1. トップ
  2. ヘア
  3. ハチの膨らみをスカーフでカバー!|ポニーテールがグッと華やぐスカーフアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 113】

ハチの膨らみをスカーフでカバー!|ポニーテールがグッと華やぐスカーフアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 113】

  • 2020.5.20
  • 839 views

ハチが張っていて髪が膨らみやすいというTomokoさん。
「髪をぎゅっと押さえてひとつに結ぶと膨らみは抑えられますが、ちょっぴり寂しい印象に。そんな時にお役立ちなのがスカーフ。テクニックいらずでカンタンに華やぎスタイルが作れます!」とのこと。
ハチ張りをカバーしながらこなれたポニーテールになるスカーフスタイルを教えてもらいました。

今月の賢人File

ヘアサロンchobbi アシスタントスタイリスト Tomokoさん

名前:Tomoko(ともこ)

年齢:23歳

髪質:太くてしっかりとした髪質で、量も多い。

髪の長さ:鎖骨下のセミロング。前髪は眉下の長さ。

ヘアカラー:ナシ

パーマ:前髪のみ、細かいパーマがかかっている。

髪コンプレックス:毛量が多く、ハチが張っている。

賢者プロフィール:銀座にあるヘアサロン『chobbi』のアシスタントスタイリスト。今年中にスタイリストとしてデビューを目ざしている。コンプレックスを解消しながら個性を生かしたカットを勉強中。

ハチ張りを押さえてこなれた印象を与えるスカーフスタイルHow to

【STEP1】バームを撫でつけて膨らみを押さえる

「手のひらにバームを広げ、髪の膨らみを押さえ込むように撫でつけていきます。トップとサイドの表面になじませたら、前髪をくしゃっと握りながらバームをつけて、ウェーブ感を出しておきます」

使うバームはコレ!

「髪をしっとりと落ち着かせて、1日中膨らみにくくしてくれます。ハンドクリームとしても使えるナチュラルな成分でできているから、頭皮についても安心」リッカ リレイ トリートメントバーム 40g ¥2,500

【STEP2】低めの位置でポニーテールに

「髪をひとつにまとめて、ヘアゴムでポニーテールにします。結ぶ位置は、襟足近くに低め。後でスカーフを結んだ時にフィット感がいい位置です」

【STEP3】トップの髪を覆う幅のスカーフをつけていく

「正方形のスカーフをトップ全体が隠れる幅に折ってから頭にのせます。スカーフの幅を太めにすることで、ハチの膨らみがしっかり押さえられます」

「スカーフをトップからポニーテールにしたヘアゴムの下に持っていき、ヘアゴムを隠すようにひとつ結びします」

【完成】

トップの髪をすべてスカーフで押さえているから、膨らみが気にならない!
パーマのウェーブを生かした前髪は、スカーフで押さえたスタイルに軽さをプラス。

後ろから見ると…

スカーフはひとつ結びにすることで、ポニーテールの髪となじんで華やかな雰囲気に。

構成/越後有希子

元記事で読む