1. トップ
  2. 恋愛
  3. 女性以上に女!?今こそオネエから学ぶべきモテしぐさ&美意識【恋占ニュース】

女性以上に女!?今こそオネエから学ぶべきモテしぐさ&美意識【恋占ニュース】

  • 2015.4.25
  • 7681 views

最近、女性よりも女らしい男性が存在感を増している気がします。

テレビでオネエタレントを見ない日はないし、ゲイやオネエでなくても、美しいものを愛し、美容・ファッションなどの業界で女性の共感と憧れをガッチリつかんで活躍する男性も数多くいます。

身近なところでは話題の「女子力男子」の存在も!

≪男はオネエに“女”を感じる?≫

化粧品会社ディセンシアが「身近にオネエの知人がいる」男性(異性愛者)120名にアンケートを取ったところ、オネエを「女性よりも女性らしい」と感じる男性は7割近くにものぼったとか。

その一方で、単に生まれつき女だったから女をやってる、ぐらいのスタンスの女性も少なくないような。

内面も外面もフェミニンな男性たちに

「私より女らしい!すごーい♪」

なんて感心している場合じゃありません。

女子力の高い男性たちからは、学ぶべきことがきっとあるはず!

今回はそのポイントを考察してみたいと思います。

≪女形に学ぶ、美しいしぐさ≫

まず、セクシャリティではなく、職業として女性を演じている方々について。

歌舞伎の女形を見ていると、ファッションやメイクだけでは到底出せない、“女”特有の匂い立つような色気やはかなさ、その奥にある激しい情念すら感じさせられます。

演者が男性であることも忘れてうっとりしたり、ゾクッとしたり。時に嫉妬すら感じることも。

歌舞伎の世界では、役を演じる際のセオリーを実に細かく設定しているそうです。

女形だったら、首をひねる角度や一つ一つの動きを繰り出すタイミング、息づかい、指の伸ばし方、視線の動きにまで神経を使い、女らしく見せているのだそう。

≪「未練がましい」動作は女性的?≫

私たちが、それをそのまま実生活に持ち込むのは現実的ではありませんが、所作のちょっとした工夫を取り入れると、女っぷりが格段に上がるかも。

例えば、動きに「未練がましさ」を意識して、体の一部を残すように動作すると女性らしく見えるのだとか。

振り返る時は首だけ回すのではなく、振り向く側とは逆の肩を残して腰をねじると、ほどよい「しな」を作れるそう。

あとは、スマホを操作する時、薬指で画面を触れるのもおすすめ。自然と小指が残り、女らしい手つきが演出できるでしょう。

動くたびに「しな」を作るとか、薬指でスマホなんてイライラしちゃいそうですが、そうすることでたおやかに見えるのなら、慣れるまでの辛抱です!

≪見習うべきはオネエの自分磨き≫

歌舞伎役者よりも身近なところでは、オネエからも学ぶことが多そうです。

彼(彼女)らの「女性になる・女性である」ことへの意識の高さは、みなさんが想像している以上のものかもしれません。

それが如実に現れているのが「素肌の美しさ」。

赤ちゃん肌・陶器肌には誰もが憧れますが、オネエたちがそこにかける執念は本当にすごい。

大阪のニューハーフバー『ベティのマヨネーズ』のママ、ベティさんは

「ニューハーフだろうが、生まれながらの女性だろうが、素肌が汚い美人なんてありえません」

とキッパリ。

美人になるには素肌から…と、スキンケアだけじゃなく、食べ物や水分、生活習慣にまでぬかりなく気を使っているとのこと。

これは、見習わなければなりませんね。

≪話し言葉はしずかちゃんをイメージ≫

オネエと言えば、「オネエ言葉」というのもありますね。

女性は普段の会話の中で「女らしい話し言葉」を使っても何の違和感もないはずなのに、なぜかあまり使わない人が多い印象。むしろ、好んで粗野な言葉を使ったりして…。

でも、せっかく女に生まれてきたのだから、それでは非常にもったいない。

いわゆる美しい言葉遣いはもちろんですが、語尾に「よ」「だわ」「なの」といった“女性文末詞”をつけることを心がけてみてはいかがでしょう?

初めはちょっと気恥ずかしいかもしれませんが、しずかちゃんをイメージすると、すんなり身に付きそうです。

もっと丁寧に話すなら、『花子とアン』の蓮さま(仲間由紀恵)もいいですね。

≪女であろうとする心意気を忘れずに≫

歌舞伎役者とオネエ、生き方はそれぞれ違いますが、男性が“女であろうとする”がゆえに女性性が大げさにデフォルメされて、よりわかりやすく伝わるようです。

それは本来女性が持つ“らしさ”とはまた別のものかもしれませんが、そこから自らを見直すことは決して損にはならないと思います。

何より、女であろうとする心意気は、生まれつき女だった私たちにはあまりない感覚…それゆえに、ついつい努力を欠いてしまうところもあるのかも。

やり過ぎは禁物ですが、気になる男性に「女性として」見てもらうためにも、適度な女らしさは保ちたいもの。

モテテクの本とは一線を画した彼らのテクニックを上手に取り入れて、愛される女性を目指してみてはいかがでしょうか。

(文=石村佐和子)