1. トップ
  2. 恋愛
  3. 映画『スパイの妻』蒼井優×高橋一生が“時代”に翻弄される夫婦役に - 監督は黒沢清

映画『スパイの妻』蒼井優×高橋一生が“時代”に翻弄される夫婦役に - 監督は黒沢清

  • 2020.6.19
  • 1116 views

映画『スパイの妻』蒼井優×高橋一生が“時代”に翻弄される夫婦役に - 監督は黒沢清

蒼井優主演、映画『スパイの妻』が、2020年10月16日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開。第77回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門への正式出品も決定している。

undefined
www.fashion-press.net

太平洋戦争間近の日本が舞台、“時代”に翻弄される夫婦を描く

NHK BS8Kで放送された同名ドラマが、スクリーンサイズや⾊調を新たにした劇場版の公開が決定。『旅のおわり世界のはじまり』『散歩する侵略者』などを手掛けた黒沢清がメガホンを握り、太平洋戦争開戦間近の日本で時代に翻弄されていく夫婦の姿を描いた、手に汗握るミステリーエンタテインメントだ。

主演・蒼井優、高橋一生が再び夫役に

福原聡子役:蒼井優

主演の蒼井優が演じるのは、スパイ容疑を掛けられた夫の妻である聡子役。自らが“スパイの妻”と罵られようとも、愛する夫共に生きることを誓う、芯の強い女性を演じる。

福原優作役:高橋一生

またそんな聡⼦の夫役・勇作を務めるのは、『ロマンスドール』に続き蒼井と“夫婦役”を演じる高橋一生。1940年、満州で恐ろしい国家秘密を偶然知ってしまったことで、正義
感から事の顛末を世に知らしめようとするも、反逆者の疑いを掛けられてしまった男を演じる。

その他、物語のカギを握るキャスト陣は下記の通り。

駒子役:恒松祐里
金村役:みのすけ
竹下文雄役:坂東龍汰
玄理役:草壁弘子
野崎医師役:笹野高史
津森泰治役:東出昌大

映画音楽を⻑岡亮介が担当

音楽を手掛けるのは、「ペトロールズ」のリードボーカル&ギターであり、「東京事変」のギタリストとしても活動している⻑岡亮介。映画音楽初デビューとなる彼が、その優れた音楽センスによって、物語の世界観をより一層広げていく。

ストーリー

1940年、神戸で貿易商を営む優作は、赴いた満州で偶然恐ろしい国家機密を知り、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。聡子は反逆者と疑われる夫を信じ、スパイの妻と罵られようとも、その身が破滅することも厭わず、ただ愛する夫とともに生きることを心に誓う。太平洋戦争開戦間近の日本で、夫婦の運命は時代の荒波に飲まれていく……。

作品詳細

映画『スパイの妻』
公開日:2020年10月16日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:黒沢清
脚本:濱口竜介、野原位、黒沢清
音楽:長岡亮介
出演:蒼井優、高橋一生、東出昌大、坂東龍汰、恒松祐里、笹野高史
配給:ビターズ・エンド
配給協力:『スパイの妻』プロモーションパートナーズ

元記事で読む