1. トップ
  2. ダイエット
  3. 「彼氏にくびれをほめられた」自宅ダイエット経験者が語る、おすすめの方法6選

「彼氏にくびれをほめられた」自宅ダイエット経験者が語る、おすすめの方法6選

  • 2020.5.24
  • 30584 views

最近、運動不足で、このままだと太るかも!そんな危機感を抱いている人は少なくないでしょう。彼や好きな人に会ったときに「あれ、なんか変わった?」「きれいになったね」と言われるためにも理想の体型を目指して、ちょっと頑張ってみませんか?

今回は「これで彼氏にほめられた!」というダイエット体験談を集めました。自宅で手軽にできるものばかりなので、運動不足解消の参考にしてみてくださいね。

■専用アイテムを使ったエクササイズ

まずは、いろいろな道具を使ったダイエットのエピソードを見てみましょう。

◎ボクシングゲームでボディを引き締め

「激しい運動がしたくて、自宅でボクシングができるゲームソフトを購入。思った以上に楽しいし、30分もすれば汗だくになります。2週間くらい毎日続けてたら、体が結構しぼれてきて、彼氏からも『ウエストが細くなった?』とうれしい言葉が」(29歳/営業)

真面目に続ければ、かなりのダイエットになると噂のボクシングゲーム。いい運動になるだけでなく、「面白いからついハマってしまう」という人も少なくないみたいですよ。彼と一緒に挑戦するのもよさそう。

◎バランスボールをイス代わりに

「在宅ワーク用にバランスボールを購入。仕事をするときにイス代わりに使用すると、自然と体幹が鍛えられるんです。1ヶ月ほど使ってたら、効果があったのか、ある日、同棲中の彼に『なんかくびれがセクシーだね』と言われました」(28歳/営業)

会社でバランスボールを使うのは難しい場合もありますが、自宅で仕事をするときは問題ないでしょう。気長に続ければ、彼を虜にする魅力的なスタイルになれるかも?

■楽しくダンスエクササイズ

続いては、踊るタイプのダイエット体験談です。

◎彼が好きなアイドルの踊りを完コピ

「誕生日にサプライズしようと思って、彼が大好きなアイドルグループの曲の振りつけを、内緒で全部覚えたんです。結構激しいダンスだから、毎日練習してるだけでいいダイエットになったみたいで、ダンスのプレゼントより、三段腹が改善したことを喜ばれました」(26歳/販売)

「この曲を踊れるようになる」という明確な目標があると、運動も自然と長続きするのかもしれませんね。人前で披露するのはちょっと恥ずかしいという人も、試しに挑戦してみては?仮に、体型はあまり変わらなかったとしても、彼のために練習したこと自体を喜んでもらえるはず。

◎昔買ったダンスDVDを見ながら

「運動不足解消にと思って、昔買ったコアリズムのDVDを引っ張り出してきて踊っています。彼にそのことを話したら『そういえば、ちょっと引き締まった?』と反応が」(32歳/事務)

最近はコアリズムやカーヴィーダンス、TRFのダンササイズなど、以前流行ったエクササイズに再挑戦している人も多いみたい。楽しみながらできるから、ストレス発散にもなりそうですね。

■ネットを使った簡単エクササイズ

ネットを利用して、手軽にできるエクササイズも人気のようです。

◎ストレッチ動画を見てエクササイズ

「好きなアスリートがストレッチの動画を配信してるので、それに合わせて毎日運動してたら、心なしか引き締まりました。3ヵ月くらい続けてたら、彼氏や友だちに『痩せた?』と言われるように」(30歳/美容師)

憧れのスポーツ選手の動画に合わせることで、「一緒に頑張ってる!」という気分になれるのだとか。特に好きな選手がいない人は、いっそ彼と一緒にエクササイズに挑戦してみるのもいいでしょう。

◎オンラインでピラティスレッスン

「週に1~2回ですが、ネットを通じてピラティスのレッスンを受けています。ダイエットの即効性はないかもしれないけど、彼にその話をしたら『ちゃんと運動してて偉いね』ってほめられました」(29歳/歯科衛生士)

オンラインのレッスンだと「誰かの目」があるから、最後まで怠けずに続けられるのがポイントなのだとか。ヨガやベリーダンスなど、気になっていたものに、思い切って挑戦してみるのもよさそうですね。

■魅惑のボディで彼をますます虜に

運動不足でたるんでしまった体では、自分に自信を持てないという人も多いでしょう。「なんか太った?」と彼にガッカリされる前に、自宅で手軽にできるダイエットを試し、魅力的な体型を目指してみませんか?

気持ちもきっと前向きになり、周囲からも「きれいになったね」と言われるはずですよ。

ライタープロフィール
ajusaku
夫の転勤で各地を転々としている、千葉県在住のぎりぎりアラサーライター。 妄想力は人一倍、行動力はナマケモノ以下。 「あの時こうしておけば良かった!」という数々の後悔や苦い経験をもとに、今だから伝えられることをツラツラと綴っています。

元記事で読む