1. トップ
  2. 注目のロックバンド・Novelbright 1stフルアルバムは“今できることを全て詰め込んだ”1枚に!<インタビュー>

注目のロックバンド・Novelbright 1stフルアルバムは“今できることを全て詰め込んだ”1枚に!<インタビュー>

  • 2020.5.26
  • 169 views
1stフルアルバム『WONDERLAND』をリリースするNovelbright
(C)2020 Zest,Inc.

【写真を見る】ボーカル・雄大のレコーディングオフショット

5月27日(水)に1stフルアルバム『WONDERLAND』をリリースする大阪発の5人組ロックバンド・Novelbright(ノーベルブライト)。

昨年末より「バズリズム02」(日本テレビ系)や「めざましテレビ」(フジテレビ系)、「7.2 新しい別の窓」(ABEMA)などのメディアに出演、さらにゲームアプリ「放置少女~百花繚乱の萌姫たち~」、メークアップブランド「KATE(ケイト)」のCMに楽曲が起用され、YouTubeの世界プログラム「Foundry(ファウンドリー)」にも日本代表として選出されるなど、日に日に注目度が高まっている。

今回は、そんなNovelbrightの5人(Vo.竹中雄大、Gt.山田海斗、Gt.沖聡次郎、Ba.圭吾、Dr.ねぎ)にインタビューを実施。新型コロナウイルスのためアンケート形式で、今作についてのほか、注目の高まりについて感じることなどを答えてもらった。

1stフルアルバムは多方面に刺さるバリエーション豊かな1枚に

――アンケート形式ではありますが、今回初めてインタビューを掲載させていただくということで、バンド結成の経緯やこれまでの活動について教えてください。

聡次郎:2013年に雄大とオリジナルメンバーで結成し、2017年に僕と海斗、ねぎが加入、2019年に圭吾君が加入して現メンバーになりました。ずっとライブハウスだけで活動をしていましたが、圭吾君の加入後に路上ライブを開始し、路上ライブが多くの人に知ってもらえるきっかけになりました。

圭吾:僕はNovelbrightに入るまでドラマーだったのですが、ベーシストとしてNovelbrightに誘われました(笑)。今考えるとめちゃくちゃですが、Novelbrightが大好きで、ずっとキーボードでもいいから入れてくれと言っていたくらいだったので、即答で加入しました。

――今回のアルバム『WONDERLAND』はどういったコンセプトになっているのでしょうか?

雄大:初めてのフルアルバムなので、Novelbrightというバンドを1枚のアルバムで表現したいなと思い、「邦ロック好き」「ポップス好き」などターゲットを絞らずに多方面に向けて刺さるような、曲のバリエーション豊富な作品を考えて作りました。

――楽曲の収録順はどのようにして決めていったのでしょうか?

ねぎ:1曲目と最後は決定進行していましたが、他は自然と流れで決まりました!

――今回のレコーディング中で、何か印象に残っている出来事などはありますか?

海斗:今までのレコーディングと違って、フルアルバムということでボリュームも多く、曲の制作と録りを並行して行ったハードスケジュールだったのが印象的です。

【写真を見る】ボーカル・雄大のレコーディングオフショット
(C)2020 Zest,Inc.

目標の“国民的バンド”をかなえるために「紅白歌合戦」に出演したい(雄大)

――4月にはこの状況下ということで、「バーチャルライブTOUR」をさまざまな配信サービスで行いましたが、やってみていかがでしたか?

雄大:この状況下でないと体験できないことだったので、とても新鮮な体験ができてよかったです。その中でバーチャルライブの持つ可能性をとても感じました。

聡次郎:生ライブには生ライブの良さがもちろんありますが、どこでも誰でも人数制限なく参加することができるバーチャルライブにとても魅力を感じました。

圭吾:コメントやアイテムを投下できる機能で、視覚的にオーディエンスのリアクションが感じられ、それぞれの好みや意見、求めるものを正確に掴むことができるのは、バーチャルライブならではだと思いました。

――2020年に入ってさまざまな番組に取り上げられたりご出演したりしていると思います。こうやって注目されて多くの期待が集まっていることをどう感じていますか?

雄大:すごくうれしいのですが、番組などのメディア露出でバンドの名前を知る人が増えていくのに、この状況で主戦場であるライブができないことがすごく悔しいです。ライブを見てもっともっとバンドの魅力を知ってほしいし好きになってほしい。とにかく早くライブがしたいです。

――5月3日配信の「7.2 新しい別の窓」に出演した感想を教えてもらえますでしょうか?

ねぎ:小さい頃から見ていたテレビ画面の向こう側の、新しい地図の方たちがお相手だったこと、さらにリモート放送で画面越しの会話だったので実感なく、本当に不思議な気分でした。いじってもらえてうれしかったです(笑)。次は生でお会いしたいです!

――今回、ザテレビジョンのアンケートということで、好きなテレビ番組を理由と併せて教えてもらえますでしょうか?

聡次郎:「鬼滅の刃」「CLANNAD」「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」「ONE PIECE」、アニメ大好きです!!

――今後出演したいテレビ番組またはライブイベントがありましたら理由と併せて教えてもらえますでしょうか?

雄大:バンドの目標である“国民的バンド”をかなえるために、その象徴でもある「紅白歌合戦」(NHK総合)に出演したいです。「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)もバンドの目標です!

圭吾:出演したいライブイベントは「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」です。バンドを始めた当初からの目標であり、Novelbrightがオーディションで一度挫折を味わった経験があるからです。今年は開催中止でかなわなくなってしまいましたが、来年は必ず出演し、近い未来“グラスステージ”に立ちたいです。

――最後にアルバム『WONDERLAND』のアピールと、ファンの方へのメッセージをお願いします。

海斗:初めてのフルアルバム、Novelbrightとはどんなバンドなのかよく分かる1枚になりました! 今できることを全て詰め込みました。

ねぎ:名前は知ってるけど曲は聞いたことないという方にぜひ聞いてもらいたい1枚です!(ザテレビジョン)

元記事で読む