1. トップ
  2. ぷりっぷりの身を堪能! 旬の「たこ」を使ったご飯もの5選

ぷりっぷりの身を堪能! 旬の「たこ」を使ったご飯もの5選

  • 2020.6.4
  • 324 views
「たこのカレーパエリャ風」
料理:牛尾理恵 撮影:高杉純

【画像を見る】豊かな香りであっさりと食べられる「たこピラフポルトガル風」

“たこ”といえば日本人にとって馴染みが深い食材の一つ。うまみがたっぷりとつまっていて、魚介の中でも扱いやすいためさまざまな料理で活躍してくれます。今回はたこを活用したご飯ものの作り方をご紹介。ぷりっぷりの身を堪能できるので、ぜひ試してみてくださいね。

たこのカレーパエリャ風

【材料・2人分】

玉ねぎ 1/2個、パセリ 少々、ゆでだこの足 大1本、オリーブ油 小さじ2、にんにくのみじん切り 1片分、米 1と1/2合、白ワイン(または酒) 大さじ2、水 1と1/2カップ、洋風スープの素(顆粒)、カレー粉 各小さじ1、塩 小さじ1/2、こしょう 少々、ミニトマト 6個

【作り方】

1. 玉ねぎ、パセリはみじん切りにする。ゆでだこの足は食べやすい大きさのそぎ切りにする。

2. フライパンにオリーブ油小さじ2を中火で熱し、玉ねぎ、にんにくのみじん切り1片分を炒める。しんなりしたら、米1 1/2合を洗わずに加えてすき通るまで2〜3分炒める。白ワイン(または酒)大さじ2を加えて混ぜる。

3. ひと煮立ちしたら、水1 1/2カップ、洋風スープの素(顆粒)、カレー粉各小さじ1、塩小さじ1/2、こしょう少々を加えて混ぜる。ゆでだこの足、ミニトマトを全体に散らしてのせる。ふたをして弱めの中火にし、約12分煮る。器に盛り、パセリを散らす。

(586Kcal、塩分3.0g)

米をややかために炊き上げるのが、本格的な味わいに仕上げるコツ。先にフライパンで具材を炒めて、しんなりとしたら米を加えます。さらにたこを投入してじっくり煮れば、ご飯の隅々までうまみがしみ込んだ一品のできあがり。

たこピラフポルトガル風

米は洗わずに土鍋に加え、全体に油がまわるまでよく炒めましょう。あとはたこやワインなどを入れて炊くだけで完成です。

【画像を見る】豊かな香りであっさりと食べられる「たこピラフポルトガル風」
料理:野口真紀 撮影:竹内章雄

たこガーリックライス

にんにくじょうゆのこうばしい香りが食欲をそそるご飯ものです。お好みでレモンのくし切りを添えるのも◎

「たこガーリックライス」
料理:植松良枝 撮影:日置武晴

たこと枝豆のフライパンパエリャ

米は吸水すると味を吸いにくくなるので、洗わずに加えるのがポイント。フライパンでトマトやたこと一緒によく炒め、うまみを吸わせてください。

「たこと枝豆のフライパンパエリャ」
料理:栗山真由美 撮影:千葉充

たことひじきの混ぜご飯

ボウルに炒めた具材とセロリの葉を加え、ご飯とさっと混ぜ合わせて。仕上げにセロリの葉を飾ると、風味も見栄えもさらによくなります。

「たことひじきの混ぜご飯」
料理:柳原るり 撮影:三村健二

今回は洋風から和風まで、バリエーション豊かなご飯ものをピックアップしました。その日の気分やおかずに合わせて、レシピをチョイスしてみてはいかが?(レタスクラブニュース)

元記事で読む