1. トップ
  2. おでかけ
  3. 懐かしい気分に浸りたい!関東の“タイムスリップした気分”になれるスポット8ヶ所

懐かしい気分に浸りたい!関東の“タイムスリップした気分”になれるスポット8ヶ所

  • 2020.5.19
  • 14243 views

この記事では、関東で昔懐かしい雰囲気を体感することができるスポットをご紹介します。日帰りで行けるおすすめスポットばかりで、いつもとちょっと違う雰囲気の旅行をしたい方にぴったり。次のお出かけは、まるでタイムスリップしたような気分を味わってみませんか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

1. 下町風俗資料館 / 東京

最初にご紹介するのは、「下町風俗資料館」です。上野駅から歩いておよそ5分ほどのところにあるこちらのスポットは、日本の古き良き時代を伝承するために設立された施設。館内には昔懐かしい気分にさせてくれる展示品がたくさんあります。

昔の時代には使われていたが今では全く使わなくなってしまった道具や、駄菓子屋や銭湯などの展示をぜひご覧ください。まるでタイムスリップしたかのような気分が味わえること間違いなしです。上野を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

詳細情報

下町風俗資料館

2. 昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉 / 埼玉

続いて2つ目にご紹介するのは、埼玉県比企郡にある「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」です。「本当にここは温泉なの?」と思ってしまうくらい、昭和レトロな雰囲気が全体に広がっていますよ。フォトスポットも多く、若者を中心に人気を集めているんだとか。

温泉施設の前にはミゼットがあり、入口からレトロな雰囲気を感じることができます。館内には、昔懐かしい商品や駄菓子が多く並んでいます。写真のような瓶にはいったドリンクも販売されていますよ。温泉を利用するだけでなく、雰囲気でも楽しめるおすすめスポットです。

詳細情報

玉川温泉

3. 羽生パーキングエリア 上り / 埼玉

続いて3つ目にご紹介するのは、埼玉県羽生市にある「羽生パーキングエリア 上り」です。こちらは東北自動車道にあるパーキングエリアで、江戸時代の街並みが表現されています。それも、一部分だけでなくパーキング全体が江戸の雰囲気なんです!

外観はもちろん、建物の中にあるお店も江戸時代の雰囲気にそろえて営まれています。日本人でもびっくりするほど、江戸時代が表現されているこちらのスポット。東北自動車道を利用する際には、必ず立ち寄っておきたいパーキングエリアです。

詳細情報

羽生PA(上り)(羽生パーキングエリア 上り)

4. 菓子屋横丁 / 埼玉

続いて4つ目にご紹介するのは、埼玉県川越市にある「菓子屋横丁」。こちらは、小江戸・川越で有名な人気観光スポットです。そんなこちらのスポットでは、昔懐かしい横丁の雰囲気を感じながら駄菓子などを買うことができますよ。

色とりどりのガラスが散りばめられた石畳の道も美しい、こちらのスポット。その趣ある通りは、環境省の“かおり風景100選”にも選定されています。日常ではなかなか体感することができない雰囲気を求めて、川越に行ってみてはいかがでしょうか?

詳細情報

菓子屋横丁

5. 江戸東京たてもの園 / 東京

続いて5つ目にご紹介するのは、東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」です。こちらは広い敷地面積をもつ小金井公園の中にあり、多くの建物や展示品をみることができます。文化的価値の高い歴史的建造物を移築されているので、とってもリアルのなのが魅力です。

こちらは、東京にいながら昔の時代に入り込めるスポットとして人気があります。子供が遊べるエリアもあるため家族で楽しむことができ、高齢の方には昔の記憶が蘇ってくるようなスポットです。多くの世代の方が利用して楽しい、おすすめのスポットです。

詳細情報

江戸東京たてもの園

6. 昭和レトロ商品博物館 / 東京

続いて6つ目にご紹介するのは、東京都青梅市にある「昭和レトロ商品博物館」です。こちらは、昭和30から40年の頃のものが多く展示されている博物館です。青梅駅から歩いておよそ4分ほどのところにあるこちらのスポットは、かつて外科医院だった建物がリメイクされているんだとか。

レトロ好きにはたまらないこちらのスポットを訪れれば、誰しもが懐かしさを感じられること間違いなし。建物の外観も内装も、展示品も楽しめるスポットです。駄菓子は一部販売されているそうなので、購入して思い出に残してみるのも良いですね。

詳細情報

昭和レトロ商品博物館

7. 佐原の街並み / 千葉

続いて7番目にご紹介するのは、千葉県香取市にある「佐原の町並み」です。埼玉にある小江戸・川越を知っている方は多いかも知れませんが、千葉県には北総の小江戸・佐原があるんです。千葉県でも江戸も雰囲気を感じることができます。

このスポットでぜひやって帰りたいのが、「舟めぐり」です。歩いている時とは違う角度から街並みを見ることで、違った目線で佐原を楽しむことができます。関東地方で初めて「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されているこちらの街並みは、千葉の日帰り旅行スポットとしてもおすすめです。

詳細情報

佐原の町並み

8. 小町通り / 神奈川

最後にご紹介するのは、神奈川県の「小町通り」です。こちらは鎌倉駅から鶴岡八幡宮方面へと続く通りで、通りに面したお店が数多くあります。連日多くの人でにぎわう鎌倉の大人気観光スポットで、着物や人力車で楽しんでいる人も多くみられます。

団子やせんべいなど、和菓子を売っているお店からおしゃれな最新カフェまで、魅力的なお店が数多くあるこちらのスポット。「鎌倉サイダー」は鎌倉のビール会社が販売している地サイダーで、若い人を中心に人気を集めています。瓶に入った見た目が、なんともレトロで素敵ですよね。

詳細情報

鎌倉小町通り

いかがでしたか?

いかがでしたか?古き良き時代の雰囲気を感じて、まるでタイムスリップしたかのような気分になるスポットがたくさんありましたね。日帰りで十分楽しめるスポットなので、ぜひ足を運んでみてください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

元記事で読む
の記事をもっとみる