1. トップ
  2. ファッション
  3. この3色があれば、もう迷わない|白・黒・ベージュ

この3色があれば、もう迷わない|白・黒・ベージュ

  • 2020.5.14
  • 3029 views
undefined

スタイリングを想像しやすく、これから合わせたくなる「欲しいもの」も見えてくる。引き続き軸となる白・黒・ベージュ。新しい季節にこそ、そんな合理的な3色が必要。とらえ方次第でまだ新しく、定番色ゆえに失敗だって未然に防げる。この3色があれば、もう迷わない。

KEEP IT CLEAN
こんなとき、「端正な白」が決めてくれる
あたたかみのある白も親しみがあっていいけれど、混じりけのない正統派な白の緊張感に目を向ける。定番の延長で。もしくは新しさを迎えるうえで。異なる目的でも、クリーンな白が方向性を定めてくれる。

THINK ”REFRESH”
「今まで通り」に変化が欲しいとき
白Tとテーパードパンツという小細工ナシのスタイリングも、白を貫くことで一気にフレッシュに見違える。スタイルがよく見えるポイントさえ押さえておけば、手を加えないほうがむしろ印象的で、美しい。


[type 01]
迷いをとり払うようにシンプルな白のリセット力
白Tシャツ 5,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) 白トレンカパンツ 40,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 渋谷パルコ2F) ベレー帽 3,990円+税/SLY、パンプス 19,000円+税/BLACK BY MOUSSY(ともにバロックジャパンリミテッド) トートバッグ 34,000円+税/ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア(ロンハーマン)

NEED ”SHARPNESS”
季節に応じた「強さ」が欲しいとき
くすんだ色やキレイな色こそシャープに着こなしたいときの手段として、黒を合わせるのは今に限っては少々重い。色もシルエットも美形な白なら、淡い色に寄り添いながらも、ぼやけないための切れ味のよさも発揮する。


[type 02]
キレイな色を聡明に見せる正しい白のあるべき姿
ピンクリネンコート 98,000円+税/ebure 白シャツ 45,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 渋谷パルコ2F) 白プリーツスカート 21,000円+税/FURFUR(FURFUR ラフォーレ原宿店) パンプス 99,000円+税/マノロ ブラニク(ロンハーマン) ピンクのやわらかさを保ったまま、キリッとした表情を添えてくれるシャープな白シャツと繊細なスカートを。

BACK TO BLACK
オーガニックカラーで「呼び覚まされた黒」
距離を置きたいときもあるけれど、必ず戻ってきてしまう。切っても切れない黒との関係。無理なく初夏のムードを上乗せできる乾いた色をきっかけに、これからの黒のプランを定めたい。

+ LADY BLACK
心地よい黒との相乗効果
シアーな素材や軽やかにゆれるシルエットなど、キレイな黒とナチュラルカラーのいい関係。今まで通り白といっしょもいいけれど、黒を力まずまといたい今は、より力が抜ける色の存在が必要。

[type 01]
全部シンプルだからできる「乾いたリネンと透けた黒」のMIX


べージュリネンジャケット 59,000円+税、スカート 29,000円+税/ともにザ ストア バイ シー(ザ ストア バイ シー 代官山店) 黒ノースリーブシースルーロングシャツ 21,000円+税/エディション(エディション 表参道ヒルズ店) スニーカー 9,500円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) インナー/スタイリスト私物 素材で攻めたぶん、シルエットはミニマルに。

[type 02]
異なる特性の強気な黒に夏のムードを小さく上乗せ


黒ライダースジャケット 45,000円+税/デミルクス ビームス(デミルクス ビームス 新宿) 黒シアープリーツワンピース 76,000円+税/DIESEL BLACK GOLD(DIESEL JAPAN) サングラス 25,000円+税/BLANC サンダル 39,000円+税/ENFOLD ゆれるワンピースに似合う、夏を感じさせるサンダルとサングラス。配色次第で今の季節にフィットして、タフな美しさも維持できる。

+ HANDSOME BLACK
硬派な黒をゆるめる目的
まじめな黒と気の抜けたオーガニックカラーの絶妙なメリハリ。動じない黒の強さに甘えて、素材も「ナチュラル志向」を求めるのが新しい。

[type 01]
シックなリネンとウッドピアスで「ナチュラルなのに都会的」


黒リネンジャケット 10,800円+税、黒パンツ 7,980円+税/ともにMOUSSY (バロックジャパンリミテッド) ブラウンリブタンクトップ 39,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) イヤーカフ 15,000円+税/ReFaire(UTS PR) ウッドピアス 10,000円+税/ソコ、リング 23,000円+税/ベアトリツ パラシオス(ともにシティショップ) インナーもブラウンでニュートラルに。

[type 02]
ALLブラックで冷静さを保つモダンなリゾート感


黒リネンシャツ 12,000円+税/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) 黒センタープレスパンツ 39,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 渋谷パルコ2F) ハット 19,000円+税/フェルチオ ヴェッキ ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) サンダル(5月展開予定) 24,000円+税/ENFOLD リネンとストローで、実は涼感のあるツートーン。

STAY / NEUTRAL
「間をとったベージュ」が決めてくれる
万能な半面、守りに入ると地味にも陥るベージュ。コンサバな色の持ち味を生かしながらクセを加えて、品があるのに退屈しない「いいとこどり」を目標に。

PLAY IN ”SILHOUETTE”
効きつつとけ込む「品のいい色で攻めた形」
アイテム次第では無難にもなりがちなベージュだから思いのまま楽しめる、クセのあるフォルムを主役に。さらにシアーな質感でも、ニュアンスカラーだから奇抜じゃない。変型シルエットでも、上品な色の力でリアルに着地できる。


[type 01]
目を引くベージュとシンプルなベージュのワントーン
インナーつきベージュアシンメトリーニット 29,000円+税/コンフォート エンブレイスメント(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) ベージュパンツ 26,000円+税/イウエン マトフ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) ビーチサンダル 10,000円+税/ティーキーズ(RHC ロンハーマン) 難易度の高いデザインは、色をおさえてなじませるのが正解。なかでも品のあるベージュなら、大人っぽさはそのままに、「適度なモード」にも落とし込みやすい。


FEEL THE ”TEXTURE”
派手でも地味でもない「見慣れた形で素材は特別」
肌になじむ半面、そのあいまいなトーンでまとめることで、平坦に見えてしまうこともあるのがベージュ。シンプルのよさはそのままに、サテンなど「素材だけドレッシー」にさしかえるだけで、ふつう以上にもっていける。


[type 02]
見慣れたワントーンと見せかけてグロウなベージュでキレイが増す
共布ベルトつきベージュトレンチコート 42,000円+税/アストラット(アストラット 新宿店) ベージュブラトップス 7,800円+税/CASA FLINE(CASA FLINE 表参道本店) ベージュサテンスカート 13,000円+税/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) ローファー 168,000円+税(オーダー価格)/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店) シャンパンゴールドのような「アガる」光沢感を放つベージュスカートを。まずはコートの下からのぞかせるぐらいの見せ方が簡単。

元記事で読む