1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【型紙無し】簡単に作れる子供用エプロンの作り方

【型紙無し】簡単に作れる子供用エプロンの作り方

  • 2020.5.23
  • 85026 views

型紙が無くても簡単に作れる子供用エプロンの作り方を紹介します。使用するものは、正方形にカットした生地・スナップボタン・平ゴム。スナップボタンと平ゴムは100均のものでOKなのでお手軽です。手順がシンプルなので、あまり手芸が得意で無い方にもおすすめです。

型紙なしで簡単に作れる!子供用エプロンの作り方

今日は、型紙が無くても簡単に作れる子供用エプロンの作り方を紹介します。

使用するものは、正方形にカットした生地、スナップボタン、平ゴムです。
生地は余っている布や100均で売られている大判のスカーフなどでOK。スナップボタン、平ゴムも100均で購入できます。

ちなみに今回、60センチ×60センチにカットした布を使用しましたが、身長100センチくらいの子供に着せると少し大きめに仕上がったので、布を選ぶときの参考してください。

子供用エプロンの材料・道具

<材料>

布もしくは大判のスカーフやハンカチ 60センチ×60センチ
スナップボタン 1セット
平ゴム 2.5センチ幅のもの


私は、生地は手持ちの余っていた布、スナップボタンは手芸店、平ゴムはセリアで購入したものを使用しました。
平ゴムはエプロンの首部分に使用するので、布の重さに耐えられるもの、着け心地が良いものを選ぶのがいいと思います。

<道具>

ハサミ
ものさし
アイロン
アイロン台
ミシン(手縫いでも大丈夫です)

1.布を処理する

布を正方形にカットして使用する場合は、端にアイロンをかけて縫っておいてください。
すでに処理されているものはそのままで大丈夫です。(ミシンが無い方は処理されている布がいいと思います)

2.平ゴムをカット

平ゴムをカットします。これが首にかかるので、使用するお子さんの首周りサイズに合わせてカットしてください。ここでは45センチ程度でカットしています。

3.首まわりを作る

生地を裏返し、正方形の布の角を半分に折り、ものさしで測って7センチのところで折ります。

上のような状態にしてください。

上のように、平ゴムが通る幅を作って先端を折り込み、折ったラインを縫います。

カットしておいた平ゴムを穴に通し、平ゴムの両端を縫い付けます。

4.スナップボタンをつける

スナップボタンは、3つのパーツで構成されています。(上段2つは同じパーツです)
布に穴を開けてパーツで布を挟めば取付けられます。

作った首周りの平ゴムを首にかけ、子供に着用してもらいます。
スナップボタンをつける位置を確認し、印をつけます。

印をつけた部分を、スナップボタンの取り付けサイズを目安に小さくカットします。
スナップボタンが通ればよいので、裁ちばさみで小さな切込みを入れるだけでもOK。

この程度で大丈夫です。

スナップボタンで布を挟み、カチッと止めれば取り付け完了。

同じように3つ目のパーツも反対側の布に取り付けます。

6.子供用エプロンの完成!

エプロンの裾丈が長い場合は、もうひと手間かかりますが裾を縫って長さの調節をしてみてください。
首元のたるみが気になる場合は、平ゴムを布に縫い付けることで解消できます。

わが子はロング丈のスカートに夢中なので、しばらくこのまま使用しようと思います。
とても簡単に作れるので、是非試してみてください。

元記事で読む