1. トップ
  2. スキンケア
  3. ニキビが出来てしまうNG習慣とは?

ニキビが出来てしまうNG習慣とは?

  • 2015.4.25
  • 6672 views

何度も繰り返し出来てしまう大人ニキビ。出来る場所はいつも同じ場所が多い……なんて事もあるのではないでしょうか。知らず知らずにやっている習慣が、ニキビが出来る原因の事もあるのです。早速、普段のニキビが出来るNG習慣を見ていきましょう。

1、前髪が顔によく触れる

髪の毛は常に空気に触れている状態でもあり、細菌や汚れが付着しているのです。
前髪が顔に触れてしまう事によってニキビが発生し、悪化する恐れも。普段家にいるときなどはピンでとめる、髪を結ぶなどして顔に髪が触れないようにしましょう。

2、夜更かし

睡眠が大事!と分かっていてもつい夜更かしをしてしまう事はありませんか?睡眠時間は7〜8時間が良いとされています。眠っている間に肌は再生するのでその間に寝るようにしましょう。しっかり睡眠をとり、睡眠の質を高める事が、ニキビへの特効薬です。

3、脂ものが好き

特にニキビが出来やくなる原因に多いのが脂っぽいものが好きな人。油分が多いものは皮脂過多になってしまいます。出来るだけ野菜を多く摂るようにしましょう。
和食はカロリーが低いのでおすすめです。

4、頬づえをつく

考え事をしている時や机に向かって作業をしているときなど、つい頬杖をしているなんて人もいるのではないでしょうか?ニキビが出来やすい原因になってしまうので、意識して頬杖をつく癖をやめましょう。

5、顔を触るくせがある

私たちが想像している以上に、手には雑菌がたくさん潜んでいます。手で顔を触ることで雑菌を顔につけてしまい、ニキビができる原因や悪化する恐れも。
顔を触る癖は知らず知らずとやっている事が多いので、特に気をつけなくてはいけません。

6、枕カバーを洗わない

枕カバーを何日もそのままにして取り替えないままにしていませんか?
とても面倒でも、毎日洗う事が一番理想的とされています。
寝ている間にも汗をかいたり、皮脂分泌も行われるので枕は意外と汚れているのです。

いかがでしたか?
ニキビがどうしてもいつも繰り返しで出来てしまったり、なかなか治らない方はいくつか当てはまる所もあったのではないでしょうか。普段のちょっとした生活でニキビは出来てしまうので、日頃から意識して注意していきましょうね。