1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. フローリングの足跡汚れはどう対策する?掃除のやり方や役立つグッズを紹介

フローリングの足跡汚れはどう対策する?掃除のやり方や役立つグッズを紹介

  • 2020.6.13
  • 12220 views

フローリングにいつの間にかついている足跡汚れ、どうしていますか?夏場はとくに足跡汚れがつきやすく汚れがち。放置しているとフローリングがダメージを受けてしまう原因にも!今回は、足跡汚れの対策や基本的なお掃除方法・コスパもいいおすすめお掃除グッズなどをご紹介します。

きれいに見えるフローリングでも実はたくさんの足跡汚れが………夏場はとくに足跡汚れがつきやすく汚れがち。放置しているとフローリングがダメージを受けてしまう原因にも!

今回は、汚れた床とさよならするために足跡汚れの対策や基本的なお掃除方法・コスパもいいおすすめお掃除グッズなどをご紹介します。

半袖・短パンで寝転がってもベタつかないフローリングに。
汚れや黒ずみが落ちると部屋が明るくなりますし、床がきれいだと本当に気持ちがいいですよ。ぜひ読んでみてくださいね。

フローリングの足跡は皮脂汚れ!

フローリングについた足跡。消えずに残ってしまい、これはなんの汚れが付着しているかというと、主に皮脂汚れです。

皮脂汚れは油分。この皮脂汚れを放置していると………ホコリ・家に入り込んだ花粉などが絡み合ってフローリングの黒ずみの原因に! また、ツヤ出し・傷予防・汚れを落としやすくするワックスが剥がれて、床が白く変色したり曇ったりしてしまいます。しかも、汚れだけではなく雑菌の温床にもなってしまうんです。

とくに汗の量が増える夏場は要注意です。足ってカサカサ乾燥していて(人によりますが)あまり汗をかかない感じがするかもしれませんが、そんなことはありません。
一日にかく足汗はコップ1杯分にもなるという話も。そんなに足汗をかいているなんて驚きですよね。

家族の足汗がそんなに床に付いているなんて、想像するとなんだか気持ち悪いですね。 汚れをスッキリ落として、きれいなフローリングにしましょう!

フローリングの足跡掃除のやり方

軽い汚れならただの水拭きでもいいのですが、裸足になることが多く、足汗をかきやすい夏場は、ただの水拭きだけでは床の足跡汚れが落ちないかもしれません。そんなときは洗剤の力を借りましょう。

おすすめの掃除グッズ

●食器用中性洗剤
食器用中性洗剤は、皮脂汚れの主成分である油分を分解して落とす作用があります。しかも、安価で節約効果もバッチリ、安全性も高く床の素材を傷めにくいコスパ最高の洗剤です。

除菌作用がある食器用中性洗剤を選べば、より清潔な床になりそうです。また、香りの種類も多いのがいいですね。お好みのものを選んで床拭きを少しでも楽しみましょう。

●米のとぎ汁
「おばあちゃんの知恵」アイテムです。米のとぎ汁で水拭きすると床にツヤが出るそうです!無害で、お金もかからない、地球にも優しい………試してみる価値はありそうです。

●無糖の炭酸水
余ってしまった無糖の炭酸水があれば、ぜひお掃除に活用しましょう。スプレーボトルに入れて床に吹きかけて拭くと、炭酸の泡が汚れを浮かせてくれるので汚れ落ちがアップ。また、普通の水より乾くのも早いそうで、時短効果&水に弱い床にもやさしいのがうれしいポイント。

※注意※
上記を使用の場合は、取扱説明書などでフローリングが使用可能な材質なのかを必ず確認してください。

足跡汚れの掃除の手順
準備するもの

●食器用洗剤
●雑巾2枚(水拭き用と乾拭き用)
●バケツ
●肌が弱い方はゴム手袋

手順

①クイックルワイパーなどのフローリングモップでホコリを掃除する。

②バケツ1杯の水に食器用中性洗剤1~2滴垂らす。

③雑巾を固く絞ってフローリングを水拭きする。

④仕上げに乾いた雑巾で水気を拭きとる。

フローリング掃除を楽にするコツ

足跡ができるたびに膝をついて水拭きするのは大変ですよね。そこで、楽に拭き掃除ができるヒントをご紹介します。

●水拭き用モップを使えば、腰への負担が軽減されます。

●ペーパーモップにウェットタイプシートを取り付けるなどして、部屋ごとに日を変えて掃除するように決めておけば、精神的にも少し楽になりそうです。(逆に、毎日のように同じ場所を水拭きしてしまうと、フローリングを傷める原因になるそう)

●水拭きや乾拭きをしてくれるお掃除ロボットにおまかせするのも良さそうですね。

フローリングの足跡を予防するには?

●こまめに拭き掃除
汚れをためこんでしまうと、落ちにくくなり拭き掃除が大変になります。落ちないからといって、強力洗剤を使用したりゴシゴシ力を入れて拭くのは、フローリングを傷めたりワックスを剥がしてしまう原因になります。
頑固な汚れになる前に定期的に拭き掃除をしましょう。

●ワックスをかける
ワックスをかけると、汚れ落ちが断然良くなります!
ワックスコート膜が床を保護してくれるので、軽く水拭きしただけで汚れがするっと落ちます。また、光沢のあるフローリングになりキズ予防もしてくれます。

●スリッパをはく
なるべく床に足跡をつけないためにスリッパも有効です。裸足で履くことが多い夏場は丸洗いできるスリッパにすれば清潔ですね。

【疑問】フローリングは水に弱いから乾拭きのほうがいいのでは?

「フローリングは水に弱いというし、乾拭きで落とせるなら落としたいな」と考える方もいるかもしれませんね。

子どもは新陳代謝がいいので、夏場やスポーツの後でなくても、靴下を履いていても歩いたところが分かってしまうほど、フローリングにくっきりと足跡が見えるときがあります。

試しに、その足跡をすぐに乾拭きしてみましたが、落ちるどころか伸びて広がってしまいました。窓や鏡についた手垢を乾拭きすると、なかなか落ちず逆に伸びてしまうことってありませんか? それと同じことなんです。

皮脂汚れは油分ですから、「なかなか落ちない」「逆に伸びてしまう」のも納得ですね。なので、皮脂汚れの付き方によっては水拭きのほうがきれいになりそうです。
水拭きの際は、硬く水を絞った雑巾で時間をかけずにささっと拭き、すぐに乾拭きするのがフローリングを傷めないコツです。

まとめ

今回は、

・足跡汚れがフローリングに及ぼすデメリット
・コスパもいいおすすめお掃除グッズ
・皮脂汚れをきれいに落とす拭き掃除の仕方
・足跡を予防して、清潔な床を維持する方法
などをご紹介しました。

清潔で気持ちのいいフローリングで家族との時間を楽しんでください。 参考にしていただければ幸いです。

元記事で読む