1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. [折り紙]うさぎ箱の折り方♪小物やお菓子入れに☆

[折り紙]うさぎ箱の折り方♪小物やお菓子入れに☆

  • 2020.6.13
  • 6482 views

今回は折り紙1枚でで作る「うさぎ箱」の折り方をご紹介します。 小物やおやつなどを入れておくのにちょうどいいサイズです。 ちょっと折り方が難しいところもありますが、写真で丁寧に解説していますので、ぜひ折ってみてください☆

今回は折り紙で作る「うさぎ箱」の折り方をご紹介します。

小物やお菓子を入れるのにちょうどいい大きさの箱です。

折り紙たった1枚で折ることができますよ♪

うさぎ箱の折り方

①折り筋をつける

15cm×15cmの折り紙を1枚使用します。



折り筋をつけていきます。



折り紙の白い方を上にして置き、半分に折って開きます。

先程できた折り筋に上下の端を合わせて折り、開きます。

もう1度、先程できた折り筋に上下の端を合わせて折り、開きます。

下の端を上から2番目の折り筋に合わせて折り、開きます。

上の端も同様に、下から2番目の折り筋に合わせて折り、開きます。

このような折り筋ができました。

三角に折って開くを2回行い、対角線上に折り筋を付けます。

横7本、対角線2本の折り筋ができました。



折り筋はしっかりつけてください。

②うさぎの形に折る

下の端と上から2番目の折り筋を合わせます。

〇で囲った角の部分が2番目の折り筋と重なるように折ります。

写真の青線の部分が折り目になります。



底の部分(赤線部分)を開きながら折っていきます。

〇で囲った右下の角が3番目の折り筋になるようにします。

裏返して点線の位置で折り下げます。

〇で囲った角同士を合わせます。

この時、緑の四角で囲った部分はしっかりと押さえます。



青の四角で囲った部分はふんわりと押さえるだけにします。

黄色の線の位置が折り目になるように左方向に開きながら、赤の線と青の線の部分を合わせます。

〇で囲った角同士を合わせます。

うさぎの形になりました。

③箱部分を折る

右下の角を写真のように折り、しっかり折り筋をつけて開きます。

底から見るとこのようになっています。



*山折り→谷折り

*谷折り→山折り



となるようにして、内側に折り込みます。

内側に折り込みました。

上1枚分の折り紙を点線の位置で開きます。

赤線と青線の部分が重なるように折ります。

点線の位置で折ります。

次に箱の口部分を折ります。

ここが少し難しいです。



点線の位置ので内側に折り曲げます。

お尻の方から少しずつ折り曲げていくと綺麗にできます。

最後〇で囲った耳の付け根の部分が三角形になるようにします。

表から見るとこんな感じになります。

反対側も同じように折り曲げます。

④うさぎの顔部分を折る

写真のように折って、しっかり折り筋をつけて開きます。

折り筋に合わせて角の部分を内側に折り込みます。

うさぎの顔の完成です。

⑤うさぎの耳部分を折る

最後に耳部分を折ります



点線の位置で手前に折ります。

反対側も同じように折ります。

点線の位置で耳を開きながら手前に折ります。

反対側も同じように折ります。

鼻先を少し折り曲げます。

箱を開いて完成☆

箱を開いて完成です☆

1食分のおやつ入れにもちょうどいい大きさです。

車のスマートキーも入れることができますよ♪

7.5cm×7.5cmの小さいサイズの折り紙で作ると、子供のヘアゴム入れにちょうどいい大きさに仕上がりました♪

和柄の千代紙で作ってもかわいいですね☆

表裏それぞれに柄がある千代紙で折ると、箱の中もかわいいですよ!

まとめ

いかがでしたか?



使用する折り紙の柄で雰囲気の違ううさぎに仕上がるので、いろんな折り紙で試してみてください。



少し折り方が難しい部分もありますが、ぜひ作ってみてください☆

元記事で読む