1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. オリジナルノートを簡単手作りしてみませんか?お子さんと作るのもおすすめ!

オリジナルノートを簡単手作りしてみませんか?お子さんと作るのもおすすめ!

  • 2020.5.26
  • 49342 views

お気に入りのデザインの紙を使って、オリジナルノートを手作りしてみませんか?実はノートって意外と簡単に作れるんです!表紙に使うのは厚手で丈夫な紙であればポスターやカレンダーなどなんでもOK。落書き帳、スクラップブックなど、中に入れる紙でアレンジできますよ。

オリジナルノートを作ってみよう!

ノートって、実は意外と簡単に手作りできるのをご存知ですか?

お気に入りのデザインのノートを使っているというだけで気分も上がるので、勉強を頑張るお子さんの工作にもおすすめです!
表紙には厚手で丈夫な紙を使います。お子さんだったら好きなキャラクターのポスターやカレンダーなどがいいかもしれませんね。作り方を紹介しますので、ゼひ親子で一緒に作ってみてください♪

材料


表紙になる丈夫な紙 1枚
中身になる紙 10枚前後
糸 中身になる紙の短辺の倍くらいの長さ


表紙用の紙はポスターやカレンダーなど厚手で丈夫な紙ならなんでもOKです。作例ではモン・サン・ミッシェルのポスターを使いました。

本文用紙はコピー用紙で十分ですが、色付きの紙や画用紙を使ってもいいでしょう。今回はA4のコピー用紙を使っています。
糸は麻糸や刺繍糸など丈夫なものがおすすめです。ミシン糸など細いものは切れることがあります。

道具


カッター
カッターマット(段ボールなどで代用可)
定規(大きな三角定規があると便利)
目打ちか画鋲など穴を開けられるもの
トレーシングペーパー(あれば)
クリップ(あれば)


カッターはできるだけ切れ味の良いものを準備してください。

作り方

表紙をA4サイズにカットします。

トレーシングペーパーがあれば図柄が透けて見えるので便利です。トレーシングペーパーがない場合はコピー用紙を重ね、ライトなどにかざして透かしながら位置を調節しましょう。位置が決まったらマスキングテープで固定し、カッターで切ります。

本文用紙を二つ折りにします。2〜3枚ずつ折るとずれにくいです。

表紙と本文を重ね、ノートの形にします。

ずれないようにクリップでとめ、折り目の線の上から1cm、下から1cm、中央の3箇所に穴を開けます。今回は目打ちを使いましたが、画鋲を使えばお子さんでも安心して穴を開けられると思います。

3つの穴に八の字に糸を通し、縫い合わせます。

内から中央の穴に入る→上の穴から出る→中央の穴に入る→下の穴から出る→中央で結ぶ

2度目に中央の穴に入るとき、針が最初の糸を貫通しないよう注意してくださいね。

ここの縫い方は一直線上に縫い目があり、表紙と本文がしっかり留まればどんな縫い方でも大丈夫です。穴をたくさん開けて並縫いしたり、2色の糸を使って縫ったり、チェーンステッチを入れたり、アレンジを楽しんでください。

ノートを閉じると、断面が山型になっているのがわかります。これでは使い心地が悪いので、カットします。

定規を当て、カッターで切り落とします。このとき三角定規など大きな定規があると、広い面で押さえられるので安定して切ることができます。

カッターを使うときは、できれば立った姿勢で行いましょう。大工さんがカンナを使うイメージで、体を大きく使って切るときれいに切れます。一度に切ろうとせず、紙を1枚ずつ切っていくつもりで何度もカッターを滑らせましょう。

切り終わったら完成です!

手作りノート、何を書く?

簡単に作れる手作りノート。お好きなアイドルのポスターを使ってオリジナルグッズを作ったり、中身を画用紙にして落書き帳にしたり、クラフト紙にしてスクラップブックにしたり。

いろんな形で使ってみてくださいね。

元記事で読む