1. トップ
  2. 「中学聖日記」「時効警察」「愛していると言ってくれ」など傑作ぞろい…今週の“再放送ドラマ”をまとめて紹介

「中学聖日記」「時効警察」「愛していると言ってくれ」など傑作ぞろい…今週の“再放送ドラマ”をまとめて紹介

  • 2020.5.25
  • 120 views
 記事制作:ザテレビジョン
KADOKAWA

新型コロナウイルス感染防止のため、4月期スタートを予定していたドラマが放送を見合わせている現在、過去の名作ドラマが多数放送され、ドラマファンの注目を集めている。今週も、アンコール放送もしくは特別編が放送される名作ドラマをまとめて紹介!豊川悦司・常盤貴子のリモート対談など、作品によっては出演者からのメッセージ動画やスペシャル動画の公開も。放送当時は見逃していた方も、また見たいと思っていた方もチェックしてみよう!

【写真を見る】有村架純主演ドラマ「中学聖日記」 有村のアンニュイな表情が印象的なキービジュアル

【今週スタートする主な人気ドラマ】

「中学聖日記」5月25日(月)~6月10日夜11:56-深夜0:55他、TBS系

「中学聖日記」あらすじ…かわかみじゅんこの同名漫画を有村架純主演でドラマ化。片田舎の中学校で働く教師・末永聖(有村)が、自分を大切にしてくれる婚約者がいながらも、不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・晶に引かれていってしまう“禁断の恋”を描くヒューマンラブストーリー。脚本を金子ありさ、演出を塚原あゆ子らが務める。

「グッドモーニング・コール our campus days」5月25日(月)~深夜2:25~3:25、フジテレビ

「グッドモーニング・コール our campus days」あらすじ…高須賀由枝のコミックを原作にしたラブコメの続編。舞台を高校から大学に変え、主人公たちのキャンパスライフを描く。大学生となった菜緒(福原遥)と上原(白石隼也)のカップルの元に、新たな恋のライバルが登場するなど、新キャラクターも加わる。共演は杉野遥亮、桜田通、相楽樹、高橋メアリージュン。

「恋文~私たちが愛した男~」5月25日(月)~毎週月-金曜昼5:00-6:00、BS-TBS

「恋文~私たちが愛した男〜」あらすじ…死を前にした元恋人の出現で変化する夫婦愛を描く。美術教師の将一が、突然妻の郷子と息子を残し家を出た。混乱する郷子だが、数日後、教師をやめ漁協で働く将一と再会。将一は余命わずかな元恋人の江津子と再会し、彼女が死ぬまでそばにいると決めたという。渡部篤郎、水野美紀、和久井映見ら出演。

「好きな人がいること」5月26日(火)~朝10:00~10:57、BSフジ

「好きな人がいること」あらすじ…桐谷美玲が主演。海辺のレストランを舞台に、パティシエの櫻井美咲(桐谷)とイケメン3兄弟との四角関係を描く。3兄弟が営むレストランで働き始めた美咲は、初恋の相手で長男・千秋(三浦翔平)、お調子者の三男・冬真(野村周平)、美咲をパシリ扱いする夏向(山崎賢人※「崎」は正しくは「立つさき」)とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げる。

「時効警察」5月28日(木)~夜11:00-深夜0:00、BS朝日

「時効警察」あらすじ…時効成立事件を“趣味”で捜査する、総武署時効管理課の警察官・霧山修一朗(オダギリジョー)の活躍を描くコメディーミステリー。霧山は、総武署交通課の三日月しずか(麻生久美子)と共に、自分が気になった未解決事件の真相を独自のアプローチで捜査していく。脚本・演出は三木聡、岩松了、園子温らが担当。

「名もなき復讐者 ZEGEN」5月30日(土)~深夜0:30~1:00、BSフジ

「名もなき復讐者 ZEGEN」あらすじ…動画配信サービスU-NEXTとカンテレがタッグを組んだ「このミス」大賞ドラマシリーズの第2弾。夜の街を生きる男の報復劇を描くダークエンターテインメント。主演の阿部進之介が、プロの“女衒”(ぜげん/性風俗関係の仕事の斡旋業)を名乗り、本名は明かさない謎の人物を演じる。共演は馬場ふみか、杉本哲太ら。

「今だから、新作ドラマ作ってみました」5月30日(土)昼4:30-夜6:00、NHK総合他

「今だから、新作ドラマ作ってみました」あらすじ…新型コロナウイルスに伴う外出自粛が続く中、「“今だから”こそ作れる新たなドラマを」という思いから制作された“テレワークドラマ”。豪華キャストと脚本家陣が打ち合わせからリハーサル、本番収録までを直接会わずに行い、ほっこりしたり、じんわりしたり、腹を抱えて笑ったりできる3編の物語を紡いでいく。

「過保護のカホコ」5月31日(日)~昼2:55~5:00、日本テレビ※関東ローカル

「過保護のカホコ」あらすじ…高畑充希が民放ドラマ初主演を務め、「家政婦のミタ」(2011年日本テレビ系)などの遊川和彦が脚本を手掛けるオリジナル作品。両親に溺愛され過保護に育てられた主人公・カホコ(高畑)が、世の中を知りながら成長する姿と、変化していく家族の絆を描く。母・泉役は黒木瞳、父・正高役は時任三郎。

