1. トップ
  2. ファッション
  3. それ、古くない?今年の夏デニムは「色選び」がポイント【注目色3選】

それ、古くない?今年の夏デニムは「色選び」がポイント【注目色3選】

  • 2020.5.23
  • 12314 views

穿いているデニムは、だいたい同じ色味ばかり…なんて、一択のひとはいませんか?今年のデニムスタイルは『色選び』が決め手。様々な色味があるからこそ、新しいデザインとカラーでオシャレの幅を広げるのが、今っぽいアラサー女子の着こなしなんです。

「水色デニム」が今っぽいラフさを演出

七分袖T× 水色デニムの軽快さが トレンド感を高めてくれる

Tシャツ¥17,000(スリードッツ/スリードッツ青山店)デニムパンツ¥21,800(サージ/ショールームセッション)ベルト¥22,000 (アンダーソンズ/ビームスハウス丸の内)サングラス¥36,000(アイヴァン/アイヴァンPR)バッグ¥15,500パンプス¥19,000(ともにシップス有楽町店)スカーフ¥12,000(マニプリ/フラッパーズ)イヤリング¥11,000(ドミニクドゥネーヴビジュー/エリオポール代官山)時計¥10,900(クルース/ズーマ)ブレスレット¥8,000(フィリップオーディベール/メゾンイエナ)

淡いトーンでまとめればちょっと小粋なフレンチシックに
〝デニム=インディゴスキニー〟一択のひとは薄色に挑戦するのが手。スキニー気分で穿ける細身テーパードを選べば今っぽいゆったり感も出ます。今どきのゆるっとしたTシャツが苦手な人も袖が長めを選べば、コンパクトでも今っぽい雰囲気に。

「グレーデニム」でカジュアルを底上げ

旬な色味のノースリTシャツと グレーデニムは甘口派の味方です

Tシャツ¥8,000 (ebure)デニムパンツ¥23,000 (ヤヌーク/カイタックインターナショナル)バッグ¥194,000サンダル¥87,000 (ともにJIMMYCHOO)ネックレス¥2,840 (JUICYROCK)バングル¥39,000 (ファリス/エストネーション)

はっと目を引く華やかさが出るから自信を持って着られる
普通のTシャツ&デニムだと間が持たない気がしてしまう甘口派の救世主が黒スキニー気分でこなれるグレーデニム。ノースリーブなら女っぽさがアップするし、テーパードデニムともバランスがよく、スッキリしたⅠラインに見せられます。足元はデニムに繋げつつ抜け感が出る黒サンダルがベスト。

「白デニム」を2020年流の着こなしに

黒Tシャツと白デニムも素材とニュアンスの見直しでシンプルが見違えます

Tシャツ¥8,800(スローン)デニムパンツ¥19,000 (レッドカード/ゲストリスト)ベレー帽¥5,200 (CA4LA/CA4LAショールーム)バッグ¥85,000(J& Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)パンプス¥54,000(ペリーコ/アマン)ピアス¥20,000(イリスフォーセブン/DESPRÉS)バングル¥18,100(フィリップオーディベール/シップス有楽町店)

シンプルなモノトーンは色と素材を押さえてしっかり今年顔
クリーンで女らしいカジュアルがトレンドの今、上下のコントラストが強いモノトーンはエクリュデニムとなじむベージュのパンプスを。モチーフ付きでさりげなくアクセントを添えるのがちょうどいいんです。

撮影/中田陽子(MAETTICO) モデル/鹿沼憂妃 ヘアメーク/秋山瞳(PEACEMONKEY) スタイリング/大島愛 取材/佐藤かな子

元記事で読む