1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ペットの抜け毛はこれで対処!掃除を楽にする方法やコツ・便利グッズを紹介

ペットの抜け毛はこれで対処!掃除を楽にする方法やコツ・便利グッズを紹介

  • 2020.6.3
  • 15536 views

犬や猫、うさぎなどのペットと暮らしていると、避けては通れない「抜け毛」問題。今回は、「ペットの抜け毛や埃が溜まりがちな場所の掃除方法やコツ」「おすすめ掃除グッズ」「抜け毛を減らす方法」について実例も合わせて紹介します。ペットの毛でお困りの方はぜひご覧くださいね。

犬や猫、うさぎなどのペットと暮らしていると、避けては通れない「抜け毛」問題。

私はうさぎと暮らしていますが、換毛期は抜け毛のお掃除がとても大変でした。

どうにか手間を減らせないかと考え、換毛期の掃除のやり方を見直してみたところ、今ではお部屋の掃除のコツを押さえて、以前よりも楽に手入れができるようになりました。

そこで今回は、
・ペットの抜け毛や埃が溜まりがちな場所の掃除方法
・掃除のおすすめグッズ
・抜け毛を減らす方法

などについて、実例も合わせてご紹介していきます。ペットの毛でお困りの方はぜひご覧くださいね。

抜け毛でホコリが溜まりがちな場所のお掃除方法とコツ

まずは、抜け毛でホコリが溜まりがちな場所別に、掃除方法や掃除のコツを見ていきましょう。

ちなみに換毛期とは、春から夏、秋から冬にかけて、ペットが心地よく過ごせるように毛が生え変わる時期をいいます。しかし室内で暮らすペットのなかには、冷暖房によって季節を感じず1年中毛が抜けてしまうこともあるようです。

抜けた毛は部屋中散らばり、放置しているとアレルギーの原因にもなりますから、いつでもさっと掃除ができるようにすることが、キレイを維持するコツになります。

掃除は、上から下、端から中央へとしていくのが鉄則といわれているので、ぜひ取り入れてみましょう。

ペットの毛が意外に入り込む!エアコンのフィルター掃除

エアコンの上部やフィルターは、ペットの毛・ホコリが付きやすい場所なので、定期的にフィルターを取り外して汚れを取り除きましょう。付着した汚れは掃除機で吸い取るか、丸洗いして完全に乾かします。

フィルター掃除には特別コツというものはありませんが、ペットがいる部屋のエアコンは、特にフィルターの目詰まりがないかチェックする習慣をつけておくのは大切です。

ペットと一緒に暮らしていると、室温管理にも気を使いますよね。フィルターの汚れを放置していると、湿度が保たれてカビの原因にも。また冷房の効きも悪くなるので、換毛期は特にお手入れを心がけたい場所です。

ディスプレイスペースにはスポンジで拭き掃除

背の高い家具などの上部も、意外とペットの毛やホコリがついています。
扇風機やエアコンを使うことで、ペットの毛やホコリが舞ってしまうこともあるので、定期的に拭き掃除をしましょう。

棚やTVボードなどのお掃除には、もこもこした掃除グッズを使っている方も多いと思いますが、ここで食器用スポンジを活用するのが掃除を楽にするコツ。軽く当てるだけでペットの毛やホコリが舞うことなく、汚れがスポンジに吸着してくれるのでおすすめです!

(当然ですが、食器用に使うスポンジとは分けて使ってくださいね!)

フローリング掃除にはワイパーが便利

床に近い場所で生活をしているから、フローリングはできるだけ清潔にしてあげたいですよね。
掃除機は優れた性能のものがたくさんありますが、掃除機とワイパー両方使うのがコツ。部屋の隅に抜け毛やホコリが溜まりやすいので、端から中央へワイパーをかけていきます。

夜間でも掃除ができるワイパーは、ペットの毛や埃を目にしたときにささっと掃除ができるので、ゴミが溜まらず、結果的に日頃の掃除の負担が軽減されたように感じています。

専用シートもいいですが、上の写真のように、使い古しのタオルがあれば再利用してみると節約になりますよ。タオルをワイパーを包むくらいのサイズに切って装着。絡めとった毛やホコリは、掃除機や粘着ローラーで取り除きます。

ぜひ日頃のお掃除に、ワイパーを取り入れてみてくださいね。

お掃除グッズも活用!カーペット・ラグの掃除

抜け毛以外にも髪の毛や埃が気になるカーペット・ラグの掃除は、特に清潔にしておきたい場所ですよね。

押さえておきたいポイントとしては、カーペットやラグの種類によって、掃除のしやすさに大きな差が出るということ!

