1. トップ
  2. レシピ
  3. 冷凍カボチャで包丁いらず! 「麺つゆでカボチャとツナの煮物」

冷凍カボチャで包丁いらず! 「麺つゆでカボチャとツナの煮物」

  • 2020.5.19
  • 9990 views

毎日頭を悩ませる献立作り。メインディッシュは決まったものの、あと一品何を作ろうかな…と頭を悩ませた時は「麺つゆでカボチャとツナの煮物」がオススメです。

今回ご紹介する「麺つゆでカボチャとツナの煮物」は、冷凍のカボチャとツナ缶を使うことで、包丁を使わずに作ることができる簡単時短のスピードレシピです。
味付けも、麺つゆと少しのみりんだけなので失敗することなく作ることができますよ。

野菜の中でも栄養価が高いかぼちゃは、カロテンやカリウム、ビタミンCをはじめ、血行促進を促し、冷えから体を守ってくれるビタミンEも豊富なので、日々意識して食べたい野菜の一つです。
栄養が不足しがちな忙しい時や、あと一品おかず欲しい時など、保存が効いて栄養価も高い、冷凍かぼちゃやツナ缶をストックしておくと便利です!

■麺つゆでカボチャとツナの煮物

調理時間 15分 1人分 223Kcal



<材料 2人分>
カボチャ(冷凍) 200g
ツナ(缶) 80g
麺つゆ(2倍濃縮) 大さじ1.5~2
みりん 大さじ1

<下準備>
・ツナはザルに上げ、油をきる。



<作り方>
1、鍋にカボチャ(冷凍のまま)、ツナ、麺つゆ、みりんを入れ、分量外の水をヒタヒタの量まで入れ、強火にかける。



2、汁気がなくなるまで強火で煮て、器に盛る。



材料を全部お鍋に入れて、後はコトコト煮込むだけの簡単レシピ。忙しい時やあと一品欲しい時に是非作って頂きたい簡単スピードレシピです!

(豊島早苗)

元記事で読む