1. トップ
  2. 窪田正孝の“納豆攻撃”にツッコミ続々「絶妙に腹立つわ~(笑)」「納豆の量ハンパない」<エール>

窪田正孝の“納豆攻撃”にツッコミ続々「絶妙に腹立つわ~(笑)」「納豆の量ハンパない」<エール>

  • 2020.5.19
  • 216 views
裕一(窪田正孝)の納豆ネバネバ攻撃!
「エール」第37回場面写真 (C)NHK

【写真を見る】険しい顔で譜面に向かう裕一(窪田正孝)。真剣な表情が色っぽい…!

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)で、生みの苦しみの真っ只中にある裕一(窪田)。心配する妻・音(二階堂)との夫婦ゲンカで飛び出した“お約束”アイテムに注目が集まった。

曲ができない!ついに夫婦喧嘩に発展

本作は、数々の名曲を生み出してきた作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く。

秘めた才能を発揮して作曲を始める古山裕一を窪田が、その妻として裕一を支える妻・音を二階堂が演じている。

5月19日放送の第37話は、田中(三浦貴大)ら早稲田大学応援部に依頼された応援歌「紺碧の空」の曲が書けず、裕一が生みの苦しみにのたうち回る展開だった。

契約するコロンブスレコードの仕事でもまったく結果が出せず追い詰められた裕一は、心配する音と大ゲンカ。翌日も翌々日も2人のケンカは続いたままで、自分の分だけごはんを作って食べる音をしり目に、裕一は大量の納豆をグリグリかき混ぜ「う~ん…あと100回だな」とこれ見よがしにつぶやいてみせたのだった。

音は納豆嫌い。第33回、裕一がカフェーに行ったことが原因で2人が大ゲンカしたときも、裕一はたくさんの納豆をかき混ぜ「あー、いい匂いだな。納豆。いい匂いだなぁ!うーん」「100回ネバネバしたらも~っとうまくなるんだよなぁ!」と“納豆攻撃”の嫌がらせを仕掛けていた。

裕一&音の夫婦ゲンカでは定番になりつつある納豆エピソードに、視聴者から「出た!裕一の納豆攻撃www」「裕一の納豆攻撃絶妙に腹立つわ~(笑)。音ちゃんガンバレ」の声や「納豆多すぎ(笑)」「裕一、ご飯に対して納豆の量がハンパない(笑)」とその量へのツッコミの声が上がっている。

「エール」第38回場面写真 (C)NHK
KADOKAWA

第8週(5月18日~22日)は「紺碧の空」を放送中。久志(山崎育三郎)の入れ知恵で、古山家に早稲田大学の応援部の団員たちが押しかけてくる。野球で慶応大学に勝つための新しい応援歌の作曲をしてほしいという依頼だった。引き受けたもののなかなか曲が書けずに行き詰まり、周りの人間にあれこれ言われていらだつ裕一。音は書き置きを残して豊橋に帰ってしまう。早慶戦の試合が迫る中、音は裕一が作曲するためのヒントを求めて団長・田中を訪ねる。(ザテレビジョン)

元記事で読む