上の画像の左上のように、毛足の長いラグは心地よい肌触りで見た目も素敵ですが、ペットの毛が入り込んでしまいやすいです。

・毛足の短いタイプ
・遊び毛が出にくいタイプ
・洗える素材

のものを選ぶことが、カーペット・ラグの掃除を楽にするコツ!
これでかなり掃除がしやすくなりますよ。

おすすめ掃除グッズ①ゴム手袋

カーペット・ラグの掃除は、ゴム手袋を活用すると楽ですよ。
実際に、うさぎスペースのジョイントマットを掃除してみました。

ささっとこすっただけですが、抜け毛やホコリが集まっているのが伝わるかと思います。
使うときは強くゴシゴシする必要はなく、軽くこするのがポイントです。

ただ広範囲を掃除するにはハードなので、小さなスペースの掃除に使用するか、運動不足解消の掃除方法として取り入れるのがおすすめです。

おすすめ掃除グッズ②「ぱくぱくローラー」

カーペット・ラグの掃除には粘着ローラーも便利ですが、ゴミが出るのが面倒と感じたら「ぱくぱくローラー」がおすすめ。

「ぱくぱくローラー」はカーペット・ラグなどの広範囲でも、ペットの毛や髪の毛、ホコリを簡単に取ってくれるお掃除アイテムです。

使い方はコロコロさせるだけなので、抜け毛を見つけたら夜間でもコロコロ。すぐ掃除をすることで部屋のキレイを維持できるようになります。

ペットの抜け毛を散らかさないようにする方法は?

抜け毛をいかにして手軽に掃除するかも大切ですが、そもそも抜け毛がお部屋に落ちなければ掃除の手間が減らせますよね。
ここからは、ペットの抜け毛を散らかさないようにする2つのアイデアを紹介します。

ペットの抜け毛を減らす方法①ブラッシング

毛づくろいをして、自分で毛を飲み込んでしまうのはかわいそうですから、まめにブラッシングなど毛のお手入れをしてあげましょう。

お手入れグッズは、スリッカーブラシやファーミネーターなど抜け毛がよくとれると人気ですが、ペットの毛を優しくブラシで整える程度でOK。ペットの負担にならないよう、手に当てても痛くないかどうか、力加減には注意が必要です。

その他には、柔らかタイプのラバーブラシ、手袋タイプなどさまざまなお手入れアイテムが通販で手に入ります。ブラシを嫌がる子は、撫でて使う手袋タイプに変えてみるのもいいでしょう。

最初に買ったものをなんとなくずっと使っている、という方もいるかと思いますが、探してみれば、今より楽にできるお手入れグッズが見つかるかもしれませんよ。

ペットの抜け毛を減らす方法②シャンプー・カットでお手入れ

シャンプーやカットをして、毛の量を減らすのも一つの方法です。

また、これは筆者が実践して効果を実感している方法ですが、ペットの体をやさしく拭いてあげるのもいいかもしれません。
うちでは固く絞ったホットタオルを少し冷まして拭いてあげると、気持ちよさそうにしていますよ。抜け毛が舞いづらく、タオルには毛がびっしりとれます!

つまりの原因にならないように、排水ネットをつけたお風呂場などで洗ってくださいね。

床に物を置かず、掃除しやすいレイアウトにする

最後になりますが、物があればあるほど、抜け毛や埃が溜まり掃除も増えてしまいがちです。

掃除をする場所が減れば、部屋が散らかりにくくなるので、床にある物を減らして掃除しやすくしたり、少しずつ物をなくしてみるのもいいかもしれません。

その他にも飾っているものは、ディスプレイケースに入れたり、フタをするなど毛や埃が入らないように工夫することで、掃除の量を減らすことができます。

終わりに

掃除を楽にしてペットの抜け毛を減らす方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

抜け毛は日々落ちるものなので、ある程度は仕方ないと割り切り、毛がつきにくい素材や抜け毛が目立たない色にするなど、あまり神経質にならないことも大切ですよ。
この記事が今度の参考になれば幸いです。

元記事で読む