1. トップ
  2. スキンケア
  3. 実力派プチプラ化粧水も! 美容のプロが選ぶ“ニキビケアの救世主”

実力派プチプラ化粧水も! 美容のプロが選ぶ“ニキビケアの救世主”

  • 2020.5.23
  • 4837 views
明色「美顔水 薬用化粧水」(800円) 写真=星ゆうこ width=
明色「美顔水 薬用化粧水」(800円) 写真=星ゆうこ

このところ、買い物などを含めて、マスクを長時間つけていることが多くなって、ニキビや吹き出物といったお悩みが増えているご様子。そんな時の救世主となる「ニキビケア」用のスキンケアアイテムをご紹介します。(文・写真=星ゆうこ)

■大人のニキビケアには「アクネスラボ」


女性ホルモンに着目した大人のニキビケアとして誕生したのが「アクネスラボ」。気になる部分を集中的にケアするのが「薬用 スポッツクリーム」です。ニキビに溜まってしまった、余分な皮脂をクリームが吸着。薬用成分と和漢植物がニキビ部分にアプローチし、肌のバリア機能に働きかけ、ニキビがひどくならないようにサポートしてくれます。

■130年以上愛される実力派化粧水


130年以上前から、ニキビケアとして愛され続けるロングセラー化粧水が「明色」の「美顔水 薬用化粧水」。サリチル酸のソフトピーリング作用と、ホモスルファミンという有効成分がアクネ菌を増やさない処方のため、使い続けることでニキビができににくくなる肌へと導いてくれます。また余分に出てしまう皮脂をも抑えてくれるので、テカリ防止にも。

■「ニキビができてきてる」と感じたら…


ニキビができる時、赤みがあって肌が盛り上がってきた! というのがわかる時がありますよね。そんな時は「ノヴ」の「AC アクティブ スポッツクリーム」を。気になる部分にピタッと密着するクリームで、その部分にしっかりと留まってくれるのが魅力のひとつ。BHA、グリチルリチン酸2K、AHAといった3つの有効成分が、マイルドピーリング作用で、健やかな肌へとサポートしてくれます。

■改めておさらいしたい「ニキビケアの基本」


・顔をキレイに洗ってから使う
・スキンケアをする手や指をキレイにしてからつける
・ニキビを触らない

これらはとても基本的なことですが、いま一度見直して観ましょう。

スキンケアは1つ買えば、そのままオールシーズン使っている人も多いようですが、スキンケアこそ肌の状態に合わせて変えてあげる方がGood。ニキビができてしまった時や、できやすい時にはニキビケアのアイテムを使ってあげましょう。

そして原因が何なのか? を考え、それを排除できるように工夫することも必要です。またニキビの場合は跡が残ってしまうことも考えられますから、ニキビが治ってから美白化粧品を取り入れてみるのもひとつです。このように、その時の肌にあったスキンケアを意識してみましょう!

元記事で読む