1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ちょっぴり元気のない子をあえて選んだワケは...

ちょっぴり元気のない子をあえて選んだワケは...

  • 2020.5.23
  • 17646 views

ステイホームが続く中、時間が経てば経つほど気持ちに変化がでてきています。
感じてはじめていたのがいつまで続くのかわからないこの状況での不安やストレスなど、どんよりとした気持ち。

そんな中散歩していた先で立ち寄った造園芸店。

明るいお花がたくさんある中でひときわ気になった子が、少し枯れて元気のないポトスでした。
自分の今の気持ちと重なるような感じがしてしまい、この子を元気に戻せたらきっと自分も明るく前向きになれるはず、と思ってしまい思わず購入し我が家へ迎え入れ育てることにしました。

■このなんとも言えない鉢にも魅了され

ポトスだけではなく、なんだかこの懐かしさを感じる鉢にも魅了されたのが決め手の1つ

■店員さんからのご厚意で

枯れているけどいいの?と店員さんから確認されましたが、あえてこの子を選んで元気にさせたいんです。素人ですが(笑)と伝えたところ
そういう育て方してくれるんだねと。とはいえ枯れているのは事実。ご厚意でお値引きしていただき400円で購入させていただきました。

■まずは鉢をきれいに洗ってあげて

汚れが目立っていた鉢だったので、まずはピカピカにお掃除。
きもちいいでしょ?なんて声をかけながら洗ってしまいました。

■弱っている部分を思い切ってカットして

ごめんね...と思いながらも、弱っていたり枯れている部分は思い切ってカット

■なんだか元気になった気がするんです

お手入れ前の写真とお手入れ後の写真。
お水をあげたらなんだか葉がいきいきしてきたように思えます。
この姿を見ただけで自分もほっこりしながら元気に

■伸びていた部分は水栽培で根付中

鉢の中に元気になったポトスでいっぱいにしてあげたくて、
伸びていたポトスの一部をカットして水栽培をはじめました。
根が付いたら鉢に戻してまた育てて上げたいと思っています

■ コツ・ポイント

枯らすのが専門でお花や植物などとは比較的無縁の生活をしていた私ですが、この状況下をきっかけに
始めた小さなこと。元気でいきいきとしたものを選ぶだけでなく、視点を変えてあえてちょっぴり元気のない子や鉢で選んだりするのも新鮮なのでは...?と勝手に思っている私(笑)
この子が元気になったら自分もきっと明るい気持ちになれるはず。そして、この状況下でいっしょに頑張って乗り越えられたんだとどこかで自信に繋がるのではないかと思っています。

暮らしニスタ/junkaさん

元記事で読む