1. トップ
  2. ファッション
  3. 元カレに会うなら全身○色!AneCan発「細かすぎるシーン別」ジャストコーデが面白い

元カレに会うなら全身○色!AneCan発「細かすぎるシーン別」ジャストコーデが面白い

  • 2015.4.21
  • 2111 views

単なるデートや女子会、会食に旅行ではなく、かなりニッチな細かすぎるシーンで「何を着ていこう?」と悩むこと、ありませんか?

たとえば、親友に急きょ呼び出された飲み会、好きなアーティストのライブ、元カレに会わざるを得ないとき……。

『AneCan』5月号にて、こんな細かすぎる&具体的なシチュエーションのコーディネートを提案! いくつかあるなかから、思わず「なるほど!」と思ってしまった4つのシチュエーションに絞って紹介します。こんな企画、なかなかないかも!?


■親友に急きょ呼び出された会で、遅れてやって来たメンズがまさかのタイプだったとき

気合いを入れていどんな合コンや飲み会なんかより、出会いの可能性って、案外予期せず訪れるものです。

とはいえ、男性いわく「恋愛対象になるかどうかは第一印象で決まる」というのが本音。つまり、出会いを求めるなら、普段から“パッと見の女子力が高い”色・素材・シルエットの服が正解みたいです♪

★淡いパステルのブラウスで大人かわいく

「華やかで女らしい」とメンズ受け◎な、ふんわりやわらかなパステルカラー。初対面の印象も2割増し!

★白のタイトスカートで美しい立ち居振る舞い

脚の動きが多少制限されるタイトスカートは、体の所作が自然と美しくなり、色っぽさも。丈は座ったときに短くなりすぎないのがベスト。

★7cmヒールを嫌いな男はいない!

ある程度の高さがあり、かつ履いていても男性より身長が高くならない、絶妙なヒール高さが7cm。これは覚えておくといいかも。


■旅先で取るのはセルフィー、景色は二の次

女友だちとの二人旅なら、特に、セルフィーが多くなるはず。限られたフレーム枠内で、「美白・小顔・おしゃれ」に見えるテクニックを駆使するのはマスト!

★太陽光を反射する白トップスをレフ板に

反射した光が顔を照らしてくれるので、白のトップスは顔映りがパッと明るくなります。ただし、白一色だと味気ないので、遊び心の効いた素材を選びましょう。

★首詰まりネックなら斜め45度の角度でも胸チラなし

セルフィーのお決まり角度“斜め45度上”からの撮影は、自然な上目づかいで、あごのラインもすっきり見えるベストアングル。うっかり胸元が見えないよう、旬の首詰まりネックで回避を!

★ミーハー柄をまとってSNSでおしゃれアピールも

白以外にも、SNSに写真をアップすることを考えた場合、パッと見で「この子おしゃれ」の印象を与えてくれる、ボダニカルなどなど旬の柄トップスもおすすめです。

 

■“元カレ”に会う……いまはもう新しい彼がいるから。あなたはいい想い出」の場合

こんなシチュエーションはめったにないかもしれませんが、もし元カレに会わざるえを得ない状況がきた場合、そしてもう恋愛感情がないというなら、変に誤解されないよう「決別の白」に身を包んで挑んでみては?

★未練なんてない!と潔い“オールホワイト”で

ふたりの清算された関係性を、まっさらな白に託しましょう。「今の私は、もうあなた色に染まりません」という意味を込めて!

★パンツを品よく着こなし“イイ女”アピール

かつてデートで着ていたスカートやワンピースは封印! 「キレイなお姉さんスタイル」で、彼の心を揺さぶってみては!?

★Iラインの視覚効果で「昔よりキレイ?」

シュッとしたIラインシルエットには、ボディをスリムに見せる効果あり。過去の自分よりもグレードアップして見せたいのは、女の強がりでしょうか……。

 

ちなみに、「元カレとヨリを戻すことも期待しないこともないよね」という場合は、スカートの出番です。コーデの主役はあくまでも“白”。ひざ下丈の白スカートで、大人の甘さを演出してみましょう。

『AneCan』5月号には、他にも、「鉄板焼き系の店に行く」「ライブに行く」「立ち飲みバーに行く」「ママになった同級生に会いに行く」……といった“ニッチ”なシーン別コーディネートを掲載。ニッチなシーンのコーデに困ったら、ぜひ手に取ってみてくださいね。(さとうのりこ)

(『AneCan』2015年5月号)