1. トップ
  2. 恋愛
  3. 5月後半の占い|17日は、押しの強い人に流されないよう注意!【真木あかりのボイドタイムカレンダー】

5月後半の占い|17日は、押しの強い人に流されないよう注意!【真木あかりのボイドタイムカレンダー】

  • 2020.5.14
  • 39056 views

WEBや女性誌で人気上昇中の占い師・真木あかりさんによる「惑星カレンダー」では、 惑星の動きを占星学的に読み解きます。

今回は、5月後半のボイドタイムカレンダーをお届けします。

◎ボイドタイムとは?

ホロスコープの上を、月が次の星座へと移動する際に一定のルールに従って、月のパワーが発揮されない時間があります。それが、ボイドタイムなのです。

この間は、いつもの自分をちょっぴり発揮しにくいこともありますが、心配のしすぎも良くありません。ボイドタイムは、あらかじめ知っておいて予定に活かす、というのがバランスの良い使い方です。

・重要な契約や約束は、ボイドタイムを避けて予定を立てる。

・いざボイドタイムになったら「そういう時間」と思って、心を整えて慎重に行動する。

といったくらいで、ゆったりまいりましょう。

■2020年5月後半のボイドタイム

◎5月17日 17:00~5月17日 22:37

夕方から夜にかけてのボイドです。その場の雰囲気や、押しの強い人の勢いに流されないように気をつけて。「ちょっと考えさせて」「今は決められない」という言葉を尊重してくれる人こそが、あなたを本当の意味で大切にしてくれる人です。そのことは、覚えておきましょう。

◎5月20日 05:34~5月20日 11:12

新しい行動をするのはちょっと待ったほうが良いとき。今しかない、今やらなくていつやるのと自分を鼓舞するような思いも生まれるかもしれませんが、決断は午後に入ってからのほうが良いでしょう。さらに言うなら、コツコツとじっくり努力を積み重ねていくタイプの目標は、明日からスタートさせたほうが長続きしやすいはず。何かを始めるときは、気合いだけでなくタイミングも大切。運の流れにしっかり乗って、成果を出していきましょう。

◎5月22日 17:02~5月22日 22:37

金曜の夕方から夜にかけてのボイドです。何かに気をつける……というよりも、自分の心が今、求めていることに時間を使うように予定を立ててみましょう。付き合いでダラダラと連絡を取り合うよりは、心が求めるままひとりでのんびり過ごす時間にしたほうが、心身ともに健やかでいられるでしょう。もちろん運も良くなりやすいはず。最近、なんだか停滞気味という人は、目に入るものも触れるものも好きなもの、心地良いもので固めてみて。

◎5月24日 20:11~5月25日 08:10

23日の新月を終えて初のボイドは日曜日の夜から月曜の朝にかけて。早く寝てしまうのもオススメですが、向こう半年くらいの間で達成したい、叶えたいことを考えてみると良さそうです。自分の心が喜ぶ方向に、あれこれと想像を巡らせてみて。

◎5月27日 10:07~5月27日 15:34

ちょっぴり感情がナイーブになりやすいとき。いつもは発揮できている優しさや思いやりも、このときばかりは行方不明になりがちです。そうした自分がまたイヤになってしまう場合も。できるだけ無理なく過ごせるのが一番です。仕事で無理難題をふっかけられても、感情的なレスポンスはNG。こういう時期と思って、「それはどういうことですか?」などと相手の気持ちを汲む姿勢を見せて。

◎5月28日 22:31~5月29日 20:41

翌日の夜まで続く長いボイド。強気に出ると空回りするばかり。自信やプライドはわざわざ言葉や態度でアピールしなくても大丈夫。自然体の自分で、フラットに人と接してみて。もしも自分アピールが激しい人に出くわしたら、「ほ〜ん」くらいに適当に受け流しておくと、なんとなくイヤな気持ちになることを減らせます。ゆるくいきましょう。

◎5月31日 18:18~5月31日 23:39

日曜の夜は、翌日からの仕事を思ってちょっぴりデリケートな気分になる人も多いものです。もしそうした傾向があるなら、このタイミングはSNSからは離れて過ごしたほうがいいかも。人の写真や投稿に、敏感になりやすいボイドタイムだからです。ゆったりとした気持ちになれる本を選んで読書をしたり、バスタイムのあとにマッサージやストレッチをしたりと、自分を癒やすことをしてみましょう。

>>次回もお楽しみに
6月前半のボイドタイム(5月31日更新)

**********************

プロフィール

真木あかり

占い師。大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道へ。四柱推命を中心に、占星術や九星気学、タロットカードなどを用いて鑑定・執筆を行う。『悪魔の誕生日事典』(宝島社)をはじめ著書、連載多数。

Twitter

ブログ

instagram

元記事で読む