1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 2020年は金に投資? インドの投資プロが明かす、金投資のTIPS。

2020年は金に投資? インドの投資プロが明かす、金投資のTIPS。

  • 2020.6.3
  • 1014 views

2020年は金に投資? インドの投資プロが明かす、金投資のTIPS。

2020.06.03 10:00

新型コロナウイルス流行により、ただいま高騰中の金。例えば、24カラットで10gの値段は2020年4月21日に約65,814円だったのが、5月1日には68,081円にアップ! 果たして今、金を買ったり、投資をしたりするのは賢明な選択? インドのオンライン投資サービス会社「Motilal Oswal」のアシュシュ・シャンカー代表に答えを聞いてみた。※1インド・ルピー=1.42円で換算

出典:GQ INDIA

※記事はインド居住者向けのアドバイスです。実際に行う場合は、自分自身でリサーチし、分析を行った上、自己判断で行ってください。

【さらに写真を見る】2020年は金に投資? インドの投資プロが明かす、金投資のTIPS。

なぜインドや世界中で金の価格が上がり続けているの?

答えはズバリ、ドル、株式投資、債券、資産などすべてが下落しているから。ではなぜ金だけがひとり勝ちなのかというと、金の歴史を見ていかなければならない。

金は、古代ギリシャからローマ、インダス文明まで、古くから最も信頼できる貨幣であり、その特有の展性、輝きは世界共通。通貨は一定の国でしか通用しない一方、世界中でトレードされることもあり、大変貴重な存在。だからインドでは、お金があれば金を買うという教訓が代々伝えられているそう。

アシュシュ代表いわく「近代経済システムで、金は通貨価値の基準となりました。この“金本位制”は、貨幣の価値を一定量の金に定めることで、自動的に政府の過剰支出を防ぎ、物価上昇を抑制することができます。デノミネーションを行うと、国は同等の金を購入しなくてはいけません。もし米国が5000万円ほどの貨幣を発行すれば、同額の金を購入するということです」と金は近代でも大きな役割を果たす存在に。

 

しかし米国では1929年に世界恐慌が起こり、1933年に金本位制を廃止。さらに71年以降は金と米ドルの兌換が停止され、米国は金の保有量に関係なく、紙幣を発行することができようになった。

「紙幣を発行すればするほどドルの価値は下がるので、多くの人が価値のある金に投資します。80年代はロナルド・レーガン大統領の高金利政策でドルに影響がありましたが、インフレが落ち着いたことで、ドルの価値が上がりました」

その後ベルリンの壁が崩壊し、コンピューターが家庭に流通、さらに冷戦が終焉したことで米国は“超大国”に。2000年に入っても相場は上がり続け、人々は金以外のあらゆるものに投資をしていた。が、直後にインターネット・バブルが勃発。これにより、低かった金の価値が急変することに。

「世界経済が好調なとき、逆に金の価値は下がります。つまり今は世界経済が不調だからこそ、金の価値は上がっているのです」

 

今、金を買うべき?

長年、複数の金融商品を保有している人にとっては、金を買ういいチャンス。しかし市場が混乱している現状では、優良株式の銘柄が安いため、金を売り、インドの株や国際株を買ったり、投資ファンドを行ったりするのもアリ。

2020年は金投資をすべき?

「米国をはじめとした各国が不景気となり、失業給付や中小企業への投資のため、紙幣発行がなされます。現在は2兆ドルが発行されていますが、状況が落ち着くと、インフラが起こり、米ドルの価値が下がります。すると金の価値は上がる一方です」とアシュシュ氏は投資にゴーサイン。

 

では、金投資を始めたいと思った場合、どうやって金を買えばいい? ということでさまざまな金投資法もチェックしていこう。

1、実際の金を買う

私たちの先祖が行なっていたように、信頼できる貴金属店で金を買うのもアリ。「インド鉄鉱石販売公社のMMTC社では、金の証書を発行し、実際の金を自社の金庫室に保管します。その証書で売ることもできますし、保有したい場合は家にお届けもできますよ」

2、金上場投資信託を買う

「金上場投資信託は、金を買う代わりに、金地金の現物に投資する上場投資信託。価値は金の価格と連動します」

3、インド以外で金上場投資信託を購入する

金上場投資信託は海外からドル単位で購入可能。「インド準備銀行の送金自由化スキームはインドにいる納税者に適用されます。これにより、1居住者は年間25万ドルの送金が可能に。金や不動産、株、投資信託も含まれます」

4、ソブリン・ゴールド債を買う

「インドが金を買うほど、ドルが外国に流れてしまいます。その防衛策として、政府は2015年にゴールド・マネタイゼーション・スキーム(GMS)という名でソブリン・ゴールド債を導入しました」とアシュシュ氏。

ソブリン・ゴールド債は、インド準備銀行が政府と結託し、居住者、株、大学や公益財団に発行しているもの。ローンの担保にできたり、電子形式の金融証券にも変換でき、税金がかからないというのも魅力。ただし「一旦投資すると、7年は引き落とせません」と注意も必要。

5、金採掘企業の株を買う

「投資ファンドを買う代わりに、特定の株への投資もできます。ただし、金を持つ会社の株は、経営者のやり方など様々な原因により、他の会社に比べて不安定でとってもリスキー。しかしハイリスクにも屈せず、その会社に信頼を置くのであれば、金採掘企業の株は良い賭けであると言えます」

 

※記事はインド居住者向けのアドバイスです。実際に行う場合は、自分自身でリサーチし、分析を行った上、自己判断で行ってください。

 

元記事で読む