1. トップ
  2. ウディ・アレン監督「ミッドナイト・イン・パリ」「ブルージャスミン」ほか過去作の特集上映決定!<最新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」公開記念>

ウディ・アレン監督「ミッドナイト・イン・パリ」「ブルージャスミン」ほか過去作の特集上映決定!<最新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」公開記念>

  • 2020.6.10
  • 341 views
第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞した「ミッドナイト・イン・パリ」ほか、ウディ・アレン監督の2010年代の4作品の特集上映が決定
Photo by Roger Arpajou (c) 2011 Mediaproducción, S.L.U., Versátil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

【写真を見る】ホアキン・フェニックス×ウディ・アレンの初タッグも話題となった「教授のおかしな妄想殺人」も登場。ヒロインはエマ・ストーン!

ウディ・アレン監督最新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」の7月3日(金)公開を記念して、ウディの過去作「ミッドナイト・イン・パリ」(2011年)、「ブルージャスミン」(2013年)、「教授のおかしな妄想殺人」(2015年)、「カフェ・ソサエティ」(2016年)の4作品の特集上映が決定。6月12日(金)より3週間にわたり、全国8館で上映される。

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」は、「What’s Up, Tiger Lily?(原題)」(1966年 ※日本未公開)から通算50本目(※短編、テレビシリーズを除く)となるウディ・アレン監督作。ニューヨークの街を舞台に、モラトリアム真っ只中の大学生・ギャツビー(ティモシー・シャラメ)、天真爛漫なギャツビーの恋人・アシュレー(エル・ファニング)、ストレートな物言いでギャツビーを翻弄する知的な女性・チャン(セレーナ・ゴメス)の3人を中心に、運命に弄ばれる男女の姿を描くキュートなロマンチック・コメディーだ。

映画「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」は7月3日(金)より全国公開
Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.

このたびの特集上映では、50作におよぶウディ・アレン作品の中から、2010年代を代表する4作品をセレクト。いずれも、名匠ウディ・アレンならではの人生哲学や恋愛観が描かれた珠玉の作品群となっている。

「ミッドナイト・イン・パリ」(2011年)

全編パリで撮影されたロマンティックコメディー。ハリウッドの売れっ子脚本家・ギル(オーウェン・ウィルソン)は、深夜0時を告げる鐘の音に導かれ、現代から1920年代のパリへタイムスリップし、憧れの偉人たちと出会う。

「ブルージャスミン」(2013年)

映画「ブルージャスミン」より
Photograph by Jessica Miglio (c) 2013 Gravier Productions, Inc.

ニューヨークを舞台にした華麗なる“過去"と、サンフランシスコを舞台にした悲惨な“現在"とを対比させながら、セレブが身も心も破綻していく様を容赦なく映し出す、シリアスな一作。セレブ生活から転落したジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、過去の栄光が忘れられず、精神のバランスを崩しながらも、再び華やかな世界に返り咲こうともがく。

「教授のおかしな妄想殺人」(2015年)

【写真を見る】ホアキン・フェニックス×ウディ・アレンの初タッグも話題となった「教授のおかしな妄想殺人」も登場。ヒロインはエマ・ストーン!
Photo by Sabrina Lantos © 2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

アメリカ東部ニューポートを舞台に、中年の大学教授と女子大生の奇妙なすれ違いを描くダーク・コメディー。孤独で気力のない哲学科の大学教授(ホアキン・フェニックス)はある日、突拍子もない妄想から“生きる意味”を見つけ、憂鬱だった日々が輝き始める。

「カフェ・ソサエティ」(2016年)

映画「カフェ・ソサエティ」より
Photo by Sabrina Lantos © 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

二人の女と一人の男のもつれた恋を通して、誰もが共感できる“人生の選択"というテーマを描く、ビタースイートなラブコメディー。1930年代のハリウッド産業に憧れ、ニューヨークからやって来た青年・ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、華やかな上流階級の社会に飛び込み、二人の美しい女性と出会う。

本特集上映は、東京・新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA、名古屋・ミッドランドスクエアシネマ、大阪・なんばパークスシネマ、京都・MOVIX京都、兵庫・MOVIXあまがさき、札幌・札幌シネマフロンティアの8館にて、6月12日(金)から7月2日(木)まで。

そして、ウディ・アレン監督最新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」は、7月3日(金)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国公開される。

映画「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」場面カット
Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.

(ザテレビジョン)

元記事で読む
の記事をもっとみる