1. トップ
  2. ファッション
  3. ビューティフルピープル 2020年秋コレクション、忙しない毎日に“ときめき”をくれる洋服

ビューティフルピープル 2020年秋コレクション、忙しない毎日に“ときめき”をくれる洋服

  • 2020.5.24
  • 2877 views

ビューティフルピープル 2020年秋コレクション、忙しない毎日に“ときめき”をくれる洋服

ビューティフルピープル(beautiful people) 2020年秋コレクションが発表された。

undefined
www.fashion-press.net

「サイド C」のアイディアを継続

2019年春夏コレクションより継続している「サイド C(Side C)」というアイディア。通常、洋服の内部で隠れてしまった“空間”に着目した斬新な仕立てが特徴で、袖を通す場所や、洋服の表裏を変えることで、異なる着こなしを楽しむことができる。“女性服と男性服の多様性”を表現した今シーズンは、このアイディアをもとに、あらゆるシーンで活躍できる現代に向けたリアルクローズを展開する。

あらゆるシーンに“マッチ”する洋服

マルチタスクをこなすオフィスレディ、子育てする母親、家事をかかえる妻の顔、論文を書く学生…あなたはこの中の誰かかもしれないし、もしくはすべてに当てはまるかもしれない。そんな忙しすぎる現代のライフスタイルにヒントを得て完成したのは、大きく分けて6つのテクニックから成る「サイド C」のアプローチだ。

着こなしを自由にアレンジ

例えば、“エプロン”の形を利用してラップすることで、表と裏が変化する「サイドC」のアプローチ。一見変哲もないデニムスカートは、後ろ化のを振り向くと、カフェエプロンのような姿にも、はたまたスカートをレイヤードしているかのような姿にも変身。また“3つ”の穴がるニットは、襟ぐりの重ね方次第で、プルオーバーやカーディガンとして楽しむことができる一着だ。

ジャンプスーツへと姿を変える、ワンピース

全く異なるアイテムへと変身するワードローブも登場。シーツと布団を内側で結ぶ止め“中綴じ”のアイディアをもとにしたカシュクールワンピースは、クロスしていたストラップの位置を変えるだけで、ジャンプスーツへと変身。エレガントに決めたいとき、もしくはクールに過ごしたい日。あらゆることに全力な、現代の女性たちのわがままを簡単に叶えてくれる一着だ。

メンズアイテムも

この“中綴じ”のテクニックを、ファスナーで表現したメンズ用のニットも登場。ジップアップパーカー、もしくはプルオーバーパーカーとして着用することができる。

元記事で読む