1. トップ
  2. 恋愛
  3. 何もしない旦那は自粛貴族? コロナ禍で妻のストレスが溜まる理由

何もしない旦那は自粛貴族? コロナ禍で妻のストレスが溜まる理由

  • 2020.5.25
  • 19758 views

自粛により旦那が家にいる時間が増え、ケンカが増えた夫婦も多いのでは? 国内外含め、外出自粛によるDV被害も増えていると聞きます。
先が見えないからこそ「こんな生活がいつまで続くんだろう」と、疲れ果ててしまいますよね。
今回は「コロナ禍で妻のストレスが溜まる理由」についてご紹介します。

協力し合う姿勢が見られない

・「コロナで在宅勤務がはじまり、仕事以外は基本ゴロゴロしている夫。いままでは土日だけだったから我慢できていたけれど、毎日となると邪魔。何も手伝ってくれないくせに、3食しっかり食べるし。もう少しこちらに配慮があってもいいと思う」(34歳/主婦)

ずっと旦那が家にいるだけでペースが乱れるのに、手伝いすらしないせいで家事負担も増加されます。こういう旦那に限って、「別にメシは簡単なものでいいから」なんて言うんですよね。「お前は自粛貴族か!」と言いたくなる瞬間でしょう。

子どもにイライラをぶつける

・「コロナで自分の仕事がうまくいかず、子どもに八つ当たりするようになったこと。普通に遊んでいるだけなのに『うるさい!』『こっちは大変なんだよ!』とキレはじめます。私にまで『お前の教育が悪いからこうなるんだ』と言い出す始末。旦那も大変な時期なのでなだめますが、正直こんな人だとは思いませんでしたね」(33歳/主婦)

不安やイライラが蓄積する気持ちもわかりますが、それを子どもにぶつけるのは間違っていますよね。何も悪くない子どもを巻き添えにはしたくないからこそ、もう少し感情は抑えてほしいものです。

「普段通り」の強要

・「旦那は在宅勤務になったけれど、私は通常出勤。でも子どもの面倒は見てくれず、『普段通りやってくれればいいんだからさ』とすべて私に押し付けてくる。子どもは学校にも遊びにも行けない、世界が未知のウイルスと戦っている中で、どうやって“普段通り”にやれと? 自体が終息したら、離婚も視野に入れています」(37歳/会社員)

緊急事態宣言が延長されるなか、普段通りに生活するのは不可能ですよね。いい加減な言葉で、面倒なことはすべて押し付けてくる旦那に嫌気がさします。顔を見なければイライラはおさまりますが、今回ばかりはそうはいきません。もはや同じ空間にいること自体がイヤになるのです。

コロナにより、差はあれど生活に変化が起きたのは、どこの家庭も同じです。
ここを夫婦でどう乗り越えるかが、今後の大きな分岐点なのかもしれませんね。

元記事で読む