1. トップ
  2. グルメ
  3. みかんの栄養とおいしさをギュッと凝縮! 無印の「温州みかんのドライフルーツ」

みかんの栄養とおいしさをギュッと凝縮! 無印の「温州みかんのドライフルーツ」

  • 2020.6.19
  • 10884 views
無印良品の乾燥フルーツ熊本県産温州みかん

果皮や白いすじにも栄養たっぷり

パッケージ記載された使い方

「みかんの白いすじをとらないで食べたほうがいい」と聞いたことがあると思いますが、白いすじや果皮にもじつは栄養がたくさん含まれているからなんですね。

みかんの白いすじには、食物繊維やポリフェノールの一種ビタミンPが豊富に含まれています。ビタミンPは、抗酸化成分で果実の100倍とも。
そしてみかんの皮も同様に栄養豊富で、干したものは陳皮として漢方薬の原料にされています。日本では温州みかんの皮を代用しているとのこと。

陳皮は血流アップ、冷え対策、風邪の予防などにも用いられています。

ただ白いすじはともかく、果皮を食べるのはちょっと難しいですよね。
しかし、それもドライフルーツなら可能。無印良品の「乾燥フルーツ 熊本県産温州みかん」は、そのまま温州みかんを乾燥させたもの。薄くスライスしているので、食べやすくなっています。

みかんの甘さがぎゅっと濃縮

紅茶に浮かべた状態

食べてみると、みかんの甘さが濃厚!
特に果実の部分は薄いシート状になっていますが、みかんジュースのようにみかんの甘さがギュッと詰まっています。みかん本来のおいしさですね。

果皮のほうは「渋みがあるかな?」と思いましたが、プレーンな味わいで、ほんの少しの酸味がある程度。みかんの皮もドライフルーツにすることで、こんなに食べやすくなるとは…というくらい、かたさもなく、ふつうにパクパク食べられます。

冬の果物・みかんを夏に食べるのもぜいたくな気分。紅茶に浮かべて飲んでみましたが、
紅茶にみかんの甘みが足されて、まろやかな味わいに。ドライみかんも紅茶を含んでやわらかくなり、さらに甘さが強調されていました。夏は炭酸水に入れて、フレーバーウォーターにしてもおいしそうです。

乾燥フルーツ 熊本県産温州みかん 15g 税込250円

文・写真/庄司真紀

元記事で読む