1. トップ
  2. 柿澤勇人が美しすぎる歌声を披露!「何度も勉強して現場に臨みました」<エール>

柿澤勇人が美しすぎる歌声を披露!「何度も勉強して現場に臨みました」<エール>

  • 2020.5.18
  • 136 views
柿澤勇人演じる山藤太郎が初登場!
(C)NHK

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)にて、歌手の山藤太郎を演じる柿澤勇人が登場し、歌声を披露した。

【写真を見る】柿澤勇人が撮影中に見せたかわいすぎる笑顔!

同作は、「栄冠は君に輝く~全国高等学校野球大会の歌~」など数々の名曲を生み出してきた昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く。

窪田は、福島で代々続く老舗呉服店の長男で、気弱でいじめられがちだったが音楽と出合い、その秘めた才能を発揮して作曲を始める古山裕一を、二階堂が裕一の妻となる関内音を演じる。

柿澤演じる山藤は、コロンブスレコードの歌手で、慶応義塾大学卒業後に音楽学校の声楽科で学ぶも、金を稼ぐため流行歌を歌っているという役どころ。

昭和を代表する歌手である藤山一郎がモデルとなる山藤を演じるにあたり、柿澤は「まさか自分がそのような偉大な方を演じるとは思ってもなく驚きました。『丘を越えて』『長崎の鐘』を歌うにあたり、撮影に入るまでに何度も藤山さんの歌唱や発声を勉強して現場に臨みました」と語っている。

第36回(5月18日)の放送では、柿澤が勉強したという「丘を越えて」の歌唱シーンも放送され、SNSでは「最高すぎました」や「歌声、美しかったー!」といった反響が多くあった。

柿澤勇人コメント

今回、朝ドラ「エール」に参加させて頂くこと、とても嬉しいです。僕が演じる山藤太郎役は藤山一郎さんがモデルとなる人物。昭和の偉大な名歌手です。まさか自分がそのような偉大な方を演じるとは思ってもなく驚きました。

「丘を越えて」「長崎の鐘」を歌うにあたり、撮影に入るまでに何度も藤山さんの歌唱や発声を勉強して現場に臨みました。窪田さんとは数年ぶりの共演ですが、窪田さんがいるだけで現場の雰囲気が温かく、和やかになるのがとても印象的でした。古山裕一に少しでも良い影響を及ぼせるよう、そして作品に貢献できるよう、努めたいと思います。(ザテレビジョン)

元記事で読む