1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 居心地の良いキッチンと暮らしたい。名古屋・キッチンが主役のお部屋まとめ

居心地の良いキッチンと暮らしたい。名古屋・キッチンが主役のお部屋まとめ

  • 2020.5.20
  • 32969 views

このキッチンがわたしの居場所(ワンルーム/25.02㎡/6.2万円)

まるでどこか外国に迷い込んだかのような素敵な外観。女性限定・ワンルームのお部屋です。リビングは8.6畳あります。真ん中に見える小さな小窓の中は……。

そう、赤いキッチンがありました。IHの2口コンロで、もちろん対面式。リビングを覗けるので、ホームパーティーのときなどもいいですね。

こちらのお部屋は階段を上がると6畳のロフトもついています。吹き抜けになっているのでリビングの天井が高くて気持ちがいいですね。シーリングファンもついていますよ。

ロフトの奥には広いクローゼットも。寝る前の読書のお供になる本や、衣替え前の洋服などをしまっておくと良さそうです。

長い長い、カウンター(ワンルーム/43.2㎡/8.5万)

先ほどのお部屋とは打って変わって、白黒を基調としたシンプルな色合いのお部屋。2面採光になっていて、昼間は明るいお部屋なんですよ。

おすすめは、このながーいカウンターがついたキッチン。奥で料理をしたものを、このカウンターで食べるのもいいですよね。

反対側から見るとこんな感じ。インテリア次第で、キッチンもお部屋もかなりかっこよくできそうです。

6階なので、眺望も開けています。ゆっくり珈琲を飲んだりなんかして。のんびり、自分らしい暮らしを楽しみましょう。

会話が生まれるキッチン(1LDK/46.95㎡/9.9万円)

明るい光が差し込むリビング。そこにはカウンターキッチン。「今日の朝ごはん、何にする?」「今日はこんなことがあったよ」、なんて自然と会話が生まれそうなキッチンです。

明るさの秘密はここ。一面ガラス張りのサンルームから、キラキラとした光が入り込んでいるんです。奥に見える緑は専用庭。お気に入りのハーブなんか育ててもいいですよ。

リビングの先の段差を越えたら、ここが寝室。5畳ですが、ダブルベッドをちょうど置けるくらいの広さです。あまり荷物は持ち込まず、心からリラックスできるスペースを作ってください。

コンクリート造の壁ですが、なんだか温かみを感じる。こんなお部屋、いかがでしょう。

セパレートキッチンで、家族の帰りを待つ(2LDK/61.08㎡/10万円)

縦に長い、2LDKのお部屋。たっぷりと荷物がしまえる壁一面の収納スペースのある洋室が2部屋。さらに両側にバルコニーが2つあるという、ちょっと変わった間取りのお部屋です。

さてさてキッチンは、シンクとコンロが2つに分かれているセパレートタイプ。どちらも収納スペースが豊富です。

まずコンロ側。3口ガスコンロで、作業スペースも十分な広さがありますね。お料理しやすそう!

そしてシンク側。シンクの広さも十分!さらにコンセントもついているので、食洗器も置けそうです。家族みんなの使った食器は、そこに放り込んで家事の時短といきましょう。

ダイニングテーブルをキッチンの前に置いて。みんなが集まる場所があるおうちって、なんだかいいですね。

※掲載家賃は管理費込みです。変更、満室になる可能性があります。

元記事で読む