1. トップ
  2. おでかけ
  3. これをモチベに頑張れる!自粛明け“久しぶりの女子旅”で行きたい旅先LIST

これをモチベに頑張れる!自粛明け“久しぶりの女子旅”で行きたい旅先LIST

  • 2020.5.19
  • 59964 views

先の長い外出自粛。いつも通り友達との旅行が立てられずに、モヤモヤしている人も多いのではないでしょうか。そこで、モチベーションアップのためにも、夏以降に行く旅行の計画を立ててみるのもいいかもしれません!今回は、そんな“久しぶりの女子旅”にピッタリな旅先をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

いつものメンバーで行くならここ!“映える”旅行先

1. 糸島

いつもの友達と久々の女子旅なら、定番の観光ではなくとことんフォトジェを追い求めてみるのはいかがでしょうか?まずご紹介する旅先は、福岡県の糸島です。こちらはまさに写真を取りたくなるような、映えるスポットが盛りだくさんのエリアなんですよ。

青い海に向かって漕ぐ「ヤシの木ブランコ」や、暑い季節にピッタリのジェラートがいただける「ロンドンバスカフェ」など、海外旅行に来たかのような雰囲気も味わえます。周辺にはカフェも多く、福岡市からのアクセスも良いので、福岡旅のプランに組み込んでみては?

詳細情報

糸島半島

2. 長崎

続いてオススメするのは長崎です。定番のハウステンボスや中華街なども写真映えしますが、実は変わったフォトジェスポットがあることをご存知でしょうか?例えば、島原市にある「大三東(おおみさき)駅」は、目の前に一面海が広がるユニークな駅。ホームにはためく黄色いハンカチも可愛らしいですよね。

また、諫早市の小長井周辺には、なんとフルーツの形をした「フルーツバス停」があるんです!イチゴやメロンなど、バス停になっている果物は全5種類とのこと。絵本の中に出てきそうな、キュートなデザインが乙女心をくすぐるはず。これをお目当てにバス旅をしてみてもいいですね。

詳細情報

大三東駅

小長井のフルーツバス停

3. 愛媛

続いてご紹介するのは愛媛。夏の時期にはやはり瀬戸内旅も捨てがたいですよね!そんな瀬戸内海の美しい海を堪能できる映えスポットと言えば、JR予讃線の「下灘(しもなだ)駅」です。松山駅から景色を見ながら1時間ほどでアクセスできます。日中はもちろん、夕暮れ時に訪れるとまた違った趣を楽しめます。

そして、女子旅だからこそ恋愛運アップのパワースポットも訪れたいところ。そこでオススメなのが、道後温泉にもほど近い「圓満寺(えんまんじ)」です。境内では、願い事を込めて結ばれたカラフルな「お結び玉」が目を引きます。良縁成就と写真映えを同時に叶えられる、贅沢なスポットです。

詳細情報

下灘駅

圓満寺

4. 山形

“映える”旅行先として最後にご紹介するのは山形です。山形といえば、タイムスリップ気分を味わえる銀山温泉の人気が高いですが、山形市の「七日町御殿堰(なのかまちごてんぜき)」も、昔ながらの街並みが楽しめるスポットなんです。雑貨屋さんやレストランもあるのが嬉しいポイント。

また、鶴岡市の「加茂水族館」もフォトジェを求めるならぜひ訪れたいスポット。特に、およそ1万匹ものミズクラゲが泳ぐ「クラゲドリームシアター」は必見です。カラフルなライトに照らされたクラゲたちに見入ってしまうはず。レトロから幻想的な“映え”まで揃った旅に、満足できること間違いなしですよ。

詳細情報

七日町御殿堰

加茂水族館

新しい友達と行く旅でも安心!定番旅行先

5. 金沢

新しい環境に身を置いて、新たな友達ができた人もいるのでは?仲をもっと深めるために、スポットが充実している定番の旅行先を一緒に巡るのも良いですよね。まずご紹介するのは石川県の金沢。「ひがし茶屋街」など、古き良き日本の街並みを散策できる定番観光地です。

そして、レトロだけではなく新しさを感じるスポットも楽しめるのが金沢の魅力です。アートギャラリー「HIMITO(ヒミト)」もその一つ。店内には綿毛の装飾が広がり、果物の皮を使ったユニークなランタンなども飾られています。可愛いもの好きや、アート好きの友達の好みにも刺さるはず。

詳細情報

ひがし茶屋街

HIMITO

6. 京都

続いてご紹介する旅行先は京都です。何度も訪れたことがある方も多いはず。そこで、せっかくの女子旅ならば“可愛いスポット縛り”で巡ってみるのはいかがでしょうか?まず押さえておきたいのが「河合神社」。自分の化粧道具でメイクを施して奉納する「鏡絵馬」で、美人祈願ができますよ。

また、「勝林寺(しょうりんじ)」では、色とりどりの季節の花で彩られた「花手水(はなちょうず)」を見ることができますよ。思わず写真に撮りたくなりますよね。こちらでは座禅や写経・写仏体験もできるので、ぜひ予約して体験してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

河合神社

勝林寺

7. 倉敷

続いてご紹介するのは岡山県の倉敷です。今も江戸の風情が残る「倉敷美観地区」は、緑が美しい夏の時期にこそ訪れたい旅行先。浴衣を着てお店を散策したり、小舟に乗って町を眺めたりと様々な楽しみ方ができます。夜間は地区全体がライトアップされ、幻想的な光景が広がります。

そして、倉敷でもう一つ訪れておきたいエリアが「児島ジーンズストリート」です。国産のジーンズ発祥の地として知られる倉敷市児島では、街中のいたるところにジーンズが!ジーンズ生地でできた雑貨を扱うお店も多いので、ちょっと変わったお土産を探してもいいですね。

詳細情報

倉敷美観地区

児島ジーンズストリート

8. 沖縄

定番観光先で最後にご紹介するのは、夏の旅行といえば真っ先に候補に挙がる沖縄です。アクティブに過ごしたいなら海で存分に遊ぶもよし、インドア派なら、近年続々と増えているオシャレなカフェやレストランをドライブがてら巡ってみても楽しめますよ。

女子旅に特にオススメなのが、北谷町にある「デポアイランド」です。お土産にもピッタリな雑貨店や、アメリカンな小物や服が好きな人には堪らない古着屋、レストランやカフェまでこのエリアに集結しているんです。年々エリアが拡大してお店も増えているので、何度訪れても新たな発見がありますよ。

詳細情報

あざまサンサンビーチ

デポアイランド

久々の女子旅、行き先は決まった?

久々の旅だからこそ、いつものメンバーとちょっと変わった旅行をしたり、新しい友達と仲を深める旅行を楽しんだりと、考えるだけでワクワクしますよね。自粛を乗り越えて、また素敵な旅に出かけられますように!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

元記事で読む