1. トップ
  2. 恋愛
  3. カレをその気にさせるには?男性が「そろそろ結婚したい…」と思うきっかけランキング!

カレをその気にさせるには?男性が「そろそろ結婚したい…」と思うきっかけランキング!

  • 2015.4.21
  • 9887 views

お年ごろの独身女子が気になることといえば、やっぱり“結婚”。いつかステキなダンナ様をゲットしたいけれど、どうすれば結婚に持ち込めるのか……。今回は、そんなお悩みにぴったりの情報を入手しました!

それは、恋愛・結婚マッチングサービス「pairs」が行った「結婚を意識しはじめたきっかけ」についてのアンケート調査。

ではさっそく男性が答えた「そろそろ結婚したい……」と思うきっかけを、ランキング形式で見ていきましょう!

◆【男性回答】結婚を意識しはじめたきっかけは?

6位 親に心配された(180票)

「親からの『もう三十路を過ぎたんだから』のひと言、刺さりました……」(33歳)

「いままで結婚の話題に触れてこなかった母親から『孫の顔が見たい』と言われ、ハッとしました。それ以来、結婚を本気で考えるように」(35歳)

確かに、親からの言葉は重みがありますよね~。「生きているうちに孫の顔を」なんて言われたらグッときそうです。回答を見ると、普段から口うるさく言われるより、ふとした瞬間のひと言に心を動かされた……というケースが多く見られました。

 

5位 友人が結婚した(300票)

「結婚式で友人の幸せそうな顔を見ていたら、結婚も悪くないな~と思いました」(28歳)

「男友達がどんどん結婚して、遊び相手がいなくなった。オレもそういう年齢になったんだな……と悟りましたね」(32歳)

こちらは、結婚ラッシュがはじまる20代後半~30代前半に多かった回答。具体的には、「友人を見て結婚したくなった派」と「遊び友達がいなくなって寂しくなった派」の2パターンが存在(もちろん両方という回答も)。やっぱり身近な人の影響って大きいですよね~。

 

4位 安定したい(354票)

「30代になって、落ち着いた生活を送りたいと思いはじめました」(31歳)

「仕事が安定してきて、家庭を持つ自信がついたから。逆に私生活が安定したら、さらに仕事も頑張れる気がする!」(29歳)

なるほど……若いころは刺激の多い生活を楽しんでいた男性も、だんだん安定を求めるようになるんですね。きっかけとしては、30歳など年齢的な区切りを迎えたとき。それから仕事が軌道に乗って「人を養える」という自信がついたとき、この2つが大きなポイントのようです。

 

3位 子どもが欲しくなった(455票)

「職場の先輩に子どもができ、見ていたらかわいくて仕方なくなった!」(27歳)

「子どもが成人するとき、自分はいったい何歳なんだろう……と考えたら、そろそろ結婚しないとマズイ気がしてきました」(30歳)

もともと子どもが好きな男性もいるけれど、友人や同僚の子どもと触れ合ううちに「自分も」と思いはじめるパターン多し! それから30代に多かったのが、「子どものことを考えると年齢的にキビシイ」という回答。子作りもそうですが、生まれてから育てる年数を考えて「なるべく早く!」と結婚に踏み切る男性が目立ちました。

2位 ひとりが寂しくなった(638票)

「週末、朝起きても家にひとり。特に予定がないとさらに寂しい」(30歳)

「ひとり暮らしなのですが、夜遅く帰ってきて部屋が暗く、寒かったとき『結婚したいなぁ』と思いました。とくに冬はツラい……」(28歳)

確かに、シングルライフを「気楽」ではなく「寂しい」と思うようになったら、気持ちが結婚に向いていきますよね。ちなみに、どんなときに寂しいと思うか聞いてみると「休日、街に出たとき」「暗い部屋に帰宅したとき」「病気になったとき」などの意見が出ていました。

 

1位 家族を持ちたい(665票)

「既婚の先輩の家に遊びに行ったら、家族みんな仲が良くてうらやましくなった」(28歳)

「仕事にやりがいを感じてはいるけれど、この先ずっと自分のためだけに頑張るのはしんどい。パートナーや子どもがいたら、もっと頑張れる気がします」(30歳)

「孤独死のニュースを見て、やっぱり最期は家族に看取られたいと思った」(31歳)

1位はとてもシンプルな「家族が欲しい」という回答。ほかの家族を見て結婚願望がわいてくる人もいれば、年齢的にそろそろ……という人も。結婚を意識するタイミングは人それぞれですが、やっぱり温かい家庭を持ちたいと考える男性は多いんですね!

 

全体を見てみると、きっかけとしては「年齢」「周囲からの影響」が多いですね~。前者は時が来るのを待つしかない……といった感じですが、後者は女子のがんばり次第でどうにかなるかも? 例えば、彼氏と既婚の友人宅に遊びに行ってみたり、子どもと触れ合う機会を設けてみたり……。さり気なく結婚生活の楽しさをアピールすれば、カレもその気になってくれるかもしれませんよ!(えんどうまゆみ)

情報提供元:恋愛・結婚マッチングサービス「pairs」