1. トップ
  2. 佐野勇斗ら“エビ高勢”の結束に感動の声!EBiDANメンバーが描くスポーツの絆<FAKE MOTION>

佐野勇斗ら“エビ高勢”の結束に感動の声!EBiDANメンバーが描くスポーツの絆<FAKE MOTION>

  • 2020.5.15
  • 207 views
「FAKE MOTION -卓球の王将-」第6話より
(C)汐留ヱビス商店街 (C)FAKE MOTION 製作委員会

佐野勇斗をはじめ若手俳優集団「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」のメンバーが出演する連続ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」(日本テレビ)の第6話が5月13日深夜に放送された。エース不在のエビ高メンバーに芽生えた絆が描かれ、放送開始直後から「FAKEMOTION」がTwitterのトレンド入りする反響を呼んだ。(※以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】律(佐野勇斗)率いるエビ高卓球部、見参!

エビ高卓球部、崩壊寸前!

薩川との頂上決戦を控えたエビ高。第6話では、エース桂光太郎(古川毅)と部長松陰(北村匠海)が負傷している中、突如ランク7位の浅草雷門高校が下克上を申し込んでくる、という展開を迎えた。今のエビ高にどこか不安を抱く律(佐野)、そして、そんな律の思いを感じ取ってしまった部員たちの亀裂が拡大する。

下剋上の申し出にやってきた原田(加藤諒)率いる浅草雷門高校勢。律が体育館に到着すると、すでにエビ高部員が傷だらけでとらえられていた。

暴力に訴える原田らにいったんは掴みかかった律だったが、光一の言葉を思い出し、卓球でけりをつけようと決意。少しずつ暴力意外で立ち向かおうとする律に、視聴者からは「成長してる!」「リッツかっこいい」といった応援の声が上がった。

そんな今回、エビ高勢を悩ませた敵は浅草雷門勢ではなく、エビ高勢ひとりひとりの心に潜む焦りと不安だった。

試合を前に、一人焦る律。部員の日下(橘柊生)、井上(田中洸希)、伊藤(吉澤要人)は、自分たちに頼ろうとしない律に落胆。エビ高は、仲間割れ寸前の状態で浅草勢との試合当日を迎えた。

「一度会ったら友達で…」名言続々!

そして試合当日。試合の流れが浅草勢に傾く中、光太郎から電話が入った。光太郎から、部員たちがこの試合に向けて卓球人生をかけて練習を積んできたことを知らされ、部員たちの思いを知った律。改めてともに戦うことを決意し、日下たちに頭を下げ「一緒に勝とう」と呼びかけた。

エビ高の絆が深まる契機となった浅草勢との試合に、視聴者からは「仲間っていいな」「絆が尊い」といった感動の声が続々。

また、試合中に負傷した律に「大丈夫、僕が頑張るから」と声をかける伊藤や、光太郎の「律は俺の道しるべで光なんだ」、エビ高試合の中継を見ている薩川高校・島津の「これが卓球戦国時代だ」、試合に負け他校から襲われる浅草を守ったエビ高・井上の「一度会ったら友達で、毎日会ったら兄弟っすよ」など印象的な台詞が多数飛び出し、SNS 上では「6 話名言祭り」「今の台詞アツい!!」など大きく盛り上がりを見せた。

仲間を信じることの尊さ、力を合わせることでひとりひとりの持てる力以上の実力が発揮できる奇跡。スポーツのドラマチックな側面を、佐野はじめエビ高メンバーがひたむきに演じる「FAKE MOTION」。演じるは、「M!LK」佐野をはじめそれぞれユニットで音楽活動をするメンバーが集まった「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」の面々だ。スポーツ×「EBiDAN」の幸福な掛け算が、視聴者に感動をもたらしている。

試合後、薩川との試合には出場するという松陰に対して坂本が「好きにしろ、残り僅かな命だ」と発言したり、謎の装置を付け練習に励む光太郎の姿が映し出され、「松陰先輩死んじゃうの!?」「コウ様はギフテッドになるってこと!?」など次回に向けての期待も高まっている。(ザテレビジョン)

元記事で読む