1. トップ
  2. ダイエット
  3. たった5分から始める自分と向き合う5つの方法

たった5分から始める自分と向き合う5つの方法

  • 2020.5.22
  • 7890 views

自分と向き合うって?

「今の自分と向き合ってみましょう!」ヨガをしているとよく耳にするフレーズですよね?何となく聞いているけれど、実はどういうことなのかよくわからない…。そんな人も少なくないのでは?いろいろな捉え方もありますが、簡単に言えば、自分と向き合うとは、自分を知ること。等身大のありのままの自分を知ることです。

自分を知るって?

自分と向き合ってみると「あの時、こうしていれば・・・」「なんで、○○できなかったんだろう」そんなネガティブな感情が浮かんでくることもあるでしょう。でも、自分を知るとは、自分にダメ出しをすることではありません。反省でも後悔でもありません。苦手なことも、うまくいかなかったことも、ジャッジせずに、客観的に受け止めてあげることです。今の自分が何を感じ、どのような思いがあるのか、少しずつ知っていくこと。そこから自分の性質、価値を知り、やがて自分の本質に近づいていくことができるようになります。

どうやって自分と向き合う?

構えることなく、日常の中でできるやり方で自分と向き合ってみましょう。時間もかける必要なし!まずは、たった5分でいいから、できることをやってみて。日々繰り返していくことで変化や成長が実感できるはずです。

1.書く

一番一般的なことは書くこと。1日の中で起きたこと、その時思ったことをただ書き出すだけ。うれしいこと、嫌だったこと、なんでもいいので、頭に浮かんだことをそのまま書きます。そして読み返してみるだけ。文字を目にすることでより客観的に自分を見ることができるようになります。

2.話す

書くことが苦手、または、ひとりでは煮詰まる…そう思うなら、誰かに話してみませんか?直接会わなくても、チャットでもなんでもあり!流行りのオンラインシステムを使うのもいいでしょう。だれかに伝えるという行為を通して、自分を客観的に見ることができるだけでなく、対話のなかからの気づきも!

3.読む

書くのも、話すのも、あまり気が乗らない時もあるでしょう。それなら、本を読みながら自分と向き合ってみませんか?ジャンルは問わず、小説やエッセイ、絵本のようなものでも、軽く読めるものでOK!本の中の何気ないフレーズや、主人公のセリフが気づきのスイッチとなり、自分と向き合うことができますよ。実際に自分の人生を変えた1冊がある!そんな人も少なくないのです。

4.歩く

じっとしているのが苦手なら、散歩しながら向き合うのはいかが?いわゆる歩く瞑想のようなもの。体と心、思考は連動しているもの。歩くというシンプルな行為で頭の中がクリアに!集中力が高まり、冷静に自分と向き合うことができるようになります。何かひらめいたり、本当の自分の気持ちが自然に現れたり、面白い気づきになるかもしれません。

5.寝る

ヨガのポーズ、シャヴァーサナを思い出してみましょう。クラスの最後の定番ポーズですが、単なるお休みのポーズではありません。体をスキャンし、内観するポーズです。体はリラックスしているけれど、意識は鮮明になっている、それがシャヴァーサナの奥深いところでもあります。自分と向き合う方法として取り入れてみてはどうでしょうか?リラックスできるところで、ゆっくり横になってみましょう。体の動きがないことで、動いている時には気づけなかった感情と出会うこともあります。本当の自分は何なのか、どんな自分でありたいのか、リラックスと共に自分と向き合ってみるのもいいのでは?

自分のやり方を見つけよう!

今回は自分と向き合う5つの方法を取り上げてみましたが、他にもいろいろな方法があります。どんな方法でも間違いはありません。なんでもいいOK!いろいろ試しながら自分だけのやり方を見つけていきましょう。その過程で自然に自分と向き合えている、そんなこともあるかもしれません。朝でも昼でも、仕事の合間でも、もちろん寝る前でも!まずは5分から初めてみませんか?新たな自分を発見するのもまた、楽しいものですよ!

ライター/須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心に活動中。スタジオだけでなく、オフィス出張、屋外など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと共にアロマの学びを深め、ヨガとアロマのある暮らしを提案する。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト/Instagram:@reiyoga.reikosudo

元記事で読む