1. トップ
  2. 安うま簡単!糖質オフダイエットの味方、「ツナ缶」が優秀食材なワケ

安うま簡単!糖質オフダイエットの味方、「ツナ缶」が優秀食材なワケ

  • 2020.6.11
  • 13425 views

「糖質オフダイエット」はなんだか難しそう…と思っていませんか? そのハードルを下げてくれるのが、ストック食材としてもおなじみのツナ缶。糖質オフダイエットにツナ缶を使うメリットは、一年中価格が安定していてリーズナブルなうえに糖質量が小1缶0.1gと、とても低いこと。また良質なたんぱく質源で栄養価が高いため、糖質オフダイエットにピッタリの食材なのです。

【画像を見る】ツナ缶のここがスゴイ!

『安うま食材ダイエット! vol.4 ツナ缶で糖質オフ』(レタスクラブMOOK)から、ツナ缶がダイエットにむいている理由をご紹介します。

KADOKAWA

1.糖質オフの優秀食材

もともとたんぱく質源なので他の肉や魚と同様糖質はほとんど含まれていません。水煮や油漬けは味つけされていないので、小1缶(約70g)の糖質はわずか0.1g。未開缶であれば、賞味期限は3年程度と長いので、保存しておけば、いつでもすぐに使え、すぐに食べられます。

2.基礎代謝に必要なたんぱく質がとれる

基本の原料はまぐろで、体温を上げるといった基礎代謝に必要なアミノ酸のバランスがよい良質なたんぱく質(ライトタイプでも100gに16g)を手軽にとることができます。

3.血液をサラサラにする効果も

中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる働きのあるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を多く含み、栄養が豊富。DHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳の神経伝達に関わり、脳の活性化にも役立つといわれています。

4.たんぱく質のエネルギー変換をサポート

体内でたんぱく質がエネルギーに変わるときに、その働きを助けるのがビタミンB6。原料のまぐろにはそのビタミンB6も含まれています。ビタミンB6は、吹き出ものや口内炎にも効果があります。

5.若返りのビタミンも、骨のビタミンもとれる

抗酸化作用があるビタミンEは、別名〝若返りのビタミン〟といわれています。腸からのカルシウムの吸収を助ける働きや、女性ホルモンのバランスを整える効果があるといわれています。また、〝骨のビタミン〟と呼ばれるビタミンDも含まれています。

【画像を見る】ツナ缶のここがスゴイ!
KADOKAWA

代表的なツナ缶の種類

原料はまぐろやかつお。身の形状によっていろいろな種類があり、油漬けのほか、水煮やスープ煮も。この本では主に油漬けのものを使用しています。

●かたまり

KADOKAWA

身をほぐさずに大きい形のまま詰めたもの。びんながまぐろが使用されることが多い。

●チャンク

KADOKAWA

大きめにほぐしたもので、料理に使いやすい形状になっている。きはだまぐろが使われていることが多い。

●フレーク

KADOKAWA

細かくほぐしたもの。ソースに混ぜたりするときに便利。びんながまぐろ、きはだまぐろ、かつおなどを原料としていることが多い。

●ノンオイル

KADOKAWA

油を使用せずに、水や野菜スープだけで仕上げてある。あっさりと淡泊な味わい。きはだまぐろなどが使われている。

監修/牧野直子(管理栄養士、料理研究家)(レタスクラブニュース)

元記事で読む