらにのせ、鍋の縁からスプーンなどで滑らせるようにして入れる。表面がカリッとしたら裏返し、菜箸でさわってみてくずれなくなるまで3~4分揚げる。器に盛り、塩適宜を添える。

(213Kcal、塩分1.1g)

さわやかな甘みを楽しめる枝豆ととうもろこしのかき揚げ。形がくずれやすいため、フライパンに入れる際にはへらにのせてそっと滑らせるのがポイントです。器に盛ったら、塩であっさりといただきましょう。

夏のかき揚げ

使用する具材はセロリや玉ねぎ、むきえびなど。ころもは粉っぽさが残るくらいに薄くまぶすことで、ほどよい食感に仕上がります。

【画像を見る】セロリ+セロリの葉でさっぱりと!「夏のかき揚げ」
料理:コウケンテツ 撮影:キッチンミノル

夏野菜のかき揚げ2種

ゴーヤーやとうもろこしなどの夏野菜をたっぷり使用します。みょうがと塩昆布のかき揚げは、食欲増進効果もバッチリ♪

「夏野菜のかき揚げ2種」
料理:小林まさみ 撮影:野口健志

納豆とモロヘイヤのかき揚げ

いつもの納豆も揚げものにすれば斬新な味わいに。形がバラバラな野菜を使うときは、粉を少々まぶしてからころもを加えるとまとまりやすくなります。

「納豆とモロヘイヤのかき揚げ」
料理:重信初江 撮影:竹内章雄

夏野菜と豚肉のかき揚げ

ししとうがらしやかぼちゃに豚肉を混ぜて、ボリュームをアップ。ころもに片栗粉を加えることで、さっくりとした食感になるはず。

「夏野菜と豚肉のかき揚げ」
料理:村田裕子 撮影:野口健志

かき揚げはそのまま食べてもおいしいですが、そばやご飯にのせていただくのもおすすめ。マンネリにならないように、食べ方を工夫しながら楽しんでみてくださいね。(レタスクラブニュース)

元記事で読む