1. トップ
  2. メイク
  3. 会議でも飲み会でもキレイ!「オンライン向け」メイクや洋服のコツ3つ

会議でも飲み会でもキレイ!「オンライン向け」メイクや洋服のコツ3つ

  • 2020.5.23
  • 7967 views

おはようございます。エステティシャン・美容家の永松 麻美です。皆さんにおすすめしたい朝美容コスメやテクニックを、毎週土曜日にお届けしています。

今朝は、今すぐ使える!オンライン会議や、人気のzoom飲み会で顔色が明るく美しく見える、オンライン向けメイク&ファッションのコツをお伝えします。

【1】「明るめの服」でレフ板効果!

パソコンやスマートフォンのカメラを使ったオンライン会議では、どうしても顔が暗めに写って影が出てしまうため、シワやたるみなどのアラが目立ちがちです。

顔周りを明るく見せるためには、トップスは白やベージュなど、明るめの色がおすすめ!中でもイチオシは、白。「レフ板効果」でお顔が明るく見え、シワやたるみなどを光で反射し、目立ちにくくしてくれます。

【2】カメラの真後ろに「光」をおいてメイク効果!

顔を明るく見せるための方法として、パソコンについている「カメラの真後ろ」に照明の光を配置することも有効です。「光」が顔を照らして血色よく見せてくれて、まるでメイクをしているような効果があります。

さらにこだわるなら、輪っか状になっている証明器具「リングライト」がおすすめ。目の中に丸く光を映し出し、若々しく、可愛く見せてくれます。

手軽に移動できる照明器具がない場合は、なるべく明るい部屋や明るい場所を選びましょう。また、カメラの位置は目線の高さか、目線よりも少し上だと小顔・可愛く見えます。逆にカメラを覗き込むような角度だと、圧迫感、威圧感、たるみなどの影が目立つ…など、デメリットが多いので、光の位置にはには気をつけましょう。

【3】「リップ」「チーク」は少し華やかに

画質が悪くて暗く見えがちな画面越しのオンライン会議や飲み会では、普段のオフィスメイクよりも華やかな色を使っても問題なし!むしろ少し派手かな?くらいの方が血色が良く顔色が明るく見えます。

メイクをちゃんとせずに手抜きをするときも、リップだけでも華やかにしてみると、ぐっと顔色が明るく、若々しくなりますよ。

リモートワークの人も、そうでない人も、これからますますオンライン会議や飲み会の機会が増えてくるはず。簡単なコツばかりなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

☆この連載は【毎週土曜日】に更新します。次回もどうぞお楽しみに!

元記事で読む