1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 渋谷駅まで1本で。東急東横線沿線、SOHOにも使える世田谷区のメゾネット物件まとめ

渋谷駅まで1本で。東急東横線沿線、SOHOにも使える世田谷区のメゾネット物件まとめ

  • 2020.5.22
  • 1946 views

メゾネット物件は、仕事をするリビングスペースと、リラックスするための寝室スペースをしっかり分けられることが魅力の間取り。これからオフィスを借りずに在宅で仕事をすることが増える方にとって、おすすめです。

【尾山台】コンクリ打ちっぱなしと天井のアーチが落ち着きそう(1LDK/49.43㎡/179,000円)

尾山台駅から徒歩4分。キッチンは1階、寝室が2階。仕事をするときは換気が大事だとどこかで聞いたので、この大きな窓は魅力的。どちらのスペースを仕事場にしようか迷います。

キッチンを背にすると右奥に見えるのが玄関。荷物の受け取りもスムーズだし、寝室で働くとすぐ寝てしまいそうだから、1階のこのスペースにダイニングテーブルを置いて、そのまま仕事場をここにしたらいいかな。

窓の外の雑音が聞こえているほうが、案外集中できたりするものですよね。天井がゆるいアーチ状になっているのもお気に入り。打ち合わせに来たお客さんに褒められたりして。

仕事も食事も終わったら、ようやく二階の寝室へ。趣味の読書はこっち、仕事の資料を読むのは下の階……とメリハリが付けられそうです。

【池尻大橋】ビデオ会議で家が映ってもいい。むしろ螺旋階段を見せたい(1LDK/52.07㎡/210,000円)

こんなにも雰囲気があるコンクリートと螺旋階段なので、自分がデザイン事務所か何かに出勤しているような錯覚を起こしそう。

螺旋階段の上のベッドルームで起きたら、まずは着替える。家で働く時でも、きちんと気分が上がるものを着たほうが作業効率が上がりそうだから。

螺旋階段を下って、はい、出勤。寝室下のフロアが仕事場。階段を下りる、という1ステップが加わるだけで、仕事モードに切り替わるような気がしますね。

キッチンは収納スペースもあまりなくコンパクトですが、簡単な食事くらいは作れそうです。少し凝った料理を食べたい時は、UberEatsに頼ってもいいですしね。

掲載家賃は管理費込みです。変更、満室になる可能性があります。

元記事で読む