1. トップ
  2. レシピ
  3. 苦手野菜も美味しく食べる♪ チリコンカンと手作りトルティーヤのレシピ

苦手野菜も美味しく食べる♪ チリコンカンと手作りトルティーヤのレシピ

  • 2020.5.28
  • 2402 views

今回ご紹介するレシピは「チリコンカン」と「手作りトルティーヤ」。チリコンカンは子供も大好きな味。大体の苦手野菜も美味しく味わうことができるよう下準備など調理のアドバイス付きです。トルティーヤは超簡単!一緒に作れば子どもも楽しく食べられそう。

嫌いな野菜も食べちゃう!チリコンカンとトルティーヤ

今回ご紹介する「チリコンカン」と「トルティーヤ」ですが、このチリコンカンは子供も大好きな味。大体の苦手野菜も美味しく味わうことができるよう、下準備や調理のポイントなどまとめました。超簡単なトルティーヤを一緒に作れば、子どもも楽しく食べてくれそう!

苦手な野菜の下準備

代表的な苦手野菜

子供が苦手そうなお野菜の代表的なものをここでご紹介します。チリコンカンに入れて分からないようにするために、ちょっとしたポイントがあります。それは、切り方と入れるタイミングです。先に切り方など下準備のご説明します。

【人参】
細かいみじん切りか、すりおろす。

【キノコ】
極細かいみじん切り。乾燥椎茸の場合は、そのままフードプロセッサーにかけて粉々にする。

【セロリ】
筋を取り、薄い輪切りかみじん切り。フードプロセッサーでもOKです。

【パプリカ・ピーマン】
パプリカは魚焼きグリルで、皮が真っ黒こげになるまで焼き、すぐに冷水にとり、焦げを取り除きます。これで独特の香りが薄まり甘味がアップします。赤パプリカより黄色パプリカの方がクセが少なく食べやすいです。ピーマンもパプリカと同じ方法ですが、肉厚なものを選び、香りが強いので少量にします。

【豆】
ミックスビーンズ缶をそのまま使用し、最後につぶします。

「チリコンカン」の作り方

材料 <約3人分> 【所要時間:30分位】

・合いびき肉・・・200g
・玉ねぎ・・・1個
・ミックスビーンズ缶・・・1缶
・カットトマト缶・・・1缶

・コンソメ(野菜でもチキンでもビーフでも可)・・1個
・ケチャップ・・・大さじ2
・ソース・・・大さじ2

※材料には書いていませんが、ここに入れたい野菜があれば追加してください。
※お好みでタバスコを少し入れて煮込むとスパイシーになります。
※ハーブやミックスハーブスパイスなどがあれば入れると味が複雑になります。

手順① ひき肉を炒める。

鍋でひき肉を色が変わるまで炒めます。

【苦手食材ポイント】
キノコはここで一緒に炒めます。お肉の旨味と脂をキノコに吸わせます。

手順② 玉ねぎを切り、加え炒める。

玉ねぎをみじん切りにし、①に加え一緒に炒めます。

【苦手食材ポイント】
人参・セロリ・パプリカ・ピーマンはココで入れます。柔らかくなるまで良く炒めます。ここで固さが残ると、食べた時に口に残ってしまう場合があるので、充分柔らかくなるまで炒めます。

手順③ トマト缶とミックスビーンズ缶を入れる。

②にカットトマト缶とミックスビーンズ缶、コンソメを入れ煮込みます。

手順④ 味を調えて完成!

ある程度水分がとんだら、ケチャップとソースを加えて味を調え、少し煮込んだら完成です。

※小さなお子様用には、砂糖やハチミツを加えるとより食べやすいです。
※お好みでハーブやタバスコを入れると大人の味になります。

【苦手食材ポイント・豆】
柔らかく煮込まれた豆を、木べらやフォーク・ポテトマッシャーでつぶします。お豆かお肉か分からないくらいになります。

「手作り簡単トルティーヤ」の作り方

材料 <8枚分> 【所要時間:約1時間】

・強力粉・・・150g
・薄力粉・・・50g
・オリーブオイル・・・大さじ2
・塩・・・ひとつまみ
・熱湯・・・ 100ml

手順① 粉と塩を混ぜる。

ボウルに強力粉と薄力粉と塩を入れ、混ぜます。

手順② オリーブオイルと熱湯を加え混ぜる。

①にオリーブオイルと熱湯を加え、すぐにゴムベラなどで全体を混ぜます。

※熱いので手ではなく、ヘラなどで混ぜてください。

手順③ 手でこねる。

②が触れる温度になったら、粉っぽさがなくなるまで手でこねます。

手順④ 生地を寝かせる。

ひとまとまりになった生地にラップをして、30分くらい室温で寝かせます。

※多少時間は短くても大丈夫です。

手順⑤ 8個に分け、めん棒で伸ばす。

生地を包丁で8等分に切り分けます。

切り分けた生地を丸く形を整え、手でつぶし、打ち粉(強力粉か薄力粉)を引いたまな板にのせ、生地の上にも打ち粉をして、綿棒で薄く伸ばします。

手順⑥ 生地を焼く。

テフロンのフライパンを熱々に熱し、油をひかずに⑤を焼きます。ぷくぷくと膨らんできて、裏側に焼き色が付いたら裏返します。裏も軽く色が付いたら完成です!

※火を入れすぎると、固くなりパリパリして具を巻きづらくなるのでご注意を。

トルティーヤにチリコンカンを巻いて食べます。お好みでレタスやチーズ・トマトなどをトッピングしても美味しいです!

見た目ではほとんど嫌いな野菜が入っているとは気づかれないチリコンカンです。トルティーヤと一緒に出せば、きっと嫌いな野菜なんて気にする暇もなく、楽しんで食べてくれると思います。しかも栄養も満点!

また、チリコンカンとトルティーヤの両方とも冷凍保存ができますので、たくさん作って冷凍しておいてもいいですね。
 

元記事で読む