1. トップ
  2. レシピ
  3. ご飯を炊くだけじゃない!便利すぎる「炊飯マグ」の簡単活用レシピ

ご飯を炊くだけじゃない!便利すぎる「炊飯マグ」の簡単活用レシピ

  • 2020.5.14
  • 20798 views

「炊飯マグ」は一人分のご飯をレンジで炊くことのできる便利なアイテムですが、実はこの炊飯マグを使えばご飯以外にもいろんな料理を作れます。今回は、炊飯マグでご飯をおいしく炊くコツと、炊飯マグを活用したおすすめレシピを紹介していきます。

プチプラだけど、使い方無限大!炊飯マグの活用法

ダイソーなどでおなじみの「炊飯マグ」。見た目は普通のマグカップにしか見えませんが、1合のお米を洗ってマグの中に入れ、レンジにかけるだけで簡単に一人分のご飯が炊けるという便利な商品です。

実はこの炊飯マグ、お米をおいしく炊くのにはちょっとしたコツが必要だったり、ご飯を炊く以外にもさまざまな使い道があったりと、意外と奥が深いアイテムなんです。

今回は便利で楽しい炊飯マグを使って、基本の白いご飯をおいしく炊くコツや、炊飯マグを活用したおすすめレシピ5種類をご紹介していききます。

※ちなみに今回私が使用している炊飯マグは、plusheartで購入した¥300(税抜き)のものです。

基本のご飯の炊き方

材料

お米120g
水180ml


説明書に書いてあった基本の炊き方はお米1合(=約150g)となっていましたが、少し仕上がりが固くなってしまったので、いろいろと試してこの分量がベストだと判断しました。他の炊飯マグでも似たようなものではないかと思います。

ちなみに、ご飯を炊くときの基本の水加減は「米:水=1:1.2」とされています。
今回ご紹介するレシピの水加減は「米:水=1:1.5」と少し水の分量が多めになっています。

1. お米をとぎます

少量なので、とぐというよりは2~3回ゆすぐ程度で大丈夫です。マグの中で洗うことができるので無駄な道具が要りません。

2. 30分ほど水に浸します

しっかり水につけておかないと仕上がりが固くなってしまうので、30分以上は水につけることが最大のポイントです。

3. 500Wのレンジで7分加熱していきます

結構な量が吹きこぼれてしまう場合もありますので、受け皿は必須です。

途中で吹きこぼれてしまう場合、電子レンジのワット数が切り替えられるのであれば500W4分、200W6分で加熱してみてください。

また、お使いの電子レンジのワット数が違う場合は、こちらのワット数の違いによる調理時間の計算方法を参考にしてください。

実際の温める時間=記載されたワット数÷自宅レンジのワット数×記載された温める時間 benridesu.jp
4. 10分~15分そのまま蒸らします

あたためが終了したら、そのまま蒸らしていきます。

5. 炊き立てご飯の出来上がり!!

ふっくらと良い感じに炊き上がりました。お米も一粒一粒が立ち上がってツヤツヤしているのが分かりますね。

ご飯をおいしく炊くコツとしては次の3点になります。

1. お米の量を少なめに設定する。
2. 30分以上しっかり給水させる。
3. 途中で吹きこぼれてしまう場合は500W4分、200W6分で加熱する。

炊飯器と比べると少し面倒な気がしますが、ちょっとだけご飯を炊くのにわざわざ炊飯器を使うのも……というときは本当に便利です。

炊飯マグを活用したおすすめ料理

炊飯マグを、ただ白いお米を炊くだけに使うのはもったいないです!
さまざまな料理作りに役立つので、ここではおすすめレシピを5種類ご紹介します。

パエリア

材料

お米120g
水180ml
オリーブオイル大さじ1
シーフードミックス(適量)
パプリカ
パエリアの素

オリーブオイルでお米を炒めます。
パエリアやリゾットなどはお米を洗う必要が無いので、そのまま炒めていきます。

炒め終わったらこぼさないように注意して、マグの中に入れます。
一人分のパエリアの素を入れたらよくかき混ぜます。

具材をのせて、しっかり吸水します。
シーフードミックスは凍ったままでも大丈夫です。

あとはそのままレンジでチンするだけで、簡単にパエリアが完成しました!
主人に出したらとても喜ばれました。

釜飯風♪なんちゃって松茸ご飯

松茸のお吸い物とエリンギで、お手軽に松茸ご飯気分を味わっちゃいましょう。
材料

お米120g
水180ml
エリンギ
松茸のお吸い物

お米を洗ったら、全部入れて吸水します。
吸水が終わったら、基本のご飯と同じようにレンジへ入れます。

なんちゃって松茸ご飯の出来上がりです。
少ない材料でも一人分だったら手軽に作れるので、夜遅く帰ってきた家族にも炊き立てを出してあげると喜ばれそうですね。

おかゆ

おかゆはお米から炊くとおいしいと言われますが、結構手間がかかって大変ですよね。
炊飯マグなら一人分のおかゆを作るのにとっても便利です。

材料

お米 60g
水 200ml


お米を洗い、三十分以上吸水します。
500Wで4分加熱した後、200wで10分加熱して出来上がりです。
 

粉末スープの素を混ぜるだけで、なんちゃってリゾット風にしていただきました。
卵スープの素など、いろんなバリエーションが楽しめますね。

受験勉強中のお子様のお夜食にピッタリです。

田舎風オムレツ

ご飯だけではなく、おかずも作れます。朝食にピッタリのボリューム満点、具だくさんオムレツです。

材料

卵2個
お好みの野菜(ここではインゲンを使いました。ミックスベジタブルを使うとよりお手軽です。)
プチトマト(半分に切ったもの)
マヨネーズ小さじ1
ベーコン(ソーセージでも良いですね)
フライドポテト用の冷凍ポテト
塩コショウ

卵2個を直接マグへ割り入れます。

マヨネーズを入れて、よくかき混ぜます。

具材をのせて軽く混ぜておきます。
塩コショウをしたらレンジで2分温めます。

一度レンジから出して、軽く混ぜましょう。
再びレンジで2分加熱して完成です!

簡単にふんわりと仕上がりました。これなら朝の忙しい時間でもあっという間に作ることができます。
冷凍のポテトを使えばスペインオムレツになります。
加熱時間は入れる具材によって変わってきますので、火の通りが悪いようなら30秒ずつ様子を見ながら加熱していってください。

好きな具材を入れてあげれば、小さなお子様も喜んで食べてくれるのではないでしょうか?
ベーコンの代わりにソーセージを入れてもよさそうですね。

かぼちゃの煮物

少しだけかぼちゃの煮物が食べたいなという時にも炊飯マグは便利です。

材料

かぼちゃ 1/4個
醤油 小さじ1
酒 小さじ1
みりん小さじ1
砂糖 大さじ1
水 大さじ1

かぼちゃ以外の調味料をすべてマグの中で混ぜてから、かぼちゃを入れて500Wのレンジで7分加熱します。

そのまま10分放置して出来上がりです。

ほくほくのかぼちゃの煮物が完成しました。
ほかの料理を作っている間にもう一品作れてしまうのは嬉しいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
炊飯マグの良い点は、一人分だけを無駄なく調理することができるので、少しの材料でも作れることと、マグのまま食卓に出せるので、洗い物が少なくてすむことです。

少しのコツとアイデアで色々な料理が作れるので、楽しみながら調理することができますね。
皆さんもぜひ、炊飯マグを活用してみてください。

元記事で読む