※5月31日(日)以降は、6月6日~6月27日毎週土曜昼2:55-(13日・20日・27日は昼2:00-)

「99.9 刑事専門弁護士」5月31日(日)~夜9:00-9:54、TBS系

「99.9 刑事専門弁護士」あらすじ…個性的な刑事専門弁護士たちがぶつかり合いながら、逆転不可能と思われる刑事事件に挑む新感覚のリーガルエンターテインメント。金にならない刑事事件ばかり引き受ける弁護士・深山(松本潤)。何度も無罪を勝ち取っている深山はその実績を買われ、斑目法律事務所の所長・斑目(岸部一徳)にスカウトされる。

「愛していると言ってくれ」※2020年特別版 5月31日(日)~6月21日毎週日曜昼2:00-5:00、TBS※一部地域を除く

「愛していると言ってくれ」あらすじ…晃次は新進の青年画家。後天性の聴覚障害者で、言葉も話せない彼の唯一の表現手段は絵を描くことだった。彼が紘子と出会ったのは都会の喧噪の中にたたずんでいる一本のリンゴの木の下。リンゴを取ろうと何度もジャンプをする彼女にリンゴをもいで渡したのが、2人の運命の始まりだった。豊川悦司、常盤貴子ら出演。

特別企画として、豊川&常盤によるリモート対談を全4回にわたり放送することも決定。撮影時のエピソードや手話に関してなど25年前を振り返る。

「アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂〜」5月31日(日)夜7:54-10:18、テレビ東京

敗戦後、復興に向けて歩む日本の戦後政治を描く。笑福亭鶴瓶が吉田茂を、生田斗真が吉田の右腕・白洲次郎を演じる。総司令部GHQと向き合う外務大臣のなり手が見つからない中、反戦主義者として投獄された過去を持つ吉田に、白羽の矢が立つ。吉田は白洲や娘・和子(新木優子)らと日本の独立に向け尽力する。

「珈琲屋の人々」5月31日(日)~6月28日毎週日曜夜10:00-10:49、NHK BSプレミアム

池永陽による同名小説をドラマ化。東京下町の商店街にひっそりとたたずむレトロな喫茶「珈琲屋」を舞台に、店主・宗田行介(高橋克典)が訪れた客をコーヒーで癒やしていく姿を描く。店にはさまざまな問題や悩みを抱えた人々がやってくるが、行介が心を込めて入れたコーヒーは、彼らの悩みを受け止め、心を幸福にする。

【放送中の主な再放送ドラマ】

「ひよっこ」1月28日~、NHK総合

「アシガール」4月17日~、NHK総合

「ハケンの品格」4月15日~、日本テレビ系 ※5月27日放送

「奥様は、取り扱い注意」4月7日~、日本テレビ

「スーパーサラリーマン左江内氏」5月9日~、日本テレビ

「ラブリラン」5月14日~、日本テレビ系

「奪い愛、冬」5月23日~、テレビ朝日系

「BG〜身辺警護人〜」4月16日~、テレビ朝日系

「特捜9」5月6日~、テレビ朝日系

「都市伝説の女2」5月16日~、テレビ朝日

「警視庁・捜査一課長 season3」5月20日~、テレビ朝日系

「家政夫のミタゾノ 第3シリーズ」5月8日~、テレビ朝日他

「逃げるは恥だが役に立つ」5月19日~、TBS系

「深夜食堂」5月19日~TBS、4月2日~CBC

「テレビ演劇 サクセス荘」4月8日~、テレビ東京

「新米姉妹のふたりごはん」4月16日~、テレビ東京

「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」5月1日~、テレビ東京系

「孤独のグルメ Season7」5月24日テレビ東京、4月5日~BSテレ東

「勇者ヨシヒコと魔王の城」5月22日~、テレビ東京系

「鍵のかかった部屋」5月11日~、フジテレビ系

「グッド・ドクター」4月9日~、フジテレビ系

「パパ活」4月7日~5月26日、フジテレビ

「素敵な選TAXI」4月14日~6月9日フジテレビ、4月1日~東海テレビ

「はね駒」3月23日~、NHK BSプレミアム

「太平記」4月5日~、NHK BSプレミアム

「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」4月6日~7月17日、NHK BSプレミアム

「黄金の豚・会計検査庁 特別調査課」4月16日~、BS日テレ

「臨場 続章」4月3日~、BS朝日

「イタズラなKiss」4月26日~、BS朝日

「お義父さんと呼ばせて」5月13日~、BSフジ

「絶メシロード」4月1日~、BSテレ東

「来世ではちゃんとします」4月2日~、BSテレ東

「コタキ兄弟と四苦八苦」4月5日~、BSテレ東

「僕はどこから」4月5日~、BSテレ東

「ムー一族」4月6日~、BS12

「柴公園」4月26日~、BS12

「仮面ライダー」2019年10月1日~、TOKYO MX1(ザテレビジョン)

元記事で読む