1. トップ
  2. FES☆TIVEがデビュー7周年! 青葉ひなり「アイドル戦国時代の中、7年も存続できていることは本当に幸せ」

FES☆TIVEがデビュー7周年! 青葉ひなり「アイドル戦国時代の中、7年も存続できていることは本当に幸せ」

  • 2020.5.28
  • 596 views
デビュー7周年を迎えたFES☆TIVEに、7周年への思いや8年目の展望などについて聞いた
KADOKAWA

【写真を見る】唯一の初期メンバー・青葉ひなりは「ゼロから始まって今があるので、ここまで来られたことは今でも『夢かな?』って思うときがあるくらい」と明かす

FES☆TIVEが5月18日、デビュー7周年を迎えた。そこで、メンバーに7周年への思いや、8年目の展望などを語ってもらった。

新メンバー・八木ひなたを加え、新体制で8年目に突入

2013年5月に、ステージデビューを果たしたFES☆TIVE。その後、メンバーの卒業や加入を経て、2019年12月からは青葉ひなり、真野彩里愛、土光瑠璃子、南茉莉花、近藤沙瑛子の5人体制で活動してきた。

そして先日、新メンバーとして八木ひなたが加入し、再び6人体制で歩み出すことを発表。今回のインタビューでは、青葉、真野、土光、南、近藤の5人に、これまでの活動や今後について聞いた。

青葉ひなり「FES☆TIVEは奇跡的というか、すごいんです!」

【写真を見る】唯一の初期メンバー・青葉ひなりは「ゼロから始まって今があるので、ここまで来られたことは今でも『夢かな?』って思うときがあるくらい」と明かす
KADOKAWA

――7周年、おめでとうございます!“7周年”と聞いて、何を思いますか?

7年はあっという間のようで、デビュー当時自分は高校生だったので、考えたらすごく長い時間を過ごしています。

――これまでの活動を振り返りつつ、7周年を迎えたことへの感想をお願いします。

FES☆TIVEは自分で言うのも何ですが、奇跡的というか、すごいんです。本当に事務所の知名度も、事務所に先輩グループが特にあったわけでも、資金があったわけでもない、本当の意味でのゼロから始まって今があるので、ここまで来られたことは今でも「夢かな?」って思うときがあるくらいです。

そんなグループが“アイドル戦国時代”と言われる厳しい時代の中で、7年も存続できていることは本当に幸せですね。

――この長い自粛生活、どう過ごされていましたか? “おうち時間”の楽しみ方で、新たな発見があったりとか。

“おうち時間”では苦手なSNSを頑張ってみる、ということをしました。

容姿に特別自信があるわけでもなく、自己表現や自己プロデュースが苦手なんですけど、それってすごくもったいないことだなって思うので、自撮りを上げるだけとかではなく、人と違う自分の良さだったり、特技をもっとアピールしていこうと思いました。

「#ひなりダンス部」良かったら見てください^ ^

――新メンバーを加えて迎える8年目、どんな1年にしたいですか?

安定した1年にしたいですね。近年、FES☆TIVEに毎年変化があることは、良い意味でもあまり良くない意味でもあり、変化を必ずプラスに変えていくのが1番大事なので、プラスにしてその後は安定させて、グループとしての完成度を上げていきたいです。

自分は8年目になるので、グループが落ち着いたら他のやりたいことにも、そろそろちゃんと挑戦しておかないと、人生1度きりなので後悔するなと思います

真野彩里愛「新体制になるので、いち早くパフォーマンスなどを安定させたい」

“おうち時間”の楽しみについて、真野彩里愛は「私は味付けにセンスがあること、TikTokのような動画を撮るのが向いていることを発見しました」と笑顔を見せた
KADOKAWA

――“7周年”と聞いて、何か思うことはありますか?

単純に長いですよね(笑)。本当にすごいと思います。私は加入して4年目になるんですけど、FES☆TIVEの歴史としては、もう約半分ほど在籍しているのかあと、自分でも驚いています。

――7周年を迎えたことへの感想お願いします。

ここまで初期から作り上げてくれた青葉や、関わってくれたスタッフの方々には、本当に感謝の気持ちと尊敬の気持ちでいっぱいですし、こんなに多くの方から7年経っても愛されるグループに在籍できてうれしいです!!

――この長い自粛生活、どう過ごされていましたか?

