1. トップ
  2. 恋愛
  3. 2人に1人が被害に!大ゲンカの原因となる「SNSトラブル」に巻き込まれない方法とは?

2人に1人が被害に!大ゲンカの原因となる「SNSトラブル」に巻き込まれない方法とは?

  • 2015.4.26
  • 1033 views

SNSが普及し、友達と連絡が取りやすくなったり、昔の友人と再会できたり、とても便利になってきました。しかしその一方で、SNSを利用していると何かしらのトラブルに巻き込まれやすくなるのも事実。

トラブルとまでいかなくても、少しイヤな気持ちになったり、心配事が増えたり……そんな経験、誰もがあるのでは?

実はSNSでのトラブルは年々増加。最近では2人に1人が何かしらのトラブルに巻き込まれているといいます。そこで今回はみんなの気になるSNS事情を調べてみました!

まずはあなたのトラブル巻き込まれ度をチェック!

【SNSトラブル巻き込まれ度チェック】

□ LINEの返信が遅くて気まずくなった

□ LINEで仲間はずれにされた

□ LINEで相手を間違えて投稿してしまった

□ Facebookに勝手に写真を載せらえた

□ Facebookでドタキャンがばれて気まずくなった

□ Twitterで勝手に写真をアップされた

□ Twitterで言い合いになった

□ ブログなどで苦情、嫌がらせの書き込みをされた

□ ブログなどで炎上したことがある


あなたはいくつ当てはまりますか? ひとつでも当てはまったら要注意!

「ちょっとした発言でブログが炎上……」という芸能人のトラブルをよく聞きますが、最近では一般人でもこういったトラブルが増えているといいます。

日本法規情報株式会社が860名(男性:323人 女性:537人)にSNS上のトラブルの実態について調査をした結果、「SNS上のトラブルに巻き込まれたことがある」人は48%もいることが判明。

「SNSを使っていない」と回答した人が10%いたことから、SNS利用者の半数以上がトラブルに巻き込まれたことがあることがわかりました。

ではみなさん、どんなトラブルに巻き込まれているのでしょうか?

◆SNS上でどんなトラブルに巻き込まれましたか?

1位 Facebookに勝手に写真をアップされた 20%

2位 LINEで既読・返信を強要され気まずくなった 18%

3位 Twitterで勝手に写真をアップされた16%

4位 Twitterで言い合いになった15%

5位 LINEで突然仲間はずれにされた11%

6位 FaceBookでドタキャンがばれて気まずくなった 10%

7位 LINEで相手を間違えて投稿してしまった2%

8位 その他のトラブル8%

調査によると、やはりトラブルの多くは、「イベントの画像を勝手に投稿された」、「入学式や卒業式等の学校行事に関する投稿で、不特定多数の人が写っていた」という「勝手に画像を投稿された」というトラブル。5人に1人は経験したと回答しています。

また、次いで多いのが「LINE」関連。いわゆる「既読スルー」問題。

「忙しくて返事ができず、そのまましばらく忘れてた」なんてよくある話ですが、それが人によってはトラブルになってしまうことも。「LINE」での仲間はずれは、大人の社会だけでなく子供社会にも広まり、最近ではSNS禁止の学校も増えているとか。

気軽にコミュニケーションが取れるようになった分、デメリットも増えてしまっているんですね。

そこで大切なのは自分で自分の身を守ること。あまりSNSに依存せず、楽しむ程度で使うことが大切です。

写真などを投稿するときは「許可を取っていない人が入る顔写真は加工する」「住んでいる場所が特定できるものは載せない」などの工夫を、そして「自分の発言・行動にはきちんと責任を持つ」ことも重要。「LINE」を利用していてもなかなか返事ができない人は、相手にその旨を伝えておくなどの心遣いも大切ですね。

生活を楽しく、便利にするツール「SNS」。上手に使って、今まで以上に楽しい生活を送りましょう♪(Yuina)

情報提供元:日本法規情報株式会社