1. トップ
  2. チワワ記念日に!米動物センターが60匹以上のチワワ救出に感謝

チワワ記念日に!米動物センターが60匹以上のチワワ救出に感謝

  • 2020.5.18
  • 128 views

「国際チワワ感謝デー」にあたる5月14日(現地時間)、カリフォルニア州ランチョサンタフェにあるヘレン・ウッドワード動物センターのスタッフが、多頭飼育崩壊から60匹以上のチワワを救出したことを振り返り、協力してくれたパートナーたちへ感謝をおくった

2020年2月中旬に「60匹以上のチワワがとある家で発見された」と、緊急の呼び出しを受けたヘレンウッドワード動物センター。犬たちの状況は悲惨なもので、早急に避難所を見つけることが必要だったという。

多頭飼育崩壊からの保護ということもあり、チワワたちの健康状態は悪く、多くが呼吸器疾患に悩まされていたうえに皮膚病や怪我を負っていた犬もいたよう。そしてどのチワワも、ワクチンや去勢手術を受けていないことが判明。

そこで同センターは、安全にチワワを救助するため、動物保護施設といった様々なパートナーと協力。その結果、推定1歳から8歳までのチワワの保護に成功し、犬たちは複数の団体に引き取られた。医療ケアを施された犬たちは少しずつ回復を見せ、現在は一般家庭で受け入れてもらえるようにしつけトレーニングを行っているとのこと。

里親募集などを行うサービスマネージャーのドラ・ダールケ氏は、今回保護した犬たちについてこう語っている。

「見た目は似ていますが、それぞれがユニークで特別な存在です。治療を受け、時間をかけることによって、それぞれの性格や特徴が見えてきたんです。私たちは、彼らの成長と将来の明るい未来の一端を担うことができたことを、とても感謝しています」

スタッフたちによる努力のおかげで、すでにここ数週間の間に8匹のチワワが新たな飼い主を見つけたという報告も。保護された犬たちが素敵な家を見つけ、愛にあふれた第2の人生を歩めることを願いたい。

元記事で読む