主婦みたいな生活しています。私は何をするにしても行動が遅いので、洗濯や掃除、料理などしていると、あっという間に1日が終わってしまいます。

“おうち時間”の楽しみは、料理と最近始めたTikTokを撮ることなんですけど、私は味付けにセンスがあること、TikTokのような動画を撮るのが向いていることを発見しました。

――新メンバーを加えて迎える8年目、どんな1年にしたいですか?

グループとしては、また新体制になるので、いち早くパフォーマンスなどを安定させたいです。しかし、八木ちゃんが加入してくれたことによって、同世代の女の子など、ファンの幅が広がったらいいなぁと思います。

個人としては、もうすぐ20歳になるのですが、最近自分でも大人っぽさ(?)が出てきたので、良さが出せるようにしたいのと、個人の仕事もいろいろな面で挑戦する機会をもらえたらいいなあと思っています!

デビュー7周年を迎えたFES☆TIVEに、7周年への思いや8年目の展望などについて聞いた
KADOKAWA

土光瑠璃子「モデルの仕事やグラビアもたくさん挑戦していきたい」

土光瑠璃子は個人の目標について「モデルさんの仕事や、グラビアもたくさん挑戦していきたいです」と話す
KADOKAWA

――“7周年”と聞いて、何か思うことはありますか?

今、アイドルグループで7周年を迎えられるグループって、少ないんじゃないかなと思っていて、このグループが7年間続いて、登り続けていることが本当にすごいと思います。

――これまでの活動を振り返りつつ、7周年を迎えたことへの感想お願いします。

自分はまだ、2年間という短い期間しかFES☆TIVEに在籍してないですが、すごく内容の濃い2年間でした。周年を迎えられることが本当にうれしいことだし、歴史を作ってきてくれた先輩メンバーがいてくれたから今があるわけであって、本当に感謝です。

それと、ここまで来られたのはスタッフの皆さんや、関係者の方々、いろいろな方の支えがあったからです。今のメンバーで、これからもっといろいろな景色を見ていきたいなと思ってます。

――この長い自粛生活、どう過ごされていましたか?

ライブとか仕事が続いたりしてると、休み欲しいな…って思ったりしてたのですが、実際おうちにずっといても考えてるのはFES☆TIVEのことだったり、ファンの方のことだったり、やっぱり自分って仕事人間なのかもしれないって気付きました。でも、やっぱり自分の好きなゲームとかできてるのはうれしいです。

――新メンバーを加えて迎える8年目、どんな1年にしたいですか?

こういう時期ですが、八木ひなたが新しい風を吹かせてくれるんじゃないかなと思うので、これからが本当に楽しみです。

グループとしては、新体制になったFES☆TIVE、もっと強くなったなっていうのを見せていきたいなって思うし、個人個人のキャラを生かしてグループでバラエティー番組やいろいろな仕事がしたいなと思ってます。

でも、今はとにかくライブがしたいな~。夏フェスで1番楽しいグループってたくさん言われたい。個人としては、モデルさんの仕事やグラビアもたくさん挑戦していきたいです。あと、自分のキャラをしっかり持ちたいです。

南茉莉花「いつか『ラーメンWalker』に載ってみたい!」

南茉莉花の野望は「いつか『ラーメンWalker』とかにも載ってみたい」
KADOKAWA

――“7周年”と聞いて、何か思うことはありますか?

私はまだ加入して2年目なんですけど、すごく長くいるイメージが勝手にあって(笑)。7周年って聞くと、その半分にも満たないやん!、7周年って長いなすごいな!って思いました。

数字だけでも、かなり歴史を感じるグループだなって! これからも8周年、9周年と、みんなで迎えられたらうれしいです!

――これまでの活動を振り返りつつ、7周年を迎えたことへの感想お願いします。

朝起きたら、FES・TIVER(※ファンのこと。・はハート)からたくさんTwitterで「7周年おめでとう!」って言ってもらえて、すごくうれしかったです! 5年のうちの2年くらいしかいないけど、7年という歴史あるグループに入れたこと、すごく誇りに思います。

グループを守り続けた青葉はすごいなって思うし、自分がいなかった5年分、その分これからのFES☆TIVEも今までのFES☆TIVEも好きになってもらえるように頑張りたいと思いますし、みんなで力を合わせていろんなことにも全力で挑戦していきたいと思います!

