1. トップ
  2. メイク
  3. 憧れの小顔は立体メイクでつくる!顔が小さく見えるファンデーションの塗り方

憧れの小顔は立体メイクでつくる!顔が小さく見えるファンデーションの塗り方

  • 2020.5.21
  • 9925 views

「平面に見える=のっぺり顔」はベタ塗りによって作られる!

「平面に見える=のっぺり顔」はベタ塗りによって作られる
出典:byBirth

ばっちりメイクをしたつもりでも、何となくメリハリがなくて、のっぺりと見えてしまうことはありませんか?

ファンデーションはムラなく塗ることが大切ですが、それは均一に塗るということではないのです。顔全体に均一にファンデーションを塗ってしまうと、平面的なのっぺり顔に見えてしまうのでNG。

顔全体が平面的に見えると、メリハリがないだけでなく、顔が大きく見えてしまうデメリットもあります。では、顔を小さく見せるにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、立体的に見せること。顔に陰影がついて立体的に見えれば、小顔に見える効果が期待できます

また、立体的に見せることで彫りが深く見えるため、憧れの外人メイクを実現することも可能です。

今回は、まさに一石二鳥の「小顔メイク」をファンデーションだけでつくるコツについてご紹介します。

立体的な小顔に見えるファンデーションの塗り方

小顔に見えるファンデーションの塗り方についてご紹介します。立体的な小顔メイクは、ファンデーションだけでもつくれるんです。

顔の際まで塗らない

顔の際まで塗らない
出典:byBirth

ファンデーションを顔の際まで塗ってしまうと、顔全体が白くなって膨張して見えてしまいます。すると、顔が大きく見えてしまうのです。

立体的な小顔に見せるには、顔の中心から外側に向かってファンデーションを薄めに塗っていくことがポイント。ファンデーションが少なくなってくると付け足したくなりますが、そこはグッと我慢して残ったファンデーションを伸ばすだけにしましょう。

顔の中心が濃いめになるように塗る

顔の際まで塗らないことはもちろん、ファンデーションは顔の中心が濃いめになるように塗りましょう。顔の中心に濃いめに塗り、顔の外側に向かって薄めになっていくと、遠近感が出て立体的な小顔に見える効果があります。

ファンデーションを二色使いにする

ファンデーションを二色使いにする
出典:byBirth

立体的な小顔に見せるには、ファンデーションを二色使いにすることがおすすめ。いつも使っているファンデーションよりも、濃いめのファンデーションを用意しましょう。

フェイスラインやこめかみ、頬骨より外側の部分などに濃いめのファンデーションを塗ることで「シェーディング」と同じような効果が期待できます。

頬骨など高い場所を中心に塗る

ファンデーションは、頬骨などの高い場所に濃いめに塗り、それ以外の場所には薄めに塗ることが小顔メイクのポイント。

高い場所にファンデーションを濃いめに塗ると、そこが白く見えてハイライトと同じような効果が期待できます。

ファンデーション別の小顔メイクのポイント

ファンデーションの塗り方で小顔に見せるメイクのコツについてご紹介しましたが、ファンデーションの種類によっても塗り方が多少異なります。どのファンデーションも、基本的には顔の中心から外側に向かって伸ばしていきますが、それぞれのファンデーション別の小顔メイクのポイントをご紹介します。

リキッドファンデーションはブラシで塗る

リキッドファンデーションはブラシで塗る
出典:byBirth

リキッドファンデーションを使う場合は、手の甲に適量をとり、ブラシにつけて顔の中心から外側に向かって伸ばしていきます。指の腹でポンポンと乗せていっても良いですが、ブラシで塗ったほうがムラになりにくく、キレイな仕上がりになります。

クリームファンデーションは5点置きにして伸ばす

クリームファンデーションを使う場合は、顔の高く見せたい部分に5点置きしてから伸ばしていきます。5点の場所は、額の中央・目の下の頬骨(両側)・鼻の尾根・顎の先端です。

クリームファンデーションは伸びが良いので、量を多くしすぎると顔全体に均一に塗ってしまう恐れがあります。適量は、「パール1粒大」を目安に顔全体に伸ばしていきましょう。

パウダーファンデーションはパフの1/2~1/3につける

パウダーファンデーションを使う場合は、パフ全体につけるのではなく、パフの1/2~1/3の部分につけて伸ばしていきましょう。顔の外側や細かい部分を塗るときは、ファンデーションがついていない部分を使ってファンデーションを伸ばしていきます。

ハイライトとシェーディングで陰影をつける

自然な小顔メイクはファンデーションだけでOKですが、より陰影をつけて立体的に見せたいなら、ハイライトとシェーディングに助けてもらいましょう。

額の中心と頬の内側にハイライトを入れる

額の中心にハイライトを入れることで、その部分が高く見えて立体的な小顔をつくることができます。また、頬の内側にもハイライトを入れることで、顔の際の部分との高低差を感じるようになり陰影がつきます。

髪の生え際とフェイスラインにシェーディング

髪の生え際とフェイスラインにシェーディング
出典:byBirth

シェーディングは、顔の削りたい場所を中心に入れるのが基本です。たとえば、「髪の生え際」と「フェイスライン」は削りたい場所ですよね。この部分にシェーディングを塗れば、小顔に見えます。

そのため、シェーディングはフェイスラインのエラのあたりと、前髪の生え際の両サイドあたりに塗るのが妥当です。

Tゾーンは明るめに

額から鼻筋にかけての「Tゾーン」は、ハイライトを塗って明るく見えるようにしましょう。Tゾーンが明るくなって、「鼻の横」や「目頭のあたり」が暗めになれば、彫りが深く見えて立体的な小顔に見えます。

小顔に見えるファンデーションの塗り方をマスターしよう!

小顔に見えるファンデーションの塗り方についてご紹介しました。ファンデーションをベタ塗りすると平面的な顔に見えてしまうので、陰影をつけて立体的に見せることで小顔に見える効果があります。

また、彫りの深い外人みたいなメイクも自由自在に。ファンデーションだけでなく、ハイライトとシェーディングも駆使した小顔メイクをマスターしましょう。

元記事で読む