――この長い自粛生活、どう過ごされていましたか?

私は、SHOWROOMのイベント配信で、ほぼ毎日配信したりしてましたね! 1日2回とか!

あと、自粛期間中に誕生日を迎えたので、誰にも祝ってもらえないって思ってたんですけど、Twitterでたくさん「おめでとう」って言ってくれたり、私宛に事務所に手紙やプレゼントを送ってもらえたり、すごくうれしかったです!

あと、普段は体動かしてるんですけど、自粛生活になってからは筋トレとかするようになりました! 他にも、時間が合えばメンバーと「あつまれ動物の森」を通信したり!

――新メンバーを加えて迎える8年目、どんな1年にしたいですか?

グループにとって、八木ちゃんは新たなる風を吹かせてくれるんじゃないかなって思うし、6人でさらなる高みを目指して、今よりも大きい会場でワンマンライブしたり、ツアーも自粛によってできなかったので、この6人で各地にいくのは初めてですが、「初めてとは思えないパフォーマンス! すごい!」って感じてもらえるよう頑張ります!

個人的には、パフォーマンスの向上と「百年本舗」さんとのコラボで、ラーメン好きな人にも「百年本舗」さんを通じて私のこと知ってもらえたらなって思いますし、いつか「ラーメンWalker」とかにも載ってみたいです!

近藤沙瑛子「漫画でしか見てなかったものをアニメで見たり、その逆だったりを楽しんでました」

近藤沙瑛子の“おうち時間”は「今まで漫画でしか見てなかったものをアニメで見たり、その逆だったりを楽しんでました」
KADOKAWA

――“7周年”と聞いて、何か思うことはありますか?

7周年ってシンプルに長いんですが、そうやって数字にすると「自分はまだ2年」となります、いつも。

自分は2年前に加入して、アイドルになれた~って感覚だったとき、すでに青葉ちゃんは5年で(笑)。さすがに、そのときFES☆TIVEに対しての気持ちが青葉ちゃんに追い付いているなんて、自分はなかったなと思っています。

グループのために何ができるかだけ考え2年間活動してきて、今自分にとってFES☆TIVEは加入時よりもっと大切な存在になったし、FES☆TIVEにとっても自分がそういう存在になっていたらいいなと感じます。

7年間続いてきた場所に立っていることを自覚し、グループにここまでいろんな人間が関わり、作り上げて、守られてきたことに感謝しながら、今後も頑張っていきたいです。

――これまでの活動を振り返りつつ、7周年を迎えたことへの感想お願いします。

メンバーの入れ替わりが、まず激しかったかなとは思います。加入して2カ月でメンバー2人の卒業なんか想像してないし、昨年6人から5人になったときも。まだ2年なのに、自分が加入したときを含め3回も新体制になってて、正直どうしようかなと思いました。

どうしようかなって、どうにもできないんですけど、常に(笑)。だけど、その度に立ち止まってるのが時間の無駄で、気持ちの無駄で、そう思ってもマイナスな感情止まらないんですよね、しばらく。

それでも、自分たちが早く前を向けるようにすぐに動いてくれたスタッフさんや、何度もすみませんと思いながらの新体制を受け入れ、応援してくれたファンの方がいて乗り越えられたかなと思っています。

それが、この7周年につながったことはうれしいことだし、同じ状況を続けていくのってきっと簡単なことじゃない中、頑張ることは当たり前なんですが、頑張った自分たちを、頑張った分ちゃんと褒めてあげたいです。

――この長い自粛生活、どう過ごされていましたか?

発見というか、今まで漫画でしか見てなかったものをアニメで見たり、その逆だったりを楽しんでました。今、書きながらこれしかしてないことに、ヤバさを感じてますが。

――新メンバーを加えて迎える8年目、どんな1年にしたいですか?

どんな1年って、まだ自分は見えていなくて難しいんですけど、八木ひなたちゃんがFES☆TIVEに入ってきてくれて良かったって、自分たちやファンの方、八木ちゃん本人が入ってよかったと心から思えることが、この1年はまず大事かなと思っています。

そう思う基準は人それぞれですが、確実にプラスの方に動いた瞬間を各メンバー見逃さず、前に進んでいけるグループでいたいです。それが、またきっと1年後の8周年につながります。(ザテレビジョン)

元記